『ローマ人の物語 (3) ― ハンニバル戦記(上) 新潮文庫』 (2007 013)

| コメント(0) | トラックバック(0)

『ローマ人の物語 (3) ― ハンニバル戦記(上) 新潮文庫』読了。

近頃本を読む時間すら取れないのでストレスレベルが上がっています。
めげずにこのシリーズは読み進めていくつもりですが。
今日から3月ですね。もう1年の6分の1が終わってしまった。

ハンニバルがあまりに魅力的で、引き込まれます。

----------
内容(「BOOK」データベースより)
紀元前三世紀後半、イタリア半島を統一したローマは、周辺諸国にとって無視できない存在になっていた。そのローマに、紛争絶えないシチリアの小国が救援を依頼。ローマは建国以来初めて、海を渡っての兵の派遣を決める。しかしそれは、北アフリカの大国カルタゴとの対決も意味していた―地中海の覇権を巡って争われ、戦争史上に残る大戦「ポエニ戦役」、その前半戦を描く。


ローマ人の物語 (3) ― ハンニバル戦記(上)    新潮文庫ローマ人の物語 (3) ― ハンニバル戦記(上) 新潮文庫
塩野 七生


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takui.net/mt/mt-tb.cgi/5046

コメントする

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、natsukoがMarch 1, 2007 12:01 AMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)』 (2007 012)」です。

次のブログ記事は「『ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中) 新潮文庫』 (2007 014)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。