May 2008アーカイブ

 母校の東京同窓会に、数年ぶりに参加しました。同学年のIくんとMくんに会えて、しばし感動。だって卒業以来でしたから。それ以外にも、1つ上の先輩との再会があり、懐かしい名前をたくさん聞くことができました。大学生から90歳の方まで、幅広い年齢層が参加していて、コミュニケーションって楽しい!とワクワクする会でした。

 もうとっくに忘れたと思っていたのに、すらすら口から出てくる校歌。確か、山口誓子の作詞なのです。

 36年卒の原宜一さん(宇宙航空研究開発機構)の講演も面白かったのですが、何と言っても嬉しかったのは、『アフリカの大地から』を読んで会いたいと思っていた元駐ケニア特命全権大使の宮村 智さんにお目にかかれたこと。会いたいと願っていた人に、最後の最後に会えて、舞い上がりました。日頃の行いの良さかな?♪

アフリカ開発会議(TICAD)が始まりました。初日の今日、TICAD公式プログラムである市民社会セッションが、パシフィコ横浜にて開催されました。「アフリカ開発のための市民社会と政府との対話 ?新しい時代にTICADはどう変わるべきか??」と題されたこのセッションは、TICAD IV・NGOネットワーク (TNnet、アフリカ地域で活動を実施してきた日本のアフリカ関係NGO43団体のネットワーク)によって開催され、TICAD IV参加者、民間アフリカ協力者、著名人、メディア、NGO・国際機関関係者約120名が参加しました。
ワールド・スイム・アゲンスト・マラリア日本事務局も、オフィシャル・サポーターである田中雅美さん、萩原智子さんと共に参加してきました。


第2部の「パネル・ディスカッション ?市民社会との対話?」に出席されたU2のボノさん。左端は、モザンビーク共和国元大統領 (H. E. Mr. Joaquim CHISSANO)
 
ウィスパリングしながらも、生ボノをずっとガン見してました。カッコイイ?!!!
ミレニアム開発目標を設定したのはパラダイムシフトだった。計画どおりに実施できていないことが問題である」と言ってました。日本が過去の約束をすべて果たしていることを評価していました。彼は継続的に活動を続けていて、素晴らしいと思います。言葉にも力があるし・・・。
Roll Back Malaria親善大使のMs. Yvonne CHAKACHAKAのスピーチと歌も、マラリア撲滅への決意と情熱に溢れた素晴らしいものでした。自分も含め、涙目になってる人が大勢いました。

アドゴニーさん。ここ3週間ほど、アフリカ関連のイベントで毎週会ってる気がする(笑)
 

その他会場の様子。


アクセスパス。


残念ながら、市民社会セッション中に発言する機会はありませんでしたが、朝日新聞が田中雅美さんと萩原智子さんを取材してくださいました。明日(5月28日)のスポーツ面に記事が掲載される予定です。

『アフリカの大地から』読了。

 淡々とした的確な文章で、ケニアをはじめとするアフリカの国々の魅力を伝えてくれる本。淡々としているのに、著者の温かい人柄と知性を感じさせる文章に惹きつけられる。俄然ケニアに行きたくなった。大使の仕事の内容にも少しふれられていて興味深い。
 元ケニア大使(元駐ケニア日本大使というべきかな?)の宮村智さんは、高校の大先輩でいらっしゃることが判明。今度の同窓会で会えないかな?。


内容紹介
ノーベル平和賞ワンガリ・マータイさんも推薦! 元ケニア大使が3年間の駐在生活でつづったアフリカの魅力を伝える入門書。カラー写真も多数掲載。


アフリカの大地からアフリカの大地から
宮村 智


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いつのまにか市会議員になっていた友人がいます。彼の後援会に対する報告会を兼ねたガーデンパーティで、ワールド・スイム・アゲンスト・マラリアの募金活動をさせていただきました。

横浜市指定有形文化財となっている素敵な住宅とお庭。
 

藤棚の下に並べてみました。


小さなお子さんからお年寄りまで、大勢の人に楽しんでもらえるよう、バルーンアートの大道芸人さんや、マジシャンのお兄さんも招待されていました。

そして、何と彼らが受け取ったチップも、すべてWSMに寄付してくださいました。合計84,243円。全額、ジャパンオープン2008のスイムに寄付させていただきました。
http://www.WorldSwimAgainstMalaria.com/JapanOpen2008

このような機会を与えてくださったIさん、度肝を抜くマジックで集めたチップを全額寄付してくださったマジシャンのYさん、本当にありがとうございました。

アフリカ2008キャンペーン主催のRun for Africaが、日産スタジアムで開催されました。
スタッフとして、お手伝いさせていただきました。


先頭集団のランナー。


駐日ケニア大使と駐日ルワンダ大使。


ダグラス・ワキウリさん。


表彰式の様子。有森裕子さんアドゴニー・ロロさん、吉田先生、ダグラス・ワキウリさんら。


記念撮影。
 

スポーツを通じてアフリカに興味を持つ。ストレートで分かりやすく、垣根も低いと実感しました。

早稲田大学の近くにある工事中のマンションです。

包帯クラブ』の一場面を思い出しました。
映画は好きだったので、原作も読みたいです。

African Festaに出展していたTICAD市民社会フォーラムのブースで、お手伝いをさせていただきました。

恐ろしい日焼けをしてしまいました。
泊めてくれたBに、大変感謝しています。ありがとう!おかげさまで、ヘブンリーベッドで朝までゆっくり寝られました。

『もっとなりたい自分になる100の方法―ココロとカラダを磨いて』読了。

内容(「BOOK」データベースより)
「なりたい自分」になるためには心だけでも体だけでも完全ではありません。あなたを内側から外側から変えていく新しい方法を“すぐにできること”から “ちょっとハードルが高いこと”まで難易度別に紹介。もっときれいなあなたともっと楽しい毎日のためのヒントが詰まった一冊。「試してみようかな」と思った瞬間、あなたは変わり始めている。


もっとなりたい自分になる100の方法―ココロとカラダを磨いて (幻冬舎文庫)もっとなりたい自分になる100の方法―ココロとカラダを磨いて (幻冬舎文庫)
中山 庸子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クマテツの白鳥の湖を観ました。前から4列目、かぶりつき♪
クマテツの復活ぶりも見事でしたし、舞台衣装や舞台装置の色遣いが素晴らしかったです。

TAKE ACTION! 2008 をご存じですか?
「TAKE ACTION! 2008」の目的は、「地球の声を、一億人に」をテーマに皆さんに地球の現状を知ってもらい、身近な+1(プラス・ワン)の行動を促すことです(ウェブサイトより)。
トップページの中田英寿氏のメッセージ「なにかできること、ひとつ。」は、シンプルで共感できるものです。ぜひ一度サイトを見てみてください。

マラリアとそれを予防するための蚊帳に、中田英寿氏もフォーカスしているそうです。
そんなこともあり、今日は株式会社サニーサイドアップに行ってきました。

『なりたい自分になる100の方法―今日からできる』読了。

100もあったら覚えられません…。


内容(「BOOK」データベースより)
「今の自分」が好きですか?おしゃれ・仕事・お金・パートナー探し。昨日と今日とすることが同じでは、明日のあなたは変わりません。すぐに始められるのに、確実にあなたを変えていく小さな100の心がけ。


なりたい自分になる100の方法―今日からできるなりたい自分になる100の方法―今日からできる
中山 庸子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パスポートを切り換えました。
今度のはICチップ入りらしいです。

10年パスポートなのに、やむを得ずまたもやヘンテコな写真を使ってしまいました。

『自分のための人生―いま、賢明に生きていますか』読了。

ここ半年間程、無意識のうちに繰り返していた後悔を、やっと断ち切れた。

------------------------以下引用。------------------------

P. 37
いわゆる知能を測定するためのよりいっそう確かなバロメーターは、一日一日を、そしてさらに一日のうちの一瞬一瞬を、効果的に幸せに送っているかということなのである。

P. 51
ここで大切なのは、幸福を選ぶ、あるいは、少なくとも人生のいついかなるときでも不幸を選ばないという自分自身の能力である。

P. 75
「疲れた」「気分がすぐれない」ーーこの二つは不平の中でも最低である。

P. 107
グスタフ・イシュハイザーは『外観と本質』で次のように延べ、この点を明らかにしている。
「……互いに理解し合っていない人たちが、自分たちはお互いを理解していないということだけでもわかっていれば、互いに理解し合わず、しかも理解し合ってさえいないということさえわからないときよりは、お互いをよく知っていると言える」

P. 127
そんなときにできることはただ一つしかない。学ぶことだ。どうして世界が動いていくのか、何が世界を動かすのかを学ぶのだ。精神が倦むことなく、仲たがいすることもなく、苦しめられず、恐れも疑いもせず、後悔など想像もしない。学ぶとはそういうものなのだ。
 学ぶことこそお前にふさわしい。見るがいい。学ぶべきことがどんなにたくさなるか。唯一の純粋さがそこにはある。

P. 161
やりたいことなら何をやってもよいのだ。理由は一つ、やりたいからやるのだ。他に理由はない。

P. 170
あなただけでなく人間は誰だって、完璧にベストを尽くしてなどいない。必ず向上の余地は残っているものなのだ。完全性は人間の属性ではないのだから。

------------------------引用終わり。------------------------

内容(「MARC」データベースより)
人間だれしも自分の人生、生き方に思い惑うものだが、この本ほど今の自分の大切さ、今日という日の大事さを教えてくれるものはない。今日一日、人生に真剣に取り組む人への"最高の贈り物"。全世界1250万部突破の記録的大ベストセラー。


自分のための人生―いま、賢明に生きていますか
4837954820
ウエイン・W. ダイアー Wayne W. Dyer 渡部 昇一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『人生の成功とは何か 最期の一瞬に問われるもの』読了。

生ぬるい迷いの中で生きている私には、読むだけで辛くなる箇所が多かった。最後まできちんと読むことが出来て、安堵のため息をついた。
今を生き切ること。チョプラ博士も言ってるよな?。

田坂広志氏のウェブサイト


内容(「BOOK」データベースより)
「勝者の思想」「達成の思想」「成長の思想」。それは、我々の心の中に、同時に存在している思想です。そして、年月をかけて、成熟し、深化していく思想です。それは、あたかも、階段を、一段、一段と、深みに降りていくように、我々が人生において、年齢と経験を重ねるにしたがって、一つの思想から、もう一つの思想へと成熟し、さらにもう一つの思想へと深化していくものです。

人生の成功とは何か 最期の一瞬に問われるもの人生の成功とは何か 最期の一瞬に問われるもの
田坂 広志


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

毎月恒例となったM氏宅でのMovie Day、今回はちゃんと出席できました。
観たのは、『Blood Diamond』と『Priscilla』。
もうダイヤモンドは買いません?。

M氏宅は相変わらず居心地が良く、時間を忘れて、『プリシラ』を2回も観てしまいました。

M子さんの仙台土産♪

5月7日から、ユニセフが、ミャンマー サイクロン緊急募金を始めたようです。
↓ミャンマー サイクロン緊急募金のページ
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/myanmar/2008.htm

2008年5月から7月の間に、820万米ドルの資金が必要となるそうです。
募金は、郵便振替、クレジットカード、コンビニの他、三井住友銀行、イーバンク銀行、ジャパンネット銀行の専用口座から振り込むこともできるそうです。

『朗読者』読了。

読み始めたら止まらなくて、一気に最後まで読んでしまいました。
気づいたら深夜で、そうでなくても短い睡眠時間を削ってしまいましたが、その価値は十分ありました。
なかなか読めなかったことが悔やまれるほど、強烈なインパクトを残す本です。
私にはとうてい理解できないハンナの苦しみと葛藤に、読後しばらく呆然としました。

P. 206より引用
 いずれにせよ、物語についてぼくが考えるのは以上のようなことだ。傷ついているとき、かつての傷心の思い出が再びよみがえってくることがある。自責の念にかられるときにはかつての罪悪感があこがれやなつかしさに浸るときにはかつての憧憬や郷愁が。ぼくたちの人生は何層にも重なっていて、以前経験したことが、成し終えられ片が付いたものとしてではなく、現在進行中の生き生きしたものとして後の体験の中に見いだされることもある。ぼくにはそのことが充分理解できる。にもかかwらず、ときにはそれが耐え難く思えるのだ。ぼくはやっぱり、自由になるために物語を書いたのかもしれない。自由にはけっして手が届かないとしても。


内容(「BOOK」データベースより)
学校の帰りに気分が悪くなった15歳のミヒャエルは、母親のような年の女性ハンナに介抱してもらい、それがきっかけで恋に落ちる。そして彼女の求めに応じて本を朗読して聞かせるようになる。ところがある日、一言の説明もなしに彼女は突然、失踪してしまう。彼女が隠していたいまわしい秘密とは何だったのか…。数々の賛辞に迎えられて、ドイツでの刊行後5年間で、20以上の言語に翻訳され、アメリカでは200万部を超える大ベストセラーになった傑作。


朗読者 (新潮クレスト・ブックス)朗読者 (新潮クレスト・ブックス)
ベルンハルト シュリンク Bernhard Schlink 松永 美穂


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『ブスの瞳に恋してる 2』を読んだ。

どうしてこの本を読むことにしたのか、思い出せない。
ところどころ爆笑させていただいたが、わざわざ購入して読む価値はないと思う。


内容(「BOOK」データベースより)
交際期間0日で結婚した放送作家・鈴木おさむと、森三中・大島美幸。さらにパワーアップして、今回は“チョイ泣き”も期待できる、爆笑夫婦愛の物語、第二弾。POPEYE連載に加え、今回は書き下ろしも多数収録。

ブスの瞳に恋してる 2ブスの瞳に恋してる 2
鈴木 おさむ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 』読了。

恩師はまぞおさんに薦めていただいた本。
Windows開発秘話が面白い。その部分だけでも読む価値あり。


出版社 / 著者からの内容紹介
熱烈ファンを生む組織とモノの作り方

なぜiPodやiPhoneは日本で生まれないのか?マイクロソフトでWindows、Internet Explorerを開発した伝説の日本人が、企業経営の裏側を斬る!西村博之氏・古川享氏・梅田望夫氏との対談も収録。


おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)
中島 聡


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

GW最終日。
東調布公園プールで、WSMのノベルティ販売をしてきました。

中村真衣さん、体調が悪かったそうですが、おちゃめでパワフルで、ラブリーな方でした。

馬車道のBankART1929で開催されている、『アフリカ希望の大地』という写真展を見てきた。
 

付き合ってくれたBに感謝!

チャン・イーモウ監督の『王妃の紋章 (Curse of the Golden Flower)』を観ました。
豪華絢爛。
スケールの大きさ圧倒されっぱなしでした。

エンディング・テーマは歌詞もメロディも美しく、ストーリーのドロドロさ加減と対照的で、余計に悲しくなりました。
2006年に公開された作品だったことを、後で知りました。

2007年12月10日に、StuttgartのWilhelma Zooで生まれたシロクマのWilbär。

Knutとは違って、母親のCorrinaが育児放棄していないので、写真やビデオは少なくなりそうとのこと。
ここ(Youtube)ここ(National Geographic News)をクリックすると、ビデオも見られます。
シロクマの赤ちゃんは、黒目がちで、足がぶっとくって、毛が密集していて、無条件に可愛いと思う。昔飼ってた子犬の木蓮にそっくり。
Flockeもラブリー。
シロクマが絶滅しないよう、やっぱり待機電源も切ろう。

'Wilbär'は、'Wilhelma' (動物園の名前)と、ドイツ語で熊を意味する'bär'をくっつけた造語。
Knutのときのような、'big money'に興味がないと動物園関係者は言ってるそうですが、それならなぜ'Wilbär'を商標登録したのでしょうか。
まあ何はともあれ、無事にすくすく育って欲しいものです。チャンスがあれば、見に行くぜ。

写真は、すべてWilhelma Zooのウェブサイト上にあります。
   

モザンビーク大使公邸での食事会に、スタッフ兼通訳としてお邪魔した。
久しぶりに通訳したら、思ったように英語が出てこなくてしょんぼり。ブランクは想像以上に大きかった。
そして、ポルトガル語は一言も理解できず。当然のことだが、ちょっと悔しい。
お料理はどれも美味しくて、アフリカ料理(ってひとくくりにしてる時点でどうかと思うが)に対する偏見が日々崩れていくのを感じる。
大使夫人の発想がクリエイティブで、勝手に感心した。
参加者の皆さまが、大使関係者の方々とコミュニケーションを取る際に少しでも役に立てたのであれば、光栄だ。

ディナーの後は、急いで六本木ヒルズに移動。1時間半も遅刻したのに、相手は笑って許してくれた。
51階から見た東京タワーは、霧に煙っていてけだるい感じだった。

神楽坂にあるアフリカ料理のお店、Tribes
私は最近になって知ったが、アフリカ関係者の間ではかなり有名なお店らしい。

 
ベジなので、食べられるメニューが限定されるのが残念。
ビール1つ取っても、いろいろな種類があって選ぶのが楽しい。今日飲んだバナナのビールは甘くてカクテルのようだった。

石川さん、これからもお世話になります。

Tribes
住所: 東京都新宿区若宮町10-7
電話:03-3235-9966
営業時間 : 18:00-24:00 (L.O. 23:00)
定休日 : 日曜・祝日

数年ぶりに『オール讀物』を買いました。
お目当ては、井本直歩子さんの記事。
鈴木大地さんに関する吉井妙子氏の記事は熟読しました。面白かった?。
恩田陸氏の連載も迫力満点。

オール讀物 2008年 05月号 [雑誌]オール讀物 2008年 05月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、May 2008に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはApril 2008です。

次のアーカイブはJune 2008です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。