April 2007アーカイブ

某社の人事担当者に会ってきました。
彼の言葉の端々から、自分の所属している部署や会社が大好きで、仕事に誇りを持っている様子が伺われました。
人事の人は、こうでなくっちゃな?。

この会社とは、直近ではご縁はなさそう、かな。
まだどうなるかもちろん分かりませんが。

寒い中出かけたらすっかり体力を消耗してしまいました。
まだまだ今日のノルマは終わっていないのに、まずい・・・。

『アッシュと歩いたヨーロッパ』読了。

純粋にヨーロッパ旅行記としても楽しめる本。
愛犬を連れて海外旅行したい人は、是非お読みください。
最近、ドイツの犬事情や、愛犬を連れて旅行するための本を何冊か読みましたが、未だに犬を飼うこともできない借り家住まいです。は?。(いや、賃貸住宅に対する不満があるわけではなく、単に犬を飼いたいだけです。)

-----------------------------------

出版社/著者からの内容紹介
シュナウザー犬・アッシュと旅した、ヨーロッパ(フランス→イタリア→オーストリア→ドイツ→フランス)1万3000キロの旅の記録。犬を連れてカフェやレストランに入る。メトロに乗る。オーベルジュ(食事のとれるホテル)に泊まる。そこでは、おしゃれなパリっ子や、ちょっと気取った上流階級のマダム、犬好きなアメリカ人旅行者や、自転車旅行中の女学生たちが気軽に声をかけてくる。犬を愛する人々との心通う交流、ドッグショーでのハプニング、犬連れ海外旅行のノウハウ(巻末「あなたも犬を連れて海外に行ける」など、興味深い、感動的なエピソードや情報を満載した1冊。著者自身が、「それはたいへんな緊張と手間を伴ったが、予想どおり、いや予想をはるかに超えたすばらしい時間をぼくたちにもたらしてくれた。アッシュといることで、どこへ行っても、何を見ても、誰に会っても、ぼくたちの感動は倍増した」と、あとがきに記しているように、その貴重な体験は、犬好きはもちろん、動物に興味を持っていない方にも、新鮮な感動と、心地よい読後感を与えてくれる。著者の手になるイラスト、奥さんが撮影した写真の数々も味わい深い。


内容(「BOOK」データベースより)
犬を連れてカフェやレストランに入る。メトロに乗る。オーベルジュやアグリツーリズモに泊まる。そこではお洒落なパリっ子や、ちょっと気どった上流階級のマダムや、犬好きなアメリカ人旅行者や、陽気なイタリア人や、自転車旅行の女学生たちが気軽に声をかけてくる。愉快な犬たちとのエピソード、犬を愛する人たちとの心のかよう交流、ドッグショーでのハプニング、犬連れ海外旅行のAtoZなどが満載。


アッシュと歩いたヨーロッパアッシュと歩いたヨーロッパ
坂本 徹也


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日は1ヵ月ぶりの勉強会でした。
出産を終えたメンバーが久しぶりに復帰! しかし、出産してますます細くなられたような。羨ましい・・・。

はまぞおさんのハワイのお土産のホワイトチョコや、花丸マーケットにも登場したというお稲荷さんをいただきつつ(ご馳走様でした!)、進行中のプロジェクトの素材に関して皆でひたすら質問。

どの質問にもさくさく答えてくださるはまぞおさん。やっぱり凄い。
もっと勉強しないと。もっと復習しないと。もっと本読まないと。道のりは長いけれど、だからこそ楽しいのかもしれない。

勉強会終了後、本当はランチをご一緒したかったのですが、担当分が終わりそうにないため早々に帰宅。
パートナーと投票に行き、現在に至る。

今さらですが、「オーストリア」に代わり、日常的に「オーストリー」を使用する運動を、中日オーストリア大使ペーター・モーザー氏が始めていたんですね。知らなかった。
確かにオーストリアとオーストラリアは混同されがちですが・・・。「オーストリー」の字面にはちょっと違和感を覚えます。
Aussieな友人の感想を聞いてみたい気がする。彼らはそんなこと気にしてなさそう。

Österreichの公式名称として「オーストリア」が使用されることに変わりはないそうです。

はまぞおさん宅のMacの画面が見やすいことに改めて衝撃を受け、うちのWindowsマシンにOsakaフォントを入れてみたのですが、にじんでいまいちでした。
あきらめきれずに今度はメイリオフォント(Windows Vistaには標準搭載されてる新フォント)に挑戦してみました。

ここからダウンロード。
http://www.vistawindows.org/
メイリオ 0.99 のすぐ下の「ダウンロード」をクリック。
ダウンロードしたファイルを解凍し、meiryo.ttcとmeiryob.ttcをFONTSフォルダにコピー。
その後、ブラウザやエディターのフォントを設定します。

このページに従って、Windows XPの設定を。
XPのClearTypeでフォントを滑らかに (デジタルARENA)
http://arena.nikkeibp.co.jp/tec/winxp/20030207/103731/
これ、感動ものです。メイリオフォントを入れなくても。
Windows XPをお使いの皆様、是非!

エディターでの作業がかなり楽になりました。
秀丸では表示させられないので、秀丸は使わないことにした。(そういえば、送金したのに。)

『はじめてみよう言語学』読了。

多岐にわたるテーマをわかりやすく説明しており、一気に読める。
そういえば、友人は大学で言語学を勉強していた。
私が通っていた学部にもコースがあったはずなのに、もっと勉強しておけば良かった。

------------------------------------------------

出版社/著者からの内容紹介
言語学の本というと、「むずかしそう」「言っていることがわからない」「知らない外国語を出されて読む気にならない」などと、どうしてもとっつきにくいイメージを持ちがち。そんな「言葉に関心はあるけど、言語学の本は難し過ぎる」と思っている方にお勧めしたいのが本書。登場人物は先生、女の子(はずき)、外国人の男の子(ペトリ、フィンランド人)の3人。本書で展開される3人の会話を楽しみながら、「『たこ焼き』は、どうして『焼きたこ』じゃないの?」といった素朴な疑問を登場人物たちと一緒に考えていくうちに、いつの間にか言語学の世界にどっぷりとつかっているのに気づくはず。楽しみながら読み進むうちに言語学の入り口にいつのまにか入っている、そんな感動体験が味わえる1冊です。テーマは、言葉にかかわる身近なことから、「人間には生まれつき言葉をあやつるために文法が備わっているかどうか」といった言語学における重要テーマまで、幅広く取りあげられています。漢字、方言、文法などの日本語の問題、若者言葉や敬語、国際語としての英語、多言語、インターネットと言葉、音声、言葉の起源、脳と言葉などなど、言語学で取りあげられることを広く扱っているので、言語学の面白さを体感しながら、知らず知らずのうちに言語学の基本が身につけられます。言葉に関心のある中高生、言語学に興味のある大学生、言語学ってどんなことをやっているのかかじってみたい社会人など、言葉に関心のある人なら誰でも読むことができます。読みやすくわかりやすいのに、言語学にかかわることがどんどん頭に入り、重要なテーマについて自分でも考えられるようになる・・・今までありそうでなかった、待望の言語学入門書の登場です。

【本書の特徴】
・予備知識なしで誰でも読める
・先生と生徒たちの対話形式で進むので、気軽に読める
・言葉のしくみとおもしろさが気軽に体感できる
・言葉に関するさまざまな知識が身につく
・言語学における素養が作れる

著者について
佐久間淳一(さくま・じゅんいち)
名古屋大学助教授。専門は言語学、統語論。1963年東京生まれ。東京大学文学部卒業後、東京大学大学院人文科学研究科で言語学を学ぶ。著書に『言語学入門』(共著、研究社)のほか、『フィンランド語のすすめ 初級編』
『フィンランド語のすすめ 中級編』(研究社)があり、フィンランド語とフィンランドにも精通している。大のカエル好きで、自宅にはガエル関連グッズがたくさん飾ってある。


はじめてみよう言語学はじめてみよう言語学
佐久間 淳一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『ドイツの姑(はは)』読了。

ドイツの犬はなぜ幸せか』が思いのほか面白かったので、読んでみた。
ドイツ人の夫と結婚した著者が出逢う、強烈な姑さんとの関係を温かく、冷静に綴っている。
著者の考えに共感する箇所がたくさんあり、分厚い本だったがあっという間に読み終わった。
『ドイツの姑を介護して』も読むと思う。


20070416210512.JPG

ドイツの姑(はは)
ドイツの姑(はは)グレーフェ・アヤ子

朝日新聞社 1991-07
売り上げランキング : 1004634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドイツの姑(はは)を介護してドイツの姑(はは)を介護して
グレーフェ アヤ子

by G-Tools

『マドンナ』読了。

ガール』が面白かったので、こちらも読んでみました。
5編の短編集。
「マドンナ」がイマイチ好きになれない作品でした。
主人公の課長にイライラさせられた。
「ボス」「パティオ」は割と良かった。

先生が帰ってきた。嬉しい?★


マドンナ
マドンナ奥田 英朗

講談社 2005-12
売り上げランキング : 25459
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ガールガール
奥田 英朗

by G-Tools

『涼宮ハルヒの憂鬱』を読みました。

期待していたほと面白くなかったけど、荒唐無稽で楽しめた、かな。
先入観や偏見は、捨てたい。
DVDを観る暇は、なさそう。

----------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)
「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と誰でも思うよな。俺も思ったよ。だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。それに気づいたときには俺の日常は、もうすでに超常になっていた―。第8回スニーカー大賞大賞受賞作。


涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱
谷川 流 いとう のいぢ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『枕草子REMIX』読了。

マイミクの小波さんがお勧めされていたので読んでみました。
私は、清少納言や酒井順子氏ほど感受性が鋭くないので、大の仲良しにはなれそうにありませんが、毒舌っぷりは大好きです。
酒井順子氏の意訳は、確かに絶妙。

-----------------------------------

内容(「MARC」データベースより)
随筆の原点「枕草子」をリミックス! あなたや私ソックリな千年前の都会の30女・清少納言との架空対談あり、絶妙な意訳あり。随筆(エッセイ)一筋20年の著者が放つ快作。『波』の連載に加筆訂正したもの。


枕草子REMIX枕草子REMIX
酒井 順子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『テムズのあぶく』読了。

毎朝読んでいるメルマガの発行者が絶賛していたので読んでみましたが、普通のメロドラマっぽくてかなり期待はずれ。
読んでいてイライラしたのは、私が成熟していないせいでしょうか。
泣かせるラストなのですが、前半が薄っぺらい感じでまったく入り込めず、ずっと醒めたままでした。
メルマガを購読解除しようかと思うくらいがっかりしてしまった。

--------------------------------------------

内容(「MARC」データベースより)
成熟という言葉が似合う街ロンドンで、日本企業の男性駐在員と女性舞台演出家が恋におちる。お互い離婚歴があり、分別も備えた者同士、気後れやためらいを感じながら不器用なつきあいが始まる…。極上のラブストーリー。


テムズのあぶくテムズのあぶく
武谷 牧子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『ネーミング発想法』読了。

仕事で必要だったため読みました。
ネーミングのことが一から分かって、大変勉強になりました。
ブランドは、代替不能なものだと思います。

株式会社ジザイズのサイトも面白いです。


内容(「BOOK」データベースより)
ブランド戦略の“要”として注目を集めるネーミング。その基本から商標登録上必要な知識までを網羅。ネーミングを発想する際のポイント、さまざまな造語法、商品名や社名として実際に使えるかどうかの見極めまで一連の手順に従って詳しく解説。発想法、造語法を丁寧に紹介しているので、実際のネーミング開発の手引書としても最適。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
横井 恵子
1977年大阪外国語大学イスパニア語学科卒。1984年ブランドネームやブランドデザイン開発の専門会社、(株)ジザイズを設立。現在、同社代表取締役。「DoCoMo」(NTT)、「au」(KDDI)、「BIGLOBE」(NEC)、「日興コーディアル証券」、「あいおい損保」など、新商品のネーミング開発や社名開発の実績は百件以上に及ぶ。


ネーミング発想法ネーミング発想法
横井 惠子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ベルリン動物園で生まれたホッキョクグマのKnutが大人気で、動物園の株価が上がったという新聞記事を読みました。
 
YouTubeを見てみると、動くKnutはさらに可愛い。
http://www.youtube.com/watch?v=oBoTH8PArd4
http://www.youtube.com/watch?v=469T0eUDA2Q
ホッキョクグマの子供は、ちょっと犬に似ていると思う。この太い足と密集している毛が何とも言えません。黒目がちなのも可愛い。

2年前の3月頃からしばらく、とべ動物園ピースちゃんマイブームでした。

この映像などは、何回見ても飽きない。
小さかったピースちゃんも、去年の12月2日には7歳の誕生日を迎えました。大きくなりました。


Knutも、あっという間に成長するのでしょう。小さいうちに、ぜひ実物を見たいものです・・・。
Berlinにいる妹によると、Knutはテレビにも電車の中の画面にも、毎日登場しているらしい。
時間があったら明日あたり見に行こうかなとのこと。羨まし?。

『狼花 新宿鮫IX』読了。

このシリーズ、昔から読んでいるので、期待値が高すぎるのでしょうか。
何だか筆致が相当パワーダウンしてきた気がします。
あっという間に読み終わってしまい、あっけなさに驚いてしまった。
同じシリーズの他の作品は、もう少し読み応えがあったと思うんだけどな。
不完全燃焼。

------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)
地獄を覗かされ、日本を捨てた国際犯罪者・仙田。外国人犯罪を撲滅するため、限界を超えようとするエリート警官・香田。どん底からすべてを手に入れようとする不法滞在の中国人女性・明蘭。自ら退路を断ち突き進む男女の思惑と野望が一気に発火点に到達した時、孤高の刑事・鮫島が選ばざるを得ない「究極の決断」とは?理想と現実、信念と絶望、個人と社会、正義の意味、そしてこの国のありようが、骨太かつスピーディな物語に溶解していく。ターニングポイントとなるシリーズ最大の問題傑作、光文社初のハードカバーで登場。


狼花  新宿鮫IX狼花 新宿鮫IX
大沢 在昌


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

妹が、ビーズのブレスレットを作ってくれた。
私好みの色で、とても気に入り、早速着けてみた。
「塩基配列に似てる」とはパートナーの弁。

軽いし、これからの季節にぴったり。
ありがとう?!!! ずっと大切にするね。

自分のことを考えて作ってくれたんだと分かるハンドメイドのものって、本当に嬉しい。
自分自身は、人に手作りのものをプレゼントしなくなって久しいので、ちょっとしょんぼりしてしまった。

『ドイツの犬はなぜ幸せか―犬の権利、人の義務』読了。

「犬と子供はドイツ人に育てさせろ」とは、すごい台詞です。
著者の愛犬ボニーが、生後6週間でもらわれてきたところから始まる、ボニーの視点による物語は、嫌みなく読めて、思いのほか楽しめました。
同じ著者による『ドイツの姑』と『ドイツの姑(はは)を介護して』も読みたくなりました。


-------------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)
「犬と子供はドイツ人に育てさせろ」というくらい、犬の飼い方に関して飼い主に厳しい義務が課せられている動物愛護先進国ドイツ。そのドイツのグレーフェ家の一員となった雌犬ボニーの目を通して、ペットと人間のよりよき関係を提言する愛犬家必読のユニークなレポート。


ドイツの犬はなぜ幸せか―犬の権利、人の義務ドイツの犬はなぜ幸せか―犬の権利、人の義務
グレーフェ アヤ子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドイツの姑(はは)を介護してドイツの姑(はは)を介護して
グレーフェ アヤ子

by G-Tools

ドイツの姑(はは)
グレーフェ・アヤ子
4022563206

会社を辞める直前、品川にあるFranc Francのアウトレットで炊事用のゴム手袋を買いました。
肘の手前の部分が折り返されていて、決して水が垂れてこない優れもの。

かと言って、このパッケージはいかがなものかと思う。アンジェリーナ・ジョリーばりの視線とポーズ(!?)
 
とは言うものの、このパッケージに爆笑してしまい、それが購入に至る最後の一押しだった気もする。

ちなみに、使い心地は良いです。確かに水は垂れてこない。
でも、使用開始直後の強烈なゴム臭には参りました。甘ったるい臭いで、台所に行くだけで頭が痛くなった。身体に悪そうだ。すぐに臭わなくなったけど。

『町長選挙』読了。

伊良部シリーズは、安心して読めるので、最近お気に入り。
この安心感は、水戸黄門シリーズに通じるところがある気がする。

どうも体調が良くない。何がいけないんだろう。
気持ちばかり先走るのに、仕事が進まない。ストレス。

内容(「BOOK」データベースより)
伊良部、離島に赴任する。そこは町長選挙の真っ最中で…。「物事、死人が出なきゃ成功なのだ」直木賞受賞作『空中ブランコ』から2年。トンデモ精神科医の暴走ぶり健在。


町長選挙町長選挙
奥田 英朗


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『クオレ 愛の学校(上)(下)』読了。

藤原氏が『祖国とは国語』の中で、幼少の頃この本を読んで感動したと書かれていたので、読んでみました。
私自身はこの本は読んだことはありませんでしたが、藤原氏の言うとおり、小さい頃読んだらかなり感動して影響を受けた気がします。
残念ながら、この年になってから読むと、そこまでの感動はありませんでしたが。

会社辞めたけど、忙しい・・・。アフリカ行きたい。
今日、納品日だったのに、朝PCを起動したらインターネットに接続できなくなってしまっていた。
仕方なくパートナーのノートブックを使わせてもらってファイルを送信。参った・・・。
ネットにつながらないと仕事にならないってば。

----------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)
エンリーコの学校生活の1年間を、日記形式で描いた古典名作の完訳版。上巻は10月から2月までを収録。「ちゃんの看護人」「サルデーニャの少年鼓手」など真心や愛国心をうたった物語を挿入。下巻は3月から7月までを収録。「母をたずねて3千里」「ロマーニャの血」など感動的な物語を挿入。小学上級から。

クオレ 愛の学校〈上〉クオレ 愛の学校〈上〉
エドモンド デ・アミーチス Edmond De Amicis 矢崎 源九郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クオレ 愛の学校〈下〉クオレ 愛の学校〈下〉
エドモンド デ・アミーチス Edmondo De Amicis 矢崎 源九郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『旅は犬連れ―Schali〓Aschaffenburg』読了。

犬が飼いたくなりました。今のマンションでは無理ですが・・・。
愛犬を連れて海外旅行をしたい人には、非常に参考になる本だと思います。

シャーリのブログも楽しいです。

-------------------------------------------

内容(「MARC」データベースより)
ドイツではどうやって犬をしつけるんだろう? 「どこでも一緒」がモットーのシャーリとしゃりまま。愛犬とついに日本を飛び出し、ドイツへ犬学校留学! 愛犬との2週間の海外旅行記。

著者からのコメント
犬を連れて海外へ?どうやって??
この本は、新しい動物検疫制度に則り、実際に、日本からドイツへ行き、2週間後に、また日本へ戻ってきたコーギーのシャーリのお話です。犬の渡航手続の流れを詳細に紹介していますので、犬連れ海外旅行をお考えの方のご参考になれば幸いです。犬天国ドイツで、2週間の犬学校留学を果たし、ひとまわり成長したシャーリとしゃりままの姿をぜひ追いかけてみて下さい!


旅は犬連れ―Schali〓Aschaffenburg旅は犬連れ―Schali〓Aschaffenburg
かわはら しづか


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『ニセモノ師たち』読了。

マイミクの小波さんが読んでいらっしゃって、面白そうだったので手にとってみましたが、非常に読み応えのある楽しい本でした。
骨董品のニセモノに関して書かれた本なのですが、骨董品に興味のない人でも楽しめると思います。
骨董の世界は、何も新たに生産されないので、過去の遺産をみんなで奪い合うのだと初めて知りました。こわ?。
中島さんの強い信念に支えられたプロフェッショナリズムを、随所に感じました。
お勧めです。


内容(「BOOK」データベースより)
人気テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」でおなじみの著者が、禁を破って書いた、ニセモノの世界。素人はなぜ騙されるか、プロを欺く巧妙な手口、ニセモノが放つ妖しい魅力など。「品物は口を利かないが、人間は口を利く」。当代一の目利きが骨董の真贋鑑定を通して明かす、ホンモノの見分け方と人間鑑定術。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中島 誠之助
1938年、東京生まれ。古美術鑑定家・エッセイスト。現在、講演で各地をまわるほか、鑑定士やタレントとしてテレビ出演し人気を博している。


ニセモノ師たちニセモノ師たち
中島 誠之助


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

都知事選挙に投票するため、目黒まで行ってきました。今日のために、わざわざ「選挙用住民票」取りに行ったし。


今日はパートナーのお誕生日プラス記念日なので、久しぶりに外食しました。
以前から気になっていたLa Luna Rossaに初トライ。


La Luna Rossa
住所: 〒153-0061 東京都目黒区中目黒2-5-23 清水ビル1F
アクセス: 東急東横線中目黒駅 徒歩10分、地下鉄日比谷線中目黒駅 徒歩10分 
TEL: 03-3793-4310
営業時間: 11:30?14:00(L.O)、18:00?22:00(L.O)
定休日: 火曜日

『祖国とは国語』読了。

「小学校における教科間の重要度は、一に国語、二に国語、三、四がなくて五に算数、あとは十以下なのである」
と言い切るところがすごい。
前半の藤原家の様子に関するエッセイが面白い。
後半は、『流れる星は生きている』を読まないと感慨深さが伝わってこない気がした。

-------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)
国家の根幹は、国語教育にかかっている。国語は、論理を育み、情緒を培い、すべての知的活動・教養の支えとなる読書する力を生む。国際派の数学者だからこそ見えてくる国語の重要性。全身全霊で提出する血涙の国家論的教育論「国語教育絶対論」他、ユーモラスな藤原家の知的な風景を軽快に描く「いじわるにも程がある」、出生地満州への老母との感動的な旅を描く「満州再訪記」を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
藤原 正彦
1943(昭和18)年、旧満州新京生れ。東京大学理学部数学科大学院修士課程修了。お茶の水女子大学理学部教授。’78年、数学者の視点から眺めた清新なアメリカ留学記『若き数学者のアメリカ』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞、独自の随筆スタイルを確立する。故・新田次郎と藤原ていの次男(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

祖国とは国語祖国とは国語
藤原 正彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


流れる星は生きている流れる星は生きている
藤原 てい

by G-Tools

お花見に行きたいなと思いつつ、今年はなぜか全く時間が取れなかった。
全部散ってしまう前に一目だけ・・・と思い、区役所へ行った帰り、恩師に教えていただいた近所の川沿いを歩く。

一応気が済んだ。
今年の桜は、普段より白っぽい気がした。曇り空のせいか。

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、April 2007に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはMarch 2007です。

次のアーカイブはMay 2007です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。