May 2007アーカイブ

シュタイフ (Steiff)が、Knutのぬいぐるみを販売しています。
サイズは、4種類あるらしい。
 
original Knut Eisbär
今シュタイフのE-Shopには、小さい2つ(20ユーロ&30ユーロ)しか載っていませんが。

自分のぬいぐるみで遊ぶKnutの写真もアップされている。

ううう、かわいいではないですか。
日本のシュタイフにもそのうち入荷するらしいが、ベルリン在住の妹にお願いしてしまった。

暇なときで良いからね・・・。すまぬ。

・・・その後、妹が散歩がてらシュタイフの直営店に行ってくれたときの写真がこれ。

家を出て、3駅分地下鉄に乗っている間に、天気が急変していたらしい。
歩道と車道の境目がなくなり、道が川と化してます。バンコクみたいだ?。
ドイツ人もさすがに驚いて、写真を撮っている人が多かったそうな。

たどり着いたシュタイフ直営店の店員さんによると、Knutのぬいぐるみは大人気で、入荷まで少し時間がかかるらしい。
私は、SteiffよりKösenが好きなので、この子たちもかわいいと思う。
5540 [N] Eisbärbaby lim.

3280 Eisbärbaby
 

Berlin Zooに行って、本物のKnutが見たい。
それにしても、Knutくん、大きくなったね…。
Knut's Blog

らでぃっしゅぼーやで、オーガニックなマニキュアなるものを買ってみました。
 
経皮毒が気になって、シャンプーやデオドラントまで全部変えたのに、なぜかマニキュアだけはまったく気にしていませんでした。今でも、綺麗に仕上げたネイルは大好きですが…。
この製品は、乾くまでに時間がかかるらしいので、暇なときに試してみようと思います。

経費毒事典

パートナーが長めの出張に出かけました。
昨夜は、近所でお鮨をいただきました。
 
お麩のお吸い物、紙パック入り野菜ジュース、ビタミンCと消化酵素を持参。若いのに、渋い組み合わせだ。
不室屋のお麩のお吸い物(&お味噌汁)、手軽で美味しいんですよね。私も大好きです。


午後から4時間面接。
帰宅したらヘロヘロでした。仕事が進まない?。

一人だと、自分のためにごはんを作るのも面倒です(普段から作ってないけど)。
一人で生活していたときは、「一人が面倒」だなんて思ったことなかったけれど、共同生活を経験したあと一人になると、いろいろ思うところがあります。
一人でもなるべく手抜きしないで、きちんと生活しよう・・・。って、人として当然か。

美しい五月晴れの中、朝一番で面接を受けてきました。
 
迷いがあることをあっさり指摘されてしまいました。隠すつもりもないし、隠せるとも思っていなかったので、別に良いのですが。ただ、もう少し準備していくべきでした。すみません。

3時間の面接後、帰宅して近所の植木屋で、バジルの苗を買いました。
前のバジルは、種から育てたのに結局枯らせてしまったのです。二世はちゃんと育てるぞ。

おまけ。色が綺麗だったので、買わなかったけどつい写真を撮ってしまった。

月に一度の勉強会の日。しっかり寝坊しました。はぁ・・・。
今日の勉強会は、お菓子が盛りだくさん!どれも美味しい?♪

本日の題材は、オバマ候補に関する記事の和訳。
語彙も発想も乏しいことをまたもや自覚させられる2時間半でした。sigh....

・天啓 天の導き。天が真理を人間に示すこと。天の啓示。
・衆目 多くの人の目。多くの人の観察・評価・判断。
・耳目 耳と目。聞くことと見ること。多くの人々の注意・注目。「―をひく」「―を集める」
上の人の意を受けて見聞したことを知らせ補佐する者。めつけ。
・大局観 大局についての見通しや判断。大局的見地。

勉強会の後は、ランチをご一緒したかったのですが、K-Ballet Companyの『海賊』を観に渋谷へダッシュ。
熊川哲也氏が負傷したため、キャストに変更が。
 
しかし、素晴らしい舞台だったのです。
橋本直樹さん、誰よりも輝いていました。技術もキレも素晴らしかった(と思う)。
振り付けも衣装も、音楽もどれもこれも素晴らしく、華やかでヴィヴィッドな舞台を2列目ど真ん中というラッキーな席で堪能しました。
BECCIと一緒に鑑賞したおかげで、いろいろ教えてもらいました。いつもありがとう!
アンコールの最後に、熊川哲也氏も登場。白いジャケットにジーンズという普段着なのに、彼が登場した瞬間に空気が変わるのを感じました。さすが王子様。オーラが違う。
長いアンコールの後、「握手会」のアナウンスが。
「まあそれはパスするか?」と会場を後にしたのですが、出待ちをしていたファンの方に公演の半券を差し上げることができました(半券がないと、握手会に参加出来なかったもよう)。
上機嫌でArossaへ。


帰宅後、パートナーの講演のリハを聞きました。
素人の私が聞いても面白い内容だったので、大丈夫でしょう。

鍋敷きに続き、ティーコゼーなど作ってみたのですが、相方は違う物だと思ったようです。

まあいいか。

『「超」手帳法』読了。

手帳が大好きなので、思わず読んでしまいました。
長期の予定を俯瞰するのは、確かに大切なことかも。
最近、あまりメモをとっていないので、ちと反省。

野口悠紀雄Online
MouRa|「超」整理手帳、野口悠紀雄|「超」整理手帳2007シリーズ


商品の紹介
時間管理の重要性が叫ばれ、タイムマネジメントの巧拙が仕事の能率に直接の影響を与える今、手帳に求められる機能も大きく変化してきている。 『「超」手帳法 』は、野口悠紀雄が「手帳」について語った待望の本。時間管理の重要性が叫ばれるなか、時間十年一日のごとくその形態がなかなか変化しない手帳業界の状況を鋭く指摘。「時間管理のオーソリティ」ならではの読み応えある手帳論です。野口教授のウィットに富んだコラムも掲載。

「超」手帳法
「超」手帳法野口 悠紀雄

講談社 2006-10-03
売り上げランキング : 91779
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『仕事は楽しいかね?』読了。

「明日は今日と違う自分になる」
毎日続けようと思ったら、大変なことではないですか・・・。


---------------------------------------------------
Amazon.co.jp
出張の帰りに、大雪のため一昼夜空港のロビーに足止めされた「私」。そこで出会ったある老人に、つい仕事で鬱積(うっせき)した感情をぶつけてしまう。老人は実は、企業トップがアドバイスをほしがるほどの高名な実業家。その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。

本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語である。それは、唐突に繰り出される老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していく。たとえば老人は「目標を立てるな」という。「私」は、目標がなければ進歩の度合いが測れず、軌道修正もできないと反論する。しかし老人は、斬新なアイデアや商品がなぜ誕生したかを説き明かし、それらが目前の課題に集中した結果であることを指摘。また、世の中は自分が目標を達成するまで待ってはくれないとも言う。そして「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる、だよ」などのアドバイスをおくる。

試すこと、日々変化が必要であること、偶然を見落としていること…。本書のこうしたメッセージは特別なものではないが、それを痛切に感じさせる語り口が独特である。「多くの人は他人を凌駕する人材になろうとしているけど、それを他人と同じような人間になることで達成しようとしている」などは、自分を振り返らせるのに十分である。

物語仕立てのビジネス啓発書としては「短編」の部類に入る本書。シンプルながら味わいのある1冊である。(棚上 勉)


仕事は楽しいかね?
仕事は楽しいかね?デイル ドーテン Dale Dauten 野津 智子

きこ書房 2001-12
売り上げランキング : 7950
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

我が家の鍋敷きが、先日から見当たらなくなってしまった。
ふと思い立って、母に実家で眠っていたかぎ針を送ってもらった。
今日届いたので、久しぶりに鍋敷きなぞ作ってみた。
 
編み物をしたのは、文字どおりン十年ぶりだ。
でも不思議と覚えているもので、手が勝手に動く。

『起業物語―20人の起業家たち・それぞれの選択』読了。

なぜこの本を借りたのか忘れてしまった。
人はなぜ起業しようと思うのかな。


内容(「BOOK」データベースより)
長引く不況で起業を考える人が増えている。きっかけは人それぞれ、長年温めていた夢を今こそ、という人、思わぬことから…という人も。本書は町の便利屋さんから年商1億の大企業まで、地域や人々の暮らしに役立つことに喜びを見出しつつ、自らの手で自らの働き場所を創り出した人々を紹介する。


起業物語―20人の起業家たち・それぞれの選択
起業物語―20人の起業家たち・それぞれの選択起業支援ネット

ミネルヴァ書房 2002-09
売り上げランキング : 590523
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今週月曜日には、はまぞおさんご夫妻に声を掛けていただき、ランチにおうどんを食べに行った。ごん兵衛というカウンターのみの小さなお店。
関西風のだしで、天ぷらうどん。美味しい♪ ごちそうさまでした?!
 

夜は、以前の職場の同僚たちが開いてくれた送別会へ。私の送別会だなんて知らなかったよ?。ありがとうございます。Casita久しぶりでした。

『犯罪不安社会 誰もが「不審者」?』読了。

「日本の治安は悪化している」と私も何となく思いこんでいた。結局マスコミに頭の中を操作されている。
認知件数の上昇と検挙率の低下を説明してくれる1章と、犯罪者が最後に行き着く場所である刑務所における変化を綴った4章がわかりやすい。

キャンベル共同計画


内容(「BOOK」データベースより)
猟奇的な少年事件や検挙率の低下などを根拠に、「安全神話の崩壊」が叫ばれ、厳罰化と監視強化が進む。しかし、統計をきちんと読み解くならば、あるいは軽微な犯罪者ばかりで老人や病人の多い刑務所を直視するならば、決して「治安悪化」とは言えないはずである。効果のある犯罪対策を実施するには、正しい現状分析なくして、正しい解決はありえない。そのため本書はまず「『安全神話の崩壊』論の崩壊」を宣告。治安悪化言説こそが「神話」なのである。


犯罪不安社会 誰もが「不審者」?
犯罪不安社会 誰もが「不審者」?浜井 浩一 芹沢 一也

光文社 2006-12-13
売り上げランキング : 8829
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『ニューヨークの天使たち。』読了。

渡辺葉さんの本をもう1冊読んだ。
この人の文章を読むと、すごく落ち着くのはどうしてだろう。

一番最初のエピソードを読んで、まだMMさんがNYに駐在していた頃、遊びに行ったときのことをありありと思い出した。あのときも凄い雪で、地下鉄が止まってたな。


出版社/著者からの内容紹介
1996?2006。NYの風景と隣人たち。
ニューヨークに渡って10年。翻訳家としても活躍する著者が、鋭くもやさしい目で見つめた10年間のアメリカの風景と隣人たち。「すばる」名物連載がついにオリジナル文庫化。


ニューヨークの天使たち。
ニューヨークの天使たち。渡辺 葉

集英社 2007-01
売り上げランキング : 9327
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『流れる星は生きている』読了。

藤原正彦氏の『祖国とは国語』の後半に、母藤原てい氏と満州を訪れたときのことが綴られており、興味を持ったので読んでみた。
文字どおり「壮絶」な体験談で、最後まで読むのが本当に辛かった。
もう亡くなってしまった私の祖母も、同じような体験をしている。決して語ることはなかったけれど。
パートナーの祖父も、シベリアで強制労働に従事させられたときの体験は、絶対に口にしないそうである。

読み進めるのは辛かったけれど、読み終わってみたらいつの間にかエネルギーをもらっていた。


出版社/著者からの内容紹介
昭和二十年八月九日、ソ連参戦の夜、満州新京の観象台官舎。夫と引き裂かれた妻と愛児三人の、言語に絶する脱出行がここから始まった。敗戦下の悲運に耐えて生き抜いた一人の女性の、苦難と愛情の厳粛な記録。戦後空前の大ベストセラーとなり、夫・新田次郎氏に作家として立つことを決心させた、壮絶なノンフィクション。


流れる星は生きている
流れる星は生きている藤原 てい

中央公論新社 2002-07
売り上げランキング : 13361
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


祖国とは国語
藤原 正彦
4062117126

国家の品格
藤原 正彦
4106101416

『樹のあるところに、住みたくなったから。―オレゴン州ポートランドのゆるやか暮らし』読了。

大好きな渡辺葉氏の最新作。
ポートランド在住の2年半の間、Cafeglobeになどに執筆していたエッセイを、加筆・改筆してまとめたもの。
ところどころに出てくるレシピも美味しそう。
一度でいいから、こういうところに住んでみたい。
でも、葉さんはもうニューヨークに戻ってしまったんですよね。

-----------------------------------------------------

樹のあるところに、住みたくなったから。―オレゴン州ポートランドのゆるやか暮らし
樹のあるところに、住みたくなったから。―オレゴン州ポートランドのゆるやか暮らし渡辺 葉

二見書房 2007-02
売り上げランキング : 131294
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アポがあったので道玄坂まで出かけたのですが、歯医者の前に到着してみると、何と真っ暗。どうやら予約は昨日だったらしい。阿呆すぎる。
悔しいので、Brown Rice Cafeまで歩きベジバーガーで超遅めのランチ。

ついでにNeal's Yard Remediesのショップをのぞいたら、フラワーエッセンスが目に入りました。
「Bは"Focus"のブレンド使ってたな?」と思いつつ、Healing Herbs Flower Essencesの中からWild Oatを選んでみました。
水もしくはノンカフェインの液体に数滴たらして飲むだけ。しばらく続けてみようっと。

『恐竜探検記』読了。

ロイ・チャップマン・アンドリュースを隊長とする中央アジア探検隊の、モンゴル・ゴビ砂漠におけるフィールドワークの記録"On the Trail of Ancient Man"を、小畠郁生氏が訳したもの(恐竜に関係ない章は省かれている)。
探険隊は、ヘンリー・フェアフィールド・オズボーン教授の学説を裏付ける、人類の祖先の化石を求めて中央アジア・ゴビ砂漠へと出発する (1921年)。結局、人類発生の痕跡を見つけることはできなかったが、代わりに恐竜の卵、地上最大の哺乳動物バルキテリウム、原始的な有角恐竜プロトケラトプスなどの大発見を成し遂げた。

[Memo]
『いざ恐竜の世界へ』
『失われた世界を求めて』
『砂漠は魂を虜にする』
『探検によって開かれる世界』
『いまだ見ぬ生物たち』

岡山県、林原グループ

----------------------------------------------------------

出版社 / 著者からの内容紹介
◆◆◆目次◆◆◆
第一章 探検前の準備
第二章 「黄金の毛」ターキンを追って(一九二一年)
第三章 出発(一九二二年)
第四章 バルキテリウムの発見(一九二二年)
第五章 「炎の絶壁(フレーミング・クリフ)」の発見(一九二二年)
第六章 三〇〇〇万年前の巨大動物 ヘンリー・フェアフィールド・オズボーン著
第七章 新しい仕事と発見(一九二三年)
第八章 恐竜の産卵場(一九二三年)
第九章 オズボーン教授の来訪(一九二三年)
第十章 もっと大きく、よい卵を(一九二五年)
第一一章 モンゴルの砂丘居住人(一九二五年)
第一二章 ゴビ砂漠の悲劇(一九二五年)
第一三章 古代人を追って(一九二五年)
第一四章 世界最古の哺乳動物(一九二五年)
解説 ゴビ砂漠の悲劇 小畠郁生
リスト・オブ・ブックス
中央アジア探検隊員名簿
地質年代表

内容(「MARC」データベースより)
人類の起源を探るためにゴビ砂漠隊に出かけた探検隊は、偶然にも約1億年前に生息していた恐竜プロトケラトプスの化石を発見した。この探検・発掘の記録。「世界探検全集」の11巻目として1978年に発刊されたものの新訳版。


恐竜探検記
恐竜探検記R.C. アンドリュース Roy Chapman Andrews 小畠 郁生

小学館 1994-06
売り上げランキング : 705700
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

らでぃっしゅぼーやはどんなもんだろうかと、お試しサービスに申し込んでみました。

今日初めて野菜と果物のセットが届きましたが、なかなか良さそう。特に大根。こんな見事な大根、久しぶりに見た。と言いつつ果物の写真ですが。

最終的にどうするかは、パートナーに決定権アリ、かな。

そう言えば会社を辞める直前に、隣のスタジオでCMのナレーションを録っていたことを思い出した。T野さん元気かな。

『自分のなかに歴史をよむ』読了。

以下、読んでいてショックを受けた箇所。

P. 13
「どんな問題をやるにせよ、それをやらなければ生きてゆけないというテーマを探すのですね」

P. 17
「解るということは、それによって自分が変わるということでしょう」

両方とも、上原専禄教授のお言葉。


---------------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)
なぜ日本人がヨーロッパの歴史を学ぶのか。昔のヨーロッパの人びとが毎日をどのような思いで暮らしていたか、どうしたらわかるのだろう。歴史とは過去の事件の流れを追うことと考えられていたなかで、著者が確立した新しい歴史学の方法について語る。中学生から。


自分のなかに歴史をよむ
自分のなかに歴史をよむ阿部 謹也

筑摩書房 1988-03
売り上げランキング : 132495
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下の3ブランドで、ファミリーセールがあるらしい。
ご興味のある方は、コメントかメッセージかメールをください。
招待状をお送りします。

COFFERS
COCCINELLE
Rafe

日時:
5月18日(金) 13:00?20:30
5月19日(土) 10:00?16:00

場所: 銀座

 マイミクのキョウヘイさんに教えていただいたFirefoxのAdd-on。
Link to dragdropupload: Firefox Add-ons

使ってみて、軽く感動しました。
Firefox + GMailユーザーには、物凄くありがたいAdd-onですね。
ファイルの添付、本当に面倒だったけどもうそんな思いをしなくて良いのね。
キョウヘイさん、ありがとう?!!!

『憲法九条を世界遺産に』読了。

興味深い指摘ももあり、それなりに面白い内容だったのですが、結局議論がどこにも行き着かなかったので不満が残りました。


商品の説明
憲法九条を世界遺産に
人気お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光氏と、文化人類学者であり気鋭の評論家としても知られる中沢新一氏。この一見相容れない2人が、日本国憲法第9条の今日的な意義について語り尽くした書。日に日に高まりつつある改憲派の声に異を唱える内容だが、通り一遍の反戦談議ではない。対話は戦前の童話作家、宮沢賢治が示した世界観の再評価に始まり、ついには「笑いが人を殺すこともある」といった過激な物言いにまで及ぶ。

太田氏は、憲法9条を「たった1つ日本に残された夢であり理想であり、拠り所」と称える一方で、突然変異の「珍品」として崇めるべきものだなどと皮肉を込めて斬る。中沢氏は太田氏の発言の裏に見え隠れする正当性を、学術的な立場から拾い上げていく。

(日経ビジネス 2006/10/09 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)

内容(「BOOK」データベースより)
実に、日本国憲法とは、一瞬の奇蹟であった。それは無邪気なまでに理想社会の具現を目指したアメリカ人と、敗戦からようやく立ち上がり二度と戦争を起こすまいと固く決意した日本人との、奇蹟の合作というべきものだったのだ。しかし今、日本国憲法、特に九条は次第にその輝きを奪われつつあるように見える。この奇蹟をいかにして遺すべきか、いかにして次世代に伝えていくべきか。お笑い芸人の意地にかけて、芸の中でそれを表現しようとする太田と、その方法論を歴史から引き出そうとする中沢の、稀に見る熱い対論。宮沢賢治を手がかりに交わされた二人の議論の行き着く先は…。


憲法九条を世界遺産に
憲法九条を世界遺産に太田 光 中沢 新一

集英社 2006-08-12
売り上げランキング : 10413
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日は、世界フェアトレード・デー

Kids Need Fair Trade

フェアトレード・デーとは? (
世界フェアトレードデー2007 公式ウェブサイトより抜粋)

「世界フェアトレード・デー」は、IFAT(国際フェアトレード連盟)に加盟する世界70ヶ国・約300団体のフェアトレード組織と生産者組織が、一斉にフェアトレードをアピールする日です。毎年5月の第2土曜日に、各国でイベントやキャンペーンが同時開催されます。
1995年にヨーロッパのフェアトレード・ショップの連合が運動を開始し、日本では1999年にグローバル・ヴィレッジ/フェアトレードカンパニーが日本国内のフェアトレード・ショップに呼びかけて約100軒が参加しました。
2002年からは、欧米や日本などのバイヤー組織と、アジアやアフリカ、南米の生産者組織が同時に参加する世界的なイベントとなっています。

What Is World Fair Trade Day?

World Fair Trade Day is an international celebration of Fair Trade internationally, with events organised worldwide. On and around the second Saturday of May every year, IFAT member organisations based in 70 countries, along with Fair Trade shops and networks, host events including Fair Trade breakfasts, talks, music concerts, fashion shows and much more, to promote Fair Trade and campaign for justice in trade. Fair Trade products from marginalised communities in the majority world, including coffee and tea, clothes, jewellery and beautiful handicrafts will be showcased on this day. Many events continue throughout the month of May.
World Fair Trade Day started as a European movement of over 2,000 World Shops (Fair Trade shops), working together through NEWS! Movements to celebrate the same day and campaign for Fair Trade in Japan and the US joined them. "World Fair Trade Day" was initiated by Safia Minney, founder of People Tree, and adopted by IFAT and its members at the 2001 Full Meeting, to promote stronger global awareness of Fair Trade, and this day has been raising its profile ever since.

世界フェアトレード・デー2007  5月12日(土)

毎年5月第二土曜日は世界フェアトレード・デー、5月は世界フェアトレード月間です

今年のテーマは
「未来をつくるフェアトレード:Kids Need Fair Trade」!

世界から貧困をなくすために、立場の弱い人びとがものをつくり、仕事に見合った収入を得られるよう支援する─それがフェアトレードです。世界では、2億 1800万人の子どもたち(5歳から17歳まで)が大人と同じか、それ以上の仕事を強いられています(ILO2006年児童労働グローバル・レポートより)。また、一度も学校に行ったことのない子どもは世界で約1億人。子どもたちが貧しさゆえに働かなければならなかったり、学校に行けなかったりすることのないよう、まず大人たちに仕事が必要です。子どもたちのために、「未来をつくるフェアトレード」を!

「世界フェアトレード・デーの意義」
フェアトレードを推進するグループは世界中にあり、国際フェアトレード連盟(IFAT)を結成しています。IFATのメンバーは、
・フェアトレードを「実践する」ことを組織の使命としています。
・途上国の小規模な手工芸グループや農家組合などと直接取り引きし、技術支援や財政支援を  
提供すると同時に長期的な関係を築くことで現地の人々の生活を改善しています。
・ビジネスや政治の分野、一般の人々にフェアトレードへの関心を高めてもらうよう、さまざまなキャンペーンを行っています。
途上国の貧困をもたらしている原因のひとつに、貿易の不公正なルールがあります。一部の先進国に有利な貿易ルールによって、農産物の価格が不当に下落し、多くの途上国の小規模農民が貧困に追いやられています。途上国の人々が対等な立場で貿易に参加できるように政治やビジネスの場で働きかけることが重要です。
「世界フェアトレード・デー」では、IFATに加盟する世界中のフェアトレード団体が、各国で一斉にイベントやキャンペーンを行います。この世界的なイベントをきっかけに、一般の人々や企業、自治体がフェアトレードをサポートするよう広くよびかけていきます。今年は特に「子ども」に焦点をあて、世界でフェアトレードをアピールするキャンペーンを展開します。

--------------------------------------------------------------------

丸ビルで
イベントがあるので、見てこようと思います。その他の場所でのイベントはこちら
東京駅近辺に行かれる方は、ぜひのぞいてみてください。

『正しく時代に遅れるために 有栖川有栖エッセイ集』読了。

タイトルに惹かれて読んでみた。
有栖川有栖氏の作品(本格推理小説)、読んだことがないような気がする。

-------------------------------------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)
すべての人間は“六段階の距離”でつながっている!?ネット書店で著者がオススメされたものは…?日々の生活、映画、小説に隠れた謎。作家・有栖川有栖のことがもっとよくわかるエッセイ集。

正しく時代に遅れるために 有栖川有栖エッセイ集
正しく時代に遅れるために 有栖川有栖エッセイ集有栖川 有栖

講談社 2006-12-26
売り上げランキング : 137732
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『自己プレゼンの文章術』読了。

就職活動中の大学生ではありませんが、読んでみました。
著者は元博報堂の方でした。

以下メモ。
・「起・承・転・結」「序・破・急」
・体験のエキス化

--------------------------------------------------------

自己プレゼンの文章術
自己プレゼンの文章術森村 稔

筑摩書房 2007-02
売り上げランキング : 59138
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

UNICEF Monthly Support Programmeに申込み、マンスリーサポーターになりました。
月々、わずかな額ですが、クレジットカードから寄付します。
今日、ウェルカムキットが届きました。
 
プラン・ジャパンスポンサーでもあるし、今収入があまりないのに・・・とも思いましたが、ちょっとゴージャスに外食したら1度で吹き飛ぶ金額なので、そんなことに使うくらいなら寄付しようという結論に達しました。そんなに悩むことでもないか。

昔、友人が「俺は将来絶対大成功する。そのときには『XX(彼の名前)基金』を設立して、恵まれない人たちに寄付する。だから今は勘弁」と宣言していました。
その人には、是非そのとおりにしていただきたいと思います。
私は、将来大成功する予定はないので、今から寄付します。
自分の収入のせめて10%くらい寄付できるようになりたいな。そのためにはもう少し稼がねば。

パートナーが、Movable Typeを3.2から3.35にバージョンアップしてくれた。

『怒りの方法』読了。

私は滅多に怒らないのだが、それでいいのか?と自分に問いかけてみた。
「怒りは、生きるエネルギーにも、人間関係を変えていくきっかけにもなる」のは確かにそのとおりだと思う。
「怒る」前に、今の自分にはassertivenessがもっと必要だという気がした。
Assertivenessと言えば、アサーティブジャパンという団体がある。
みんなのアサーティブ日記」を読むと、ちょっとだけ励まされる。

後半は、在日女性コリアンとして生きてきた著者の体験が綴られていて、タイトルから連想する一般的な内容ではない。

---------------------------

出版社/著者からの内容紹介
うまく怒れないという悩みは意外に多い.だが,怒りは,生きるエネルギーにも,人間関係を変えていくきっかけにもなる.どうすれば,怒りの感情とうまく付き合って,それを効果的に相手に伝えられるのか.社会への怒りは,どう表現すればいいのか.怒り上手を自認する著者が,怒りの素を取り除く方法を,わかりやすく伝授する.


怒りの方法怒りの方法
辛 淑玉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日はゴーヤの日でした。
乗せられたつもりで、スーパーでゴーヤを購入してみました。
帰宅したパートナーが、ゴーヤチャンプルーを作ってくれました。
 
失敗写真しかありませんが、実際にはかなり美味しい一皿でした。豚肉入ってなかったのに♪

MTさんと、スポーツクラブの下見に出かける。
途中、タイトルが電工表示板(?)に表示されているのに遭遇。音が気に入った。
 
お目当てのスポーツクラブのうち、1つは休館日だった。出直すか?。

Henckelsのsteel soapを使ってみることにした。
でも最近料理していないので、効果が分からない?。パートナーに試してもらおう。

その他Henckels製品。あ、メインの包丁もだ。


今日から、義理の祖母に毎日葉書を書くことにした。

東京に戻ってきました。
大丈夫だろうと思って新幹線の指定席を買っていなかったのですが、京都駅で電光掲示板を見たら今日の指定席・グリーン席共に終日売り切れでした。
かろうじて残っていた自由席に座ることができました。
GWの混雑をなめてはいけませんね。

京都駅伊勢丹の10階にある拉麺小路の「すみれ」で塩ラーメンを食べました。味が濃かった。ねぎをトッピングしたら、何も見えないくらい大量に乗ってきた(笑)
 
すみれ池袋店があるらしい。なーんだ。

パートナーからもらった風邪がなかなか治らない。
つらいので、晩ご飯は食べずに早めに就寝。
早く治さなきゃ?。

今日は奈良駅近くのお寺など。
ちょっと出遅れた上に渋滞に巻き込まれる。普段なら20分で行けるところなのに、1時間半以上かかってやっと新薬師寺に到着。

以下、パンフレットより引用。

 新薬師寺は聖武天皇眼病平癒祈願の為、天平十九年(747)勅願により光明皇后によって建立され、新薬師寺の「新」は「あたらしい」ではなく「あらたかな」薬師寺という意味であります。
 当時東大寺と共に南都十大寺の一つに数えられ、四町四方の境内に七堂伽藍甍をならべ住する僧一千人と記録にあります。
三十三年後の宝亀十一年に西塔に落雷、瞬時にして炎上、現本堂のみが焼け残ったわけです。
 当時所蔵の重宝は建築、彫刻、絵画、工芸など各部門にわたって居り、時代も奈良時代より江戸時代にに及んでいます。
 春夏秋冬、桜よく萩よく、そのことさびた風情とともに憩いのひとときをお過ごしください。

SHIN-YAKUSHIJI TEMPLE
The Main Building

     Shin-Yakushiji Temple was founded in 747 by the Empress Komyo (701-760), the pious consort of the Emperor Shomu, in order to offer ardent prayers for the recovery of her Imperial husband from an eye affection from which he was suffering. As all other buildlings of the Tempyo Period (8th Century) have been destroyed by fire, this is the only buildling of that period in Japan kept in its original condition.
     The temple is a fine achievement in engineering. All the timbers are perfectly fixed together and not a single timber is useless; at the same time they have a decorative effect.
     In comparison with temples built at a later period in Japan )when the style had become adapted to Japanese conditions), this 8th Century building shows much more clearly the distant influence of classical Greek temple architecture.
     Many stylistic elements of Greek art reached the Far East along with Buddism.
     The Grecian sanctuaries built of stone have been destroyed with the lapse of time, so it is surprising that a wooden building of Grecian style has been in Japan.
     This temple is a priceless hereditary cultural treasure of our country.

The Main Buddha, Yakushi (薬師如来坐像)
     This is National Treasure, caved of one block of Kaya (Torreya) wood in the 8th Century.

The Twelve Divine Generals (十二神将)
     These twelve figures, standing in a circle around the main Buddha, were made of clay in the 8th Century.
     The leaf design which appears on the halo of the Main Buddha is a Greek motif, and the costumes of the Twelve Divine Generals look like those of Middle Eastern countries.
     This building of the 8th Century and the numerous Buddhist images enshrined here are all of the same age and are kept as National Treasures.
     Such a case is rare even in Japan, and that is the reason why Shin-Yakushiji Temple is one of the highest-class National Treasures.

-----<引用終わり>-----

「ことさびた風情」という表現、初めて聞きました。物は言い様だ。(いや、素敵なお寺だったんですよ。それは否定しない。)
おたま地蔵尊が見られるのかと思ってわくわくして行ってみたのに、「本日拝観中止」という意味不明な看板が。なめてます。


十二神将の中では、うま年の彼が一番ハンサムでした。

次は、白毫寺(びゃくごうじ)。「ながめのよい花のてら」だそうです。

以下パンフレットより引用。

 白毫寺は歴史に富み由緒ある仏像を蔵しています。四季を彩る花の中でも、五色椿や萩は有名です。奈良市街から二上山や葛城連峰まで見渡せる素晴らしい眺望に恵まれています。
 『万葉集』にも歌われる高円山の西麓に建つこの寺の草創は、天智天皇の皇子である志貴親王の山荘跡を寺としたものと伝えられています。
 鎌倉時代には、西大寺の叡尊により再興され、弟子の道照が請来した『宋版一切経』を経蔵に納めてから、「一切経寺」とも呼ばれました。
 室町時代に、兵火のため堂宇はすべて焼失しましたが、今に残る仏像は、当時その火から守られ難をのがれました。その後、江戸時代の寛永年間に、興福寺の学僧空慶上人によって復興されました。今は「心の憩いと祈りの寺」でありたいと願っています。

-----<引用終わり>-----

薄曇りで、あまり景色がきれいではなかったけれど、境内の新緑は美しく心洗われるものでした。

↓五色椿。

しかし、ここも観光資源を生かせていない・・・。あんな素晴らしい仏像の横に、掃除のバケツを置きっぱなしにしないで欲しい。境内にあったベンチの一部は、どう見ても近鉄電車のホームにあるベンチのおさがりだった。
奈良のお寺は全般的に、ぼーっとしていて、商売っ気がない。抜けている感じ。京都とは全然違う。

最後は、入江泰吉記念奈良市写真館へ。
入江泰吉氏(1905-1992)は、昭和から平成にかけて活躍した写真家で、奈良・大和路の仏像や風物の写真を数多く残しました。
開催されていた「一瞬の記憶」という展覧会で、彼の素晴らしい作品を堪能してきました。訪れたことのある寺院の写真もたくさんありましたが、彼のファインダーを通すとこんなに違って見えるものかと驚きました。
「自分にとって花を撮るということは、ピントグラスを通じて花を生けることである」という(うろ覚えです)彼の言葉が心に残りました。

展示を見終わったら、なぜかヘロヘロ。気分が急に悪くなり、頭痛もひどくなってきた。ワックスのせいか!?

祖父母をピックアップして、グランタミーでフランス料理をいただきました。ご馳走様でした!

本日の成果。

昨日遠出をしたので、今日は近所のお寺へ。

まずは慈光院
以下、パンフレットより引用。
 慈光院は、寛文三年(1663)当地の大名であった片桐石見守貞昌(石州)が、大徳寺百八十五世玉船宗璠(大徹明慶禅師)を開山に迎え、父貞隆(慈光院殿雪庭宗立居士)の菩提寺として自分の領地内に建立した臨済宗大徳寺派の寺院である。
 片桐石州の説いた茶の教えは武士の間へと広がってゆき、徳川四代将軍の家綱をはじめ各地の大名が多く学ぶようになって、石州は茶人としての名を残すこととなる。
 それゆえ慈光院自体も荘厳な雰囲気のものではなく、境内全体が一つの茶席の風情になるよう考えられており、表の門や玄関までの道、座敷や庭園、そして露地を通って小間の席という茶の湯で人を招く場合に必要な一揃えの物が石州の演出そのままに残されている。
 現在このように一人の茶人の総合的な演出を、三百年以上の歳月を超えて目にすることができるという意味では全国的にみても大変貴重な場所となっている。

JIKOIN-ZEN-TEMPLE
Jikoin was founded in 1663 by Seikishu Katagiri to pray for the hapiness of his father's departed soul. Sekishu katagiri was a feudal lord of this area. He has received instruction from Priest Gyokushitsu of Daitokuji temple and had mastered the way of Zen Buddhism and Tea ceremony, in which he put his "Beauty of Wabi" theory into practice. Passin on the "Arare" pavement through the "Ibaraki-mon" gate one can easily find a country-styled drawing room. In front of the drawing room there is an excellent garden which is famous for its grand shrubbery. A larger view of the Yamato plain and hills is beautifully contrasted with main temple, tea room, drawing room, trees, stones, and grass. The whole of this temple is the place to entertain a guest with the tea ceremony. It is rare that the whole of the necessary place for the tea ceremony is left at present.

-----<引用終わり>-----
 

住職さんと話しつつ、お茶をいただきました。
英語版ホームページで使われている"intimate space"という表現は、以前父が友人のアメリカ人を連れてきた際に住職さんと議論の末考えた表現らしい。
お茶を習いませんかと誘っていただきました。昔少しだけ茶道をかじったことがある(裏)ので、また始めてみようかな。石州流は、家元制度がないらしいし。
全日本石州流茶道協会のホームページを見たけど、どこに行けばいいのかいまいち分からない・・・。 

次は、法起寺
聖徳太子ゆかりのお寺で、推古十四年(606)に聖徳太子が法華経を講説されたという岡本宮を寺に改めたものと伝え、法隆寺、四天王寺、中宮寺などとともに太子建立七ヵ寺の一つに数えられているそうです。

現存する日本最古の三重塔は、趣があってずっと見ていても飽きないものでした。
母は、黄色い花が好きらしい。ちなみにこれは「えにしだ」という植物らしい。
法起寺は世界文化遺産に指定されているのに、手入れが適当(に見えた)。まともな説明の看板すらないし、草ぼうぼう。それはそれで、素朴で良い気もしますが、これでは人は呼べないだろうなと思いました。実際、空いていました。

最後は法輪寺
このお寺も聖徳太子ゆかりのもの。聖徳太子の御子山背大兄王が太子の病気平癒を願ってその子由義王とともに建立されたと伝えられています。
このお寺の三重塔は、斑鳩三塔の一つとして親しまれてきた国宝だったのに、1944年に落雷で焼失してしまいました。全焼のため国宝指定が解除となり、戦後の混乱期、高度経済成長による物価高騰の期間を通じて、全くの独力で再建されたそうです。気の毒だ…。
新しい三重塔は、先ほど見たのに比べると迫力ないな?と思っていたら、このお寺は仏像が素晴らしかった! 重要文化財の薬師如来坐像は、何ともいえない不思議な表情。十一面観音も迫力があって良かった。
北辰(北極星)を神格化した北辰尊星王(妙見菩薩)が祀られた妙見堂という建物がありました。天井全体に星曼荼羅が描かれているらしく、ものすごく見たかったのですが、年に一度、4月15日にしか開帳されないようでした。
ここも観光資源を生かせてない感じがしました。飛鳥時代からの貴重な仏像があんなにたくさんあるのに、展示がぎゅうぎゅう詰めでした。もったいない。


おもしろいポスター。


帰宅して、直売所で買ったイチゴをいただきました。
 
本日の成果。

パートナーの体調が復活したので、比叡山延暦寺まで足を伸ばしました。
京都駅からシャトルバスで約1時間。琵琶湖を横目で見つつ、どんどん山を登っていきます。最後の峠道で、久しぶりに車酔い。

延暦寺は、東塔、西塔、横川(よかわ)という3つの地域に分かれており、それら3エリアの中にある大小の建物を総称が「比叡山延暦寺」なのだそうです。


土産物屋で、納経帳(720円也。高い)を購入して、朱印をいただくことにしました。窓口で「ご朱印ください」とお願いして書いていただきます。ちょっとだけ、スタンプラリーの気分。

皆さん達筆! 「忘れちゃったらもう読めない!」のもある・・・。

延暦寺は「日本仏教の母山」と呼ばれていて、今でも実際に修行が行われています。修行道場は立ち入り禁止でした。
ゴミ一つ、落ち葉一つなく掃き清められた庭や参道を見ていると、清々しい気持ちがするのとともに、身が引き締まる感じがします。京都の観光名所などと違って、掃除をしている人には一度も会いませんでした。きっと朝早くお掃除しているのでしょう。

一泊して精進料理をいただきたい気分でしたが、 そういう訳にもいかず下山しました。
比叡山延暦寺、雪の季節にもう一度来てみたいな。

久しぶりに、帰省しています。

今日は大雨でした。夕方には止み、青空が広がりました。

パートナーが、珍しく風邪をひいて完全にダウン。
母と語りつつ、妹のブログをアップデートしたりしました。

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、May 2007に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはApril 2007です。

次のアーカイブはJune 2007です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。