『39歳までに組織のリーダーになる―活躍スピードを加速する』 (2007 023)

| コメント(0) | トラックバック(0)

『39歳までに組織のリーダーになる―活躍スピードを加速する』読了。

柴田 励司氏のメルマガが面白いので、手に取った本。
書かれていた内容は、リーダーになるにももちろん有益でしょうが、組織の中で、実力を精一杯発揮しながら目標を持って仕事を続けていくことを目指すビジネスパーソンの在り方を示してくれるものでした。
次の就職先が、「会社」であれば、実践するよう努力します!?

----------------------------------------------
商品の説明
周囲から「デキる」と一目置かれる人は、おのずと組織を率いるリーダーに選ばれる。以前は、そのタイミングが50歳前後だったが、今では40歳前後に下がっている。本書は30代のうちに様々な課題に果敢にチャレンジし、自らの器を大きくしておくべきと主張し、効果的・効率的に真のリーダーになるためのヒントをまとめている。

デキるリーダーに共通する強みとして、物事の全体を見る「鳥瞰力」、物事をどんどん進め、くよくよしない「未来志向性」、論理的に本質をつかむ「論理的思考」「素早い回復力」など10項目を挙げる。現役リーダーたちは、修羅場を通じて自分の器を大きくしていったり、異文化の中でもがいたり、挫折から人の痛みを知るといった経験によって、こうした強みを持つに至ったと解説する。

一方、デキるリーダー候補が道を踏み外す原因の1つに、周囲の人間とのつき合い方があると指摘。優秀な人ほど、仕事が集中しがちだが、背伸びした課題に取り組むうちに、周りの仕事ぶりが気になり、組織や上司、部下に批判的な言動が出たり、無意識のうちにパワーハラスメントを起こすことがある。真のリーダーは周囲から「一緒に仕事がしたい」と思われる存在であることを忘れてはならないと説く。


39歳までに組織のリーダーになる―活躍スピードを加速する39歳までに組織のリーダーになる―活躍スピードを加速する
柴田 励司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takui.net/mt/mt-tb.cgi/5063

コメントする

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、natsukoがMarch 16, 2007 12:20 AMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「White Day」です。

次のブログ記事は「Reinstalling Windows XP」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。