December 2004アーカイブ

大晦日

| コメント(0) | トラックバック(0)

大晦日の今日、日本列島は全体的に雪のところが多かったのですね。
ニュースで、東京都心の大晦日の降雪は1983年以来、と言っていました。
私の実家でも、朝から激しく雪が降っていました。

20041231105930.JPG

Bからいただいて、実家まで持ってきた花たちは元気に咲き誇っています。

20041231110112.JPG

みなさま、風邪をひかれないよう暖かくして、良い新年をお迎えください。

私の妹は、絵を描いて生計を立てています。
その彼女が「新しいBusiness cardを作る!」というので、手伝ってみました。
気に入った和紙やガラス玉を組み合わせ、写真を撮ってPCに取り込み、画像を加工して背景を作りました。

20041230130945.jpg

彼女らしい、柔らかいながらもポップな色使いの名刺に仕上がりました。
Artisticなセンスがあるって素晴らしい。
羨ましい限りです。

妹の作品は、こちらでご覧になれます。よろしければ。
Yoriko's Online Gallery

今年は、久しぶりにゆっくり帰省することにしました。
カレンダーどおりの休みですが、満喫したいと思います。

新幹線移動のお供。

20041229194256.JPG

ここ何週間か、週刊少年チャンピオンが不思議な広告を打っています。
直近で思わず笑ってしまったのは、これ。

20041226111721.JPG

「肉ばかり食うな!

腹が出たらモテないぞ
ゼイ肉がこれ一冊の厚みを超えるな」

結構強烈です。
山手線のホームで、初めてこの広告を見たときは、かなりびっくりしました。
このシリーズ、いつまで続くのでしょうか。
他のものは、私の感覚だとちょっと引いてしまう内容がほとんどですが、週刊少年チャンピオンの読者層にはappealingなのでしょうか。
一度誰かに聞いてみたいです。

12月になって、少しずつ寒くなってきていましたが、ついに東京でも初雪が降りましたね。
寒いなーと思って、窓を開けたら雪が降っていました。

20041229125422.JPG

寒くて、大掃除は適当に済ませてしまいました。

『100万回生きたねこ』という絵本をいただきました。

100万回生きたねこ

講談社
1977-01
売り上げランキング 534
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

あまりにも有名な本なのに読んだことがなかったので、3週間ほど前にAmazonで購入しようとしたのですが、そのときは結局注文しなかったのです。
そのまま忘れていたので、今回大切な人からプレゼントされて、とても驚きました。
あのとき買わなくて良かった! 珍しく第六感が働いたのでしょうか。

この本をいただいた日は、夜遅く帰宅した直後、暖房もつけずに読みました。
途中まで普通に読んでいたのに、最後は号泣してしまいました。
胸をつかれます。
言葉で表現するのは本当に難しいですね。
読んだことがない方は、ぜひ読んでみてください。

この本を読む機会を与えてくれた彼女に、とても感謝しています。

『クリスマスのころわん』という絵本をいただきました。

クリスマスのころわん
間所 ひさこ

ひさかたチャイルド
2003-12
売り上げランキング 261,003
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

絵がかわいい・・・。
この本をくださった人も、この挿絵にやられたらしいです。
何度読んでも、読み終わると優しい気持ちになります。
ずっと、大事にします。
クリスマスが巡ってくるたびに、この本をくれた人の優しさを思い出していきたいです。

今日は仕事納めでした。
今年は仕事が楽しめなくて、そういう意味では本当に長く感じられました。
「やっとこの日を迎えた」という気分です。

目黒での今年最後のランチは、さんざんお世話になったカトマンズ・ガングリで締めくくりました。
Spicy Vegetable Chop Sueyを食べてみました。

20041228140510.JPG

ランダムハウス英和辞典によると、Chop Suey (チャプスイ)とは、肉とタマネギ,モヤシ,マッシュルームなどの野菜をいため、とろみをつけた中国風米国料理、だそうです。
私が今日食べたのは、トマトソースをベースにした、少しスパイシーな野菜炒め(当然野菜のみ。とろとろです。)を、かた焼きそばの上にかけたものでした。

来年、何回このお店に来るかな。

20041228141045.JPG


晩御飯は、青山での苦い思い出を払拭すべく、Brown Rice Cafeへ。
私が食べたVege バーガーのセット。
20041228191442.JPG

パートナーが食べた、日替わり膳(Vegan)のセット。
20041228191634.JPG

あまりに美味しかったので、しっかりデザートも食べてしまいました。

私は、レアTofuタルトとハーブティ。
20041228194754.JPG

パートナーは、チョコレートケーキと、
20041228194654.JPG

オーガニックコーヒー。
20041228194303.JPG

オーガニックコーヒーと共に出てきたのは、メイプルシュガーと豆乳でした。徹底している。
20041228194246.JPG

Brown Rice Cafeは、ベジタリアンではない人にもかなりお勧めです。

Brown Rice Cafe
住所: 東京都渋谷区神宮前5-1-17 グリーンビル1F
TEL: 03-5778-5416
営業時間: 12:00〜21:00 (L.O. 20:00)
地図はこちら。Neal's Yard Remediesに併設されています。

友人Bに紹介してもらった整体へ行ってきました。
整体へ行くのは結構久しぶり。
先日腰痛で動けなくなって以来です。
場所は、下北沢の本多劇場の近くにあるマンションの一室。
とても若くて、とにかくpositiveな気を発している先生で、目が優しい。笑顔が誠実そう。
丁寧なカウンセリングと、論理的で言葉を選んだ説明のあと、治療に入ります。
治療は、結構独特なものでした。
今までいろいろな整体に行きましたが、滞って溜まっていた気を「抜かれた」のは初めて。
「ポンッ」と、何かが本当に抜けたような感じがしました。
施術が終わったあとは、歪みが直って、両足がしっかり地面についているような気がしました。
首や肩、腰が軽く、柔らかくなって、体全体がポカポカしている感じ。
「今日は良く眠れそう…」と何の疑問もなく思いました。
私の体は、複雑にねじれてしまっているので(それは自分でも何となく感じていたけれど、今まで気付かないフリをしていたことの一つ)1回の治療では治らなさそうですが、何回か続けて通えば治りそうな気がしてきました。
早速年明けの予約を入れてみました。
目指せ!敏感で柔軟な身体!!!

友人Bとパートナーと合流して、下北沢で唯一知っている居酒屋なかむらへ。
美味しいお酒と料理に舌鼓を打ちました。
よく食べ、よくしゃべりました!
整体の先生に「今日は食べ過ぎないように。」と言われていたにも関わらず。
でも食べたものの殆どが、野菜と少量の魚介類だったので、まあよしとしました。(気休めですね。)

豆腐とマスカルポーネの和風プリン。

041228-093338.jpg

Bが、花束と白ワインをプレゼントしてくれました。
8週間プログラムが無事に終わった記念ですね。
退職も決めたし。
帰りの東横線はかなり混雑していましたが、花束がへしゃげないよう頑張って守りました。
花たちは、家に帰って花瓶に生けたらあっという間に元気になってきて、植物の生命力の強さにちょっと嬉しくなりました。

20041228212214.JPG

Mちゃんが貸してくれたViggoのDVDを観るのがかなり楽しみ。
Mさんが貸してくれたGodfatherのビデオを観るのも物凄く楽しみ。
年末は、読むべき本、観るべきDVD・ビデオがたくさんありすぎて、計画を立てないと全部はカバーできなさそうです。

なかむら
住所: 東京都世田谷区北沢2-37-3下北沢MTビル2F
電話: 03-3466-4020
営業時間: 18:00〜23:00
定休日: 第1火曜
交通手段: 小田急小田原線・京王井の頭線下北沢駅徒歩8分
個室: あり(要問い合わせ)
地図はこちら

Mさんと年内最後のデート。
オリエンタルダイニング梅の花でランチを食べたあと、シャンテ・シネにて、『五線譜のラブレターDE-LOVELY』 を観ました。



『五線譜のラブレターDE-LOVELY』は、「夜も昼も」などの名曲を手掛けた作曲家コール・ポーターの伝記映画。

Asheley Juddは、最後まで美しく気高い人だったLinda Porterを見事に演じていましたし、Kevin Klineは本当にcharmingでしたが、途中Lindaがあまりにも気の毒で、泣きました。
「この人、歌うまいなぁ。すごい迫力。」などと、ぼけっと見ていたら、アラニス・モリセットでした。
年齢と共に、涙腺がゆるくなるようです。

映画の後は、椿屋珈琲店 日比谷離れにてお茶。

アフタヌーンティセット(1,400円)なるものを食べました。


お腹いっぱいになってしまったので、晩御飯を食べたことにしました。

Mさんから、思いがけない素敵なプレゼントをいただきました。


家に帰って、プレゼントを開けてみて、号泣してしまいました。
しあわせ。

年末になるとものが壊れるなぁと思っていたら、今度はマウスが壊れました。
MicrosoftのOptical Wireless Mouseを使っていたのですが、突然全く反応しなくなりました。
電池を入れかえてみたり、さしているUSBポートを変えてみたりしましたが、効果なし。
仕方なく古ーいPS2マウスでしのいでいましたが、重くて反応が鈍いので耐え切れず新しいマウスを買いにベスト電器へ。
Logitechの光学式ワイヤレスマウスを購入しました。

ポイントが結構たまっていたので、1600円くらいで入手でき、とても得した気分(ポイント制にまんまと騙されています)。
軽いし反応もいいし水平スクロールも出来るし、今のところ大満足です。

去年のChristmas Eveはイマイチだったので、今年は・・・と思っていましたが、結局ぱっとしませんでした。
会社の友人が、私のために選んでくれたプレゼントは嬉しいsurpriseでしたが。
お茶好きなので、会社のデスクで毎日使えるようコースターをプレゼントしてくれました。
Aさんありがとう!

20041224132924.JPG

必死で仕事を片付け、歯医者に行き、青山ブックセンター本店で本を物色したあと、仕事が何時に終わるかはっきりしないパートナーを待ちつつBLENZ COFFEEにて読書。

20041224202417.JPG

案外早く仕事の終わったパートナーと合流し、dinnerを食べましたが、これが今年食べた中で2番目(?)に不味い食事でした。
不味いだけではなく、コストパフォーマンスも最悪でした。

今日は大学時代の友人5人で、Christmas Lunch。
イタリアンが食べたかったので、Lingua Nudaを予約しました。
私は、このリストランテにくるのは初めてだったのですが、RとYは会社が近所なので何度か来たことがあった模様。言ってくれれば違う場所にしたのにな。
「仕事でこられないかも!」と言っていたKも、お店とスタジオが目と鼻の先だったので無事に合流。

1800円のランチコースをいただきました。

リチャード野菜のスープ。
20041223122952.JPG
野菜の旨みもさることながら、豆が主張していました。食べながら何だかホッとしました。

ウニのクリームソースのパスタ。
20041223124534.JPG
濃厚すぎず、クリーミィで大満足。

その後は、AXISビルまでRの電話を探しに行きました。
Bang & Olufsenの電話のデザインはシンプルで洗練されていて、全く不満はないけれど、コードレスじゃないんですよね。

BeoCom1401.jpg

私もRと同じ理由で、Bang & Olufsenの電話をあきらめ、国産メーカーの普通の電話機を数年前に買いました。
お店の人によると、日本の電波法の改正に合わせて、再来年辺りにコードレスのモデルを発売する予定なのだそうです。
乃木坂に戻ってお茶したあと、渋谷SEIBUへKの化粧品を買いに行きました。
さすがに再来年まで待てないRは、あきらめてビックカメラに電話機を買いに行くと言っていました。

Lingua Nuda リングアヌーダ
住所: 東京都港区赤坂9-5-26 パレ乃木坂1F
電話: 03-5785-9245
営業時間: 12:00〜14:00 L.O.14:00
        18:00〜21:30 L.O.21:00
定休日: 月曜日
交通手段: 営団地下鉄 千代田線「乃木坂駅」(2番出口)徒歩すぐ
地図はこちら

『癒す心、治る力 実践編―8週間で甦る自発的治癒力』を読了しました。

癒す心、治る力 実践編―8週間で甦る自発的治癒力
アンドルー ワイル Andrew Weil 上野 圭一

角川書店
1997-09
売り上げランキング 154,022

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

8週間プログラムを実施している友人に触発されて、この本を手に取りました。

>からだには自分自身を治す力がある。からだは健康になりたがっている。自然の治癒力はいつも作動する用意がある。

嗚呼、激しく納得。
先に出版された『癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか』を読んだら、私も8週間プログラムをやってみようかなと思案中。

癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか
アンドルー ワイル Andrew Weil 上野 圭一

by G-Tools

本棚がすでにいっぱいなので、文庫版を購入しようと思います。

癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか
アンドルー ワイル Andrew Weil 上野 圭一

角川書店
1998-07
売り上げランキング 6,016
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

Dr. Andrew Weil (アンドルー・ワイル氏)は、有名ですよね。
mixiで、[自然治癒力]というコミュニティを発見したときはちょっと驚きましたが。
この本を読む前に、何かの雑誌で彼の写真を見たのを急に思い出しました(そのときは記事は読まなかった)。
彼のウェブサイトも見てみようっと。

治癒力を理解するにあたり、免疫のことも知りたくなったので、この本も近いうちに読む予定。
ちょっと難しそうですが。

免疫の意味論
多田 富雄

青土社
1993-04
売り上げランキング 46,303
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

うちのマンションにも、Christmas Treeとwreathが飾られていました。

先日管理人室の前に並べてあったポインセチアは、このツリーのためだったのね。
20041220192958.JPG

このリース、もしかして管理人さんの手作りでしょうか。
20041220193017.JPG

うーん、もうすぐChristmasだ!

年末になると、なぜかうちのテレビが壊れます。
去年も12月の末に映らなくなり、2週間くらい修理に出していました。
・・・そして今年も壊れました。

画面がちらつき始め、そのうちまったく映らなくなる症状が続いていたので、いいかげん頭にきてサービスセンターに連絡しました。
症状を説明し、必要であればコレクト&リターンでもOKである旨伝えてあったのに、修理に来た男性は「症状が再現しないので何とも言えないですね。もっと(症状が)ひどくなってから再度連絡してください。」とのたまいました。
「それでは困るんですが。来ていただいた意味がないですよね?」
「それでは、お預かりして修理することになります。」
「最初からそのつもりですが。」
「本日は一人ですので持ち帰れないので、日を改めて引き取りに来ます。」
「・・・(絶句)・・・ではそうしてください。」
というわけで、後日2人で引き取りに来て、(10日間の修理だったので)代替機を置いていかれました。

まあいいけど、画面が小さいよ。
20041214003838.JPG

S○NY Service Center、段取り悪すぎ。
今回電話を取ってくれた女性も、去年オンサイト修理に来てくれた男性も手際良かったのになぁ。
今年オンサイト修理に来た男性にはかなりイライラさせられました。
二度とS○NYのテレビは買わないぞ。

去年のChristmas Eveはイマイチだったので、今年は約1週間早めの12月18日にdinnerに出かけました。
お店は、パートナーが予約してくれたIL ENOTRIAという横浜にあるリストランテ。

20041218202740.JPG

エントランスへの階段。
20041218225531.JPG

12席しかない室内は落ち着いた色でまとめられ、椅子はやわらかい布が張られた座り心地の良いもの。ゆっくりとリラックスできました。
20041218202755.JPG

かなりプライベートな空間でした。
コースをいただきました。

パン(ボコンチーノ)。ローズマリーを漬け込んだオイルが美味しい。
20041218203858.JPG

イクラと鮭の親子コロッケ。
20041218204216.JPG

ほうれん草を練りこんだ手打ちパスタにカニのソース。ちょっと中華っぽくて面白い。もちろん美味。
20041218210246.JPG

タラと白子のバルサミコソース。
20041218212140.JPG

牛肉を豚の背脂で巻いたものの上に鶏肉のパテ。キノコのソース。一皿で肉3種類!
20041218214812.JPG

私のメインは、スズキのトマトソース。トマトの味が濃厚かつフレッシュで(ドライトマトだったけど)、久しぶりに美味しい魚料理を食べた気がしました。
20041218214846.JPG
パートナーが、「肉ではなく野菜をメインにして」とリクエストしてくれたのですが、当日そのリクエストは厳しいということで、お魚がメインでした。

ティラミス。重すぎず、さっぱりしていて、今まで食べたすべてのティラミスの中で一番美味しく感じました。
20041218222037.JPG

最後にマカダミアナッツ。万力で殻を割っていただきます。ほんのり甘くて、市販の、塩と油を添加された物とはまったくの別物。
20041218223610.JPG

お料理は全体的にレベルが高く、文句なし。値段もかなり良心的です。
イクラと鮭のコロッケよりはカルパッチョが食べたかったくらいでしょうか。
特筆すべきは、シェフの感じの良さ、人の良さそうな笑顔、でしょうか。
また来たいなと思いました。

食事のあとは、ライトアップされた横浜の街を歩き、赤レンガ倉庫まで散歩しました。
20041218231426.JPG

赤レンガ倉庫。正直、haunted mansionみたいだと思ったのは私だけではないはず。
20041218234226.JPG


IL ENOTRIA イル エノトリア
住所: 神奈川県横浜市西区平沼1-38-2 咲久良ビル2F
電話: 045-323-4520
営業時間: 17:30-24:00
定休日: 月曜日

『海辺のカフカ(下)』を読了しました。

海辺のカフカ〈下〉
村上 春樹

新潮社
2002-09-12
売り上げランキング 5,952
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

久しぶりに、metaphorという言葉の意味に想いをめぐらせました。
下巻に入って、物語はすごい勢いで進み始め、緊迫してきて、どきどきしながら一気に読みました。
相変わらず私の理解を超越していることだらけでしたが、何とも言えない感動を覚えました。
途中、涙がボロボロ出てきて止まりませんでした。
読み終わってしまったのがもったいない気がします。もう少しあの世界にとどまっていたかった・・・。
少し時間を置いて、また読んでみようと思います。
彼の他の作品も読まないとなぁ。
いまさら、ですが。

Lady's Dayに『ハウルの動く城』を観てきました。
20:40- の回だったので、まずはIDEE CAFFEで腹ごしらえ。

テラス席大好き!
20041215195930.JPG

スープ、サラダ、キッシュ、パスタを食べました。
20041215200519.JPG

ハウルは、絵も声もイメージどおりでした。
Howl.jpg
カッコイイ魔法使いの声、期待していなかったのに良かったです。ハマリ役。
Green Slimeのところは、笑いをこらえるのに必死でした。

カリシファーの描かれ方が、原作に忠実でちょっと嬉しくなりました。
Calicifer.jpg

相方は、「あー、またこのパターンだ。まただまされた。」と不満気でしたが、私は予備知識もあったのでそれなりに楽しめました。
映画は、原作 Howl's Moving Castleとはかなり違うものでした。
別物だと思うことにしました。

あちこちでChristmas Treeを見かけますよね。
私の勤めている会社のビルの前にも、大きなツリーが飾られています。

20041116102245.JPG

ビルの1階にも、ツリーが設置されています。たまに、親子連れがこのベンチで写真を撮っています。

20041116102318.JPG

最近の子供たちって、サンタクロースは信じているのでしょうか。

パートナーのご実家から、りんごが届きました!

20041209233720.JPG

中には、生産者の方からの手紙が同封されていました。

 お届けしますりんごについて生産者よりお詫びとお願いを込めましてお手紙さしあげます。
 春の花の咲く時期に寒さが来て凍障害が出ました。(良い花が障害のため受粉が出来ません。)又夏には、雹が一時間近く降り、秋はあまりにも暖かすぎまして、りんごの出来が良くありません。平年に比べると見た目も悪くキズも目に付くと思います。自然のなせるわざとお許し下さい。
 私達生産者は、来年に期待をかけ生産に励みます。
 今後ともよろしくおねがい申し上げます。

毛筆で書かれた手紙でした。
確かに、キズがたくさんありますが、しゃきしゃきしていて、美味しいりんごです。
私はりんごが大好きなので、毎晩食後にいただくのが楽しみ!
美味しい果物が食べられるって、本当に幸せです。

『セプテンバー・イレブンス9・11―あの日からアメリカ人の心はどう変わったか』を読了しました。

セプテンバー・イレブンス9・11―あの日からアメリカ人の心はどう変わったか
冷泉 彰彦

小学館
2002-02
売り上げランキング 25,663

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

村上 龍氏が編集長を勤めるメールマガジンJMM (Japan Mail Media)にて、2001年9月12日から2002年1月1日までの期間に配信された冷泉 彰彦氏のレポート22本分をまとめたものです。

目次は、以下のとおり。

はじめに
第1信 一夜明けて
第2信 ユニオン・スクエアのキャンドル
第3信 忍耐のアメリカ
第4信 星と縞の消えた星条旗
第5信 街にエンヤが流れ始めた
第6信 空爆開始
第7信 初霜に震えながら
第8信 傷ついた草の根
第9信 見えないことへの苛立ち
第10信 試される社会
第11信 満月のハロウィン
第12信 冬支度の日々
第13信 落胆と虚脱感と
第14信 翻弄される日々
第15信 感謝祭の休暇
第16信 戻ってきた日常
第17信 見えてきた亀裂
第18信 長く暗い冬の夜
第19信 安らぎを求めて
第20信 クリスマスの静寂に
第21信 年越しの寒波
第22信 新しい年を迎えて
おわりに 「アメリカを探して」
あとがき 冷静で繊細なレポート

9・11のあとアメリカがどのように変わってきたのか、ということに関して、ニュージャージー州在住の作家である筆者の視点から見たレポートです。
読んでいて感じたのは、筆者の観察力の鋭さと、事実とマスコミ報道に対する分析の冷静さ、そして文章のデリケートさです。
「きれいごとっぽいな。」と感じた箇所も多々ありましたが、全体のトーナリティが非常に落ち着いた印象なので基本的に好感が持てました。
JMMでのレポートは今も続いていて、2004年12月11日に配信された最新号は、
■『from 911/USAレポート』 第176回 「"Yes, but..." の時代」
というタイトルでした。

(大幅に)加筆された文庫版(650円)も出版されているようなので、機会があればこちらも読んでみようと思います。

911 セプテンバーイレブンス
冷泉 彰彦

by G-Tools

『海辺のカフカ(上)』を読了しました。

海辺のカフカ〈上〉
村上 春樹

新潮社
2002-09-12
売り上げランキング 4,854
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

予想していたよりずっと面白いです。
でも、かなり難解、というのでしょうか、私の理解を超えている箇所がたくさんあります。
そういう所は、なんとなく受け入れています。
早く下巻が読みたいな。

朝ごはんは食べられず。
ランチは、またもやカトマンズ・ガングリに行きました。
そうしたらなんと!
「お野菜を食べるのでしたら、こちらのメニューをどうぞ!」と、通常のランチメニューに加えて、ベジタリアン・メニューを手渡されました。
ベジタリアン・メニュー!? そんなもの存在してたんだ・・・。
かなり長い期間通っていたはずなのに、まったく知りませんでした(笑)
メニューは英語のみだったので、日本人にはあまり出していないのかもしれません。
(通常メニューは、日本語のものと英語のもの、両方あるのです。)
知らないものも結構ありましたが、今日はとりあえずベジタブル・カレーにしてみました。

20041213135100.JPG

ベジタリアン・メニューの上から下まで、全部試してみるつもりです。
開拓する(?)楽しみができて嬉しいです。

今日は、翻訳のクラスが年内最後の日だったので、学校の近くの中華料理屋で軽く4人でごはんを食べました。
今度こそ、宿題早めに取り掛からないとー!

友人が、ホノルルマラソンに出場します。
応援に行きたいところでしたが、明日は別の大事な用事があるので、ちょっと無理。
彼が、自分で設定した目標(完走?タイム?)を達成できるよう、心から応援しています。
Oちゃん、頑張れ〜!

師走と言えば忘年会シーズン。
この時期、酔っ払いが多いのも確かですよね。
メトロのポスターが思いがけずキュートでした。

「ヨッテルって?へいき、へいき。うわっ、ホームの端に、こんなに寄ってる。」
20041209184148.JPG

実際に、ネクタイをこういう風に頭に巻いている方を殆ど見たことがないのですが、これはポピュラーな巻き方なのでしょうか。

朝ごはんには、パートナーがお土産に買ってきてくれたルヴァンのパンをいただきました。
寝坊したため、野菜・果物・ヨーグルトなどは食べられず。
最近、朝起きがけに水が飲めない。どうしたんだろう・・・。

久しぶり(?)にカトマンズ・ガングリにてランチ。
生野菜のミニサラダ、ダル・スープ、ベジタブル・カレー。
20041209133631.JPG

このベジタブル・カレー、まろやかかつほんのりスパイシーでとても美味しい。野菜万歳。
この頃、お願いしなくても烏龍茶とマサラ・ティを出してくださいます。
奥様がお店に出られなくなって、アルバイトの男性の方が代わりに来ているようです。
言葉遣いも物腰も丁寧な方で、好感が持てます。

パートナーが中学時代のお友達と飲みに行くことを忘れて、晩御飯には鍋の準備をしていました。
仕方なく一人で豆乳鍋を食べました。

『カレーライフ』を読了しました。

カレーライフ
竹内 真

集英社
2001-03
売り上げランキング111,063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

竹内 真氏の長編小説です。
「大きくなったらカレー屋になろう」という幼い頃の約束が、すべての始まり。
カレー好きには、お勧めの1冊です。
私はかなりカレーが好きなので、楽しめました。
この本を読んだ直後に、すりおろし野菜カレーを作りました!
竹内 真氏の作品に出てくる登場人物に、基本的に悪人はいません。
それも、彼の作品をすがすがしく感じさせる理由かもしれないなと思いました。

先週から、やけに疲れやすくなっている気がします。
体力が落ちているのでしょうか。疲れとストレスが溜まっているのは感じるのですが。
会社から帰ってくると、疲れ果ててもうほとんど何もできない日が続いています。
大して仕事もしていないのに。

腰痛で、しばらく自宅のPCにさわっていませんでした。
会社には行けるようになったけれど、夕方になるとかなり痛くなってきます。
今日は、2駅分くらい歩いてみました。
早く完治しないかなぁ。

火曜日は、最近お気に入りのbonraspailにて再びランチ。
玄米オムレツのラタトゥユがけ+温野菜。
20041207135818.JPG

それにしても、何事も体が資本だなぁと痛感しています。

ランチは、bonraspailにて、玄米オムレツ(和風きのこソース)+温野菜サラダ。

20041203134354.JPG

晩御飯は、友人の一人鍋に刺激されたため「鍋が食べたい!」と言ってたらパートナーがキムチ鍋を作ってくれました。

今日は朝から突然の腰痛に悩まされました。
整体に行って少し回復しましたが、まだ予断を許さない状況です。
腰痛に悩まされない程度の筋肉は、生きていく上で必要不可欠だ。もう少し体を鍛えよう・・・と反省しました。

"Howl's Moving Castle"を読了しました。

Howl's Moving Castle
Diana Wynne Jones

Greenwillow
2001-08-07
売り上げランキング 120
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「映画が公開される前に原作を読んでおこう」と思い立ち、8月10日に予約を入れたのですが、予約棚にあり、と連絡が来たのは11月下旬でした。早く返却しよう。
かなり平易な英語で書いてあり、楽々読めました。
途中、green slimeのところで、おかしくて笑い転げてしまいました。

Howlは、性格にかなり難あり!だけど愛すべきキャラクターでした。
個人的には、後半のSophieが可愛くなさすぎて、でも意地を張ってしまう彼女の気持ちも分かったりして、最後は感情移入してしまいました。
ひとつ、全く予想していなかったどんでんがえしが!あー、びっくりした・・・。
映画は、この原作とはかなり違うのでしょうか!?
・・・素朴なファンタジーって、心が洗われる気がします。

映画を観るのが楽しみになってきました。

翻訳された日本語版もあったのですね・・・。

魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
ダイアナ・ウィン ジョーンズDiana Wynne Jones西村 醇子

by G-Tools

Mちゃんと、ごはんを食べにMcCoy's Dinerへ。
近況を報告しあい、McCoyさんの美味しいごはんをゆっくりいただきました。

有機栽培の小麦と天然酵母で作ったピザ。シンプルで、美味しい。
20041202213858.JPG

ハーブの入ったパン。
20041202195323.JPG

さりげなくカウンターにいたXmasのornament。
20041202214450.JPG

パートナーも途中から合流し、ゆっくりくつろぎながら美味しい楽しい時間を過ごしました。

12月になると、急にポインセチアが増えると思いませんか?
近所の日比谷花壇も、ポインセチアに染まっています。

20041130150229.JPG

今日から12月ですね。
今年も残すところあと30日です。
師走と言えば、来年のカレンダーの準備。
今の自分にぴったりのカレンダーを発見したので、迷わず購入してしまいました。

ニッポンの犬 2005年カレンダー
岩合 光昭

平凡社
2004-10-01
売り上げランキング 1,512
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

表紙の、武者小路千家の力真留(りきまる)号にはじまり、かわいくて凛々しい犬たちがいっぱい!(Amazonで中の写真を一部見ることができます。)
先日購入した、文庫本の『ニッポンの犬』もよかったけれど、大きい写真はやっぱり迫力があって、見ているだけで顔がゆるみます。

このカレンダー、日本犬が好きな方にはたまらないと思います。
自分が鑑賞するだけでは飽き足らず、有無を言わさず妹にプレゼントしてしまいました。

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、December 2004に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはNovember 2004です。

次のアーカイブはJanuary 2005です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。