December 2008アーカイブ

年越し

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008年もあと1時間ほどで終わります。2007年もいろいろありましたが、2008年も激動の1年でした。東京から引っ越したり、仕事を変えたり、大学院を受験したり、下訳に関わらせていただいた本が出版されたり、その他諸々。来年も変化を楽しむ年にしたいと思います。

今年1年間、支えてくださった皆さまに、心から感謝しています。本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

今日は、妹のカレシがカルボナーラ(イタリアンベーコン抜き)をランチに作ってくれました。あっさりめで美味しかったです。料理の出来るカレシ、素敵♪
20081231_125327_000 

年末にMontanaのhost familyから届いたsweet corn。
20081230_215129_000


それでは、近所のお寺に除夜の鐘をつきに行ってきまーす♪


『白虹―グイン・サーガ(26) (ARCUS ALBULUS)』を読みました。
広辞苑第五版によると、白虹(はっこう)とは、白色に見える虹(にじ)。霧の中などに現れるもの。また、月虹(げつこう)のこと、だそうです。作者は、史記の「白虹日を貫く」([史記鄒陽伝]白い虹が太陽をつらぬくことで、中国で昔、国に兵乱のある凶兆とされた。白虹は兵の象、日は君主の象。)からこのタイトルをつけたそうです。なるほどね。

内容(「BOOK」データベースより)
パロ‐モンゴールの戦いの渦中に突如現れた豹頭人身の超戦士グイン。彼の出現はパロ王の遺児リンダとレムスの、野望に燃えるイシュトヴァーンの、そればかりか全中原の運命すら大きく変えていくのだった。そしていま、彼は北の大国ケイロニアの千竜長としてユラニアとの国境紛争に赴くが…人々の運命を、国々の興亡を描く全100巻の未曽有の大河ロマン!

白虹―グイン・サーガ(26)
栗本 薫
4150302359 

やっと年賀状を終わらせました。プライベートの分は25日までに全部終わって投函していたのですが、仕事関係の方が遅々として進まず・・・。260通くらい、さくーっと終わると思ったのに。
20081230_164223_000


『パロのワルツ―グイン・サーガ(25) (PATTERNS IN PARROS)』を読みました。
スカールとナリスの戦い、なぜか微笑ましい。

内容(「BOOK」データベースより)
中原の華と謳われたパロと新興モンゴールの戦いの渦中に突如あらわれた豹頭人身の超戦士グイン。ひとたびはパロの遺児リンダとレムスを助けた彼は、いまは北の大国ケイロニアの千竜長として辺境の戦場に―。一方、ノスフェラスの秘密を解明せんとした草原の風雲児スカールは、病を得てパロに身を寄せるが…。数多の人々の運命を描く未曾有の大河ロマン第25巻!

パロのワルツ―グイン・サーガ(25)
栗本 薫
4150302308 


今日は、午後から京都へ。伏見稲荷大社(←いきなり音が出ます)に初めて行きました。

狛犬のかわりに狐。
20081230_154718_000 
絵馬も狐の顔。
20081230_155951_000 
延々続く鳥居は、昼間でも幻想的。
20081230_155640_000 
何か、3年前にCentral Parkで見た”The Gates”にちょっと似ている・・・。
20050222064054-2 
 
のんびりしていたら時間がなくなってしまい、予定していた他の神社仏閣には行けず。
三条通を散策し、お土産を買って、20時頃帰路につきました。

やっとこさ『赤い街道の盗賊―グイン・サーガ(24) THE HENNA HIGHWAY HORDE』を読みました。
スカールとリー・ファがかわいそ過ぎ。イシュトヴァーン、ひど過ぎ。恨まれるよ・・・。


内容(「BOOK」データベースより)

一介の傭兵としてケイロニア入りをしたグインは、皇帝暗殺の陰謀を未然に防いだ功により一軍を任され、おりしも陰謀にからみ不穏な動きのあるユラニア国境へと派遣された。しかし、ユラニア軍とおぼしき敵はいっかな正体を現そうとせず、膠着状態のまま味方の士気はさがるばかりだったが…。一方、病に倒れたスカールは、草原への遥かな道のりを、緊迫する中原の状勢に警備の厳しい国々を秘かに通り抜けていくのだったが、なぜか彼は友邦パロへ行くことは、かたくなに拒みつづけるのだった―新たな運命の転回点に立つ人々の運命の行方は!?

赤い街道の盗賊―グイン・サーガ(24)
栗本 薫
4150302197

今日は、黒門市場へ年末の買い物に行きました。人並みにもまれ、大量の虎河豚に圧倒され、ヘロヘロになりました。もうフグは食べられない気がします。
直帰するには時間があったので、ケーブルカーに乗って宝山寺にお参りしてきました。

ミケ。
20081229_171608_000 

いい感じに寂れている宝山寺
20081229_170812_000 20081229_170717_000


短い本なのに、何度読んでもはっとさせられる箇所があります。

From Library Journal
Teilhard de Chardin said, "We are spiritual beings having a human experience." Chopra builds on this powerful thought in this recording that expands his life's work in spiritual approaches to daily living. He explains the laws of pure potentiality, giving, karma, least effort, intention and desire, detachment, and dharma and includes useful suggestions on how to apply these fundamental, natural principles if one is truly searching for purpose and a satisfying life. Ancient Vedic concepts form the basis of this philosophy of living that transcends the Eurocentric theological dogma that seems to preoccupy Western thought, especially among Americans. With Chopra's rapidly growing adherents and his appearance on the glib talk shows, look for this new release to attract attention. The recording, read by the author, is also available in book form (Amber-Allen Pub., 1995), which may appeal to those listeners willing to do the hard work required to successfully implement these principles. For all public libraries.?Dale Farris, Groves, Tex.
Copyright 1995 Reed Business Information, Inc.

出版社/著者からの内容紹介
あなたの夢と願望は、宇宙の法則にアクセスすることで実現する。米国のスピリチュアルリーダーとして名高い著者による成功哲学の真髄。
解説:精神的豊かさと経済的な豊かさは、しばしば対立するものと思われている。成功のためには、多かれ少なかれ汚いことをする、清らかに生きるとは貧しくなければならない、と多くの人が考えてはいないか。しかし本書の著者、D・チョプラはそうではないと語る。本書は、そのための理論と実践を説いたスピリチュアルな書である。
著者はインド出身のアーユルヴェーダの医者であり、米国では著名な人物。彼の教えは、古代インド哲学、量子物理学、システム科学に基づいている。とはいえ、決して難解なことを唱えているのではない。実用的な7つのメンタルトレーニング法を教えている。
(1)宇宙のあらゆる可能性を秘めた力を感じる (2)受け取ることより与えること (3)すべての出来事は原因と結果がある (4)自然の法則に従う (5)明確な目的と夢を持つ (6)結果へのこだわりを捨てる (7)自分にしかできないことに気づく等々。
30カ国で翻訳された勇気づけのバイブルである。


The Seven Spiritual Laws of Success: A Practical Guide to the Fulfillment of Your Dreams
Deepak Chopra
1878424114

真ん中の妹は、昨夜遅く到着しました。成田→関空間のフライトも遅れ、最終電車にまったく間に合わなかったため、両親が車で迎えに行きました。
今日は、家族全員+一番下の妹のカレシでcheese lunchを食べ、買い物をし、お鮨を食べ、ライトアップされた興福寺周辺を散策したりしました。

興福寺。この写真だとあっさりしてますが、国宝です。 
20081228_200351_000

猿沢池。昼間だと、岩の上で何匹もの亀が甲羅干しをしています。夜は亀も寝てるのかな。  
20081228_195520_000

一番下の妹とそのBFが、今朝ローマから到着しました。
お土産の一部。Lavenderの蜂蜜(中央)なんて初めて!
20081227_182408_000

イタリアのお菓子。チーズの写真撮るの忘れた。
 20081227_182456_000

以前ベルリンで買った指輪に合わせて選んでくれたピアス。
20081227_155930_000

真ん中の妹も、今夜早い時刻にバンクーバーから帰ってくるはずだったのですが、雪でフライトが遅れたらしく、先ほど成田から関空に到着した模様。日付が変わる前には帰ってこられなさそうです。

EMさんからいただいたChristmas card。
081221_Eri2

KSさんからいただいたThank You card。
081228_KS1

ポニョのモデルはオフィーリアだったとは!

内容(「BOOK」データベースより)
「この会社は毎日何が起こるかわからないから、ほんとに楽しい」。高畑勲・宮崎駿の両監督はじめ、異能の人々が集まるジブリでは、日々思いもかけない出来事の連続。だがその日常にこそ「今」という時代があり、作品の芽がある―「好きなものを好きなように」作りつづけてきた創造の現場を、世界のジブリ・プロデューサーが語る。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
鈴木 敏夫
1948年名古屋市生まれ。1972年慶應義塾大学文学部卒業、徳間書店入社。『アニメージュ』編集部を経て、『風の谷のナウシカ』を機に映画制作へ。1989年よりスタジオジブリ専従、プロデューサーとして『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』など、大ヒット作を次々に生みだす。現在、スタジオジブリ・代表取締役プロデューサー。

仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書)
鈴木 敏夫
4004311438


ずっとマーケ畑でキャリアを積んでいる友人が「面白いよ」と教えてくれました。結婚相手を探す際、自分自身を商品に見立て、きちんとターゲットを考えてセルフブランディングするのは理にかなっていますね。私の場合、相手に対して望んでいる条件がたくさんあり過ぎることに気づきましたw

内容紹介
某外資系メーカーのマーケティングのプロ32歳。仕事は充実、恋愛は不毛…の長年の負け犬生活を経て、「結婚マーケティング論」確立。「年内結婚宣言!」ののち、8ヶ月後にゴールイン! 『電撃結婚ノススメ』は、「WHO WHAT HOW」、「ブランディング」、「ターゲティング」など、マーケティングの用語を用いた異色の結婚指南本。未婚率も、女性の労働力率もどんどん上がっていく今、女の幸せは一体どこに? そんな今だからこそ、戦略的に恋愛→結婚を手にし、開運へ導いてくれる実践的ノウハウが有効! 年齢問わず、結婚を意識しているすべての”結婚適齢期”の女性に捧げます。
☆「結婚マーケティング」の極意
「結婚するための恋愛」には、情動的な「恋愛脳」はNG。仕事で使う「戦略脳」を恋愛に適用しよう!
☆「結婚マーケティング」の一部
・ただの「結婚願望」では意味がない! 期限付きの「結婚目標」を設定!
・マーケティングの基本原則「WHO WHAT HOW」を恋愛に適用!
・自分自身を商品に見立てて、セルフブランディング!
・ターゲティングで”運命の男”を見極める!
・相手から「付き合ってください」「結婚してください」を引き出す、コミットメントの技術
etc…結婚マーケティングで、あなたがあなたらしく居られて、今以上に幸せになれる開運婚を掴もう!

内容(「BOOK」データベースより)
“婚活”時代の今だから、必要なのは結婚マーケティング“婚マーケ”!某外資系メーカーのマーケティングのプロ32歳♀。仕事は充実、恋愛は不毛…の長年の負け犬生活を経て、「結婚マーケティング」論確立。「年内結婚宣言!」ののち、8ヶ月後にゴールイン!その後、周囲もビックリの開運ライフ続行中。



電撃結婚ノススメ 結婚マーケティングで8ヶ月以内に開運婚を掴む方法
杉浦 里多
4838719221

年内に教習所に通うのは、今日が最後でした。セット教習で、危険予測ディスカッションをしました。人に運転を見られていると思うと、緊張します?(笑)
夕方、大阪でアルバイト(?)の2次試験を受けてきました。消耗した?。

大阪・通天閣で年の瀬恒例、干支の引き継ぎ式
http://sankei.jp.msn.com/photos/life/trend/081226/trd0812261122009-p1.htm

牛の頭の上に乗ってるネズミ、かわいいです。写真は上記URLよりコピペしました。
trd0812261122009-p1
以下、記事よりコピペ。
<引用ここから>
ネズミ側は世界的金融不安や日本政治の混迷に触れ、「袋のネズミ状態で正月を迎えることになり、衷(チュウ)心よりおわびいたしマウス」と反省の弁。これに対し牛側は「課題でギュウギュウですが、明るい社会を目指すことを申(モー)しあげます」と話していた。
<引用終わり>
この言葉は、いったい誰が考えたんだろう。

クマテツからのgreeting card
20081227_Kumatetsu

最近お気に入りの梅 佳代氏の最新作品集。大好きなおじいちゃんの写真を中心に構成されています。
これぞ、日本の田舎、という風景がいっぱい。「スイカ忘れ事件」の写真が一番面白い。和服で正装(?)してるのにETのかぶりもの(USJで売ってるもの)を真顔でかぶってる写真とか。抱腹絶倒です。じいちゃんさま、レベル高すぎ。

じいちゃんさま
梅 佳代
4898152392


今日は路上駐車の練習をしました。教習生2人+指導員さんの3人でお出かけです。他の人の運転を見る機会はあまりないので、面白かったです。その後シミュレーターで危険予測のお勉強。一度も接触せず、誰も殺さずに目的地に着けたけど、やっぱり道路は危険がいっぱいです?。あー、心臓に悪かった。

ベルリンのKaDeWeのクリスマス・デコレーション。今年は動物がテーマらしい。
20081106_184454_000 20081106_184331_000 20081106_184403_000 20081106_184308_000 20081106_184427_000 20081106_184544_000

初めて小林多喜二の作品を読みました。
『一九二八・三・一五』の方が、『蟹工船』より先に書かれた作品です。
オホーツク海で操業する蟹工船上の過酷な労働。読んでいるだけで寒くて痛くて、一度途中で読むのをやめてしまいました。近くで操業している秩父丸から、S・O・Sが届くも、作業をやめて助けに行くと漁獲量が減る、保険がかかっているから沈んだ方がいい、という信じられない理由で、助けに行こうとする船長を「よけいな寄道」をするなと止めてしまう監督。そのまま、四百二十五人は海の藻屑と消えてしまいます。労働者の命はあまりにも軽く、ひたすら搾取される有様が描かれています。昔「この会社は従業員から搾取して伸びてるっ」と思ったことがありましたが、「搾取」とはそんな生ぬるいものじゃなかったのね・・・。
『一九二八・三・一五』はそのタイトルのとおり、1928年3月15日未明に、当時非合法の状態で活動していた日本共産党を先頭とする革命運動に対する政府の大弾圧の際の逮捕と拷問を主題にしています。日本の特高警察の残忍な拷問に吐き気がしました。『はだしのゲン』を思い出しました。

内容(「BOOK」データベースより)
おい地獄さえぐんだで―函館を出港する漁夫の方言に始まる「蟹工船」。小樽署壁に“日本共産党万歳!”と落書きで終わる「三・一五」。小林多喜二のこれら二作品は、地方性と党派性にもかかわらず思想評価をこえ、プロレタリア文学の古典となった。搾取と労働、組織と個人…歴史は未だ答えず。

蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)
小林 多喜二
4003108817


飯島 愛さん、自殺してしまったんですね。ギルガメのときは「何この人!?」と思ったけど、その後の彼女には何となく好意を持っていたので驚きました。・・・寂しかったのかな、という気がします。ご冥福をお祈りします。

・・・寂しさとは何でしょう。大学生のときは、それはそれは強烈に寂しかった覚えがあります。今思えばあの寂しさを紛らわすために、ジタバタしていたのかもしれません。あの押しつぶされそうな苦しい寂しさ、出口がない、夜明けが来ないのではないかという恐怖は、今はもう感じません。Self-referralになったから、そしてdetachment(手放すこと)を覚えたからかな。心の平安は与えられるものではなく、自分の心の中にあるもの。手放して戻ってこないものは、そもそも自分のものではなかったのだということが分かったから、失っても寂しくないのかな。

クリスマス・イヴですね。クリスマスは、富める人はそれなりに、貧しい人も貧しいなりに、持っているものを人と分かち合う日だと以前教えてもらいました。クリスマスには、いつも若草物語を思い出します。

Hope you’re having a very very Merry Christmas!
20081224_231624_000

『ギフト』では少年少女だったオレックとグライが、成熟した大人になって登場します。それだけでも嬉しくて、登場シーンで涙ぐんでしまいました。メマーが聞いたお告げの本当の意味を知って、人間の寛大さに救われた気がしました。私にも許せるかな。

内容(「BOOK」データベースより)
“西のはて”の都市国家アンサルは、オルド人の侵略によってかつての栄光を失い、文字を邪悪なものとして恐れるオルド人から書物をもつことが固く禁じられていた。名家出身の母がオルド人の兵士に襲われて身ごもった子どもである少女メマーは、侵略者たちを憎み、復讐を心に誓いながら成長する。ある日メマーは、交易と文化の担い手だった一族の館の小部屋に本が隠されていることを知り、当主である道の長からひそかに教育を受けるようになる。メマーが十七歳になったばかりの晩春、アンサルに“高地”生まれの詩人オレックと、その妻グライがやって来る―。

ヴォイス (西のはての年代記) (西のはての年代記 2)
谷垣 暁美
4309204783

今日は、路上を走ったあと、教習所内で縦列駐車や方向転換の練習をしました。今はポールを見ればどこでハンドルを切ればいいか分かるけど、実際にはポールなんてないですよね。縦列駐車はとっても難しい気がしました・・・。

『ゲド戦記』の作者の最近の作品です。図書館で偶然見つけて借りてきました。
高地に住む人々の間に代々伝わる特殊能力、ギフト。強すぎる「もどし」のギフトに苦しむ少年とその家族、そして彼の幼なじみの少女の成長を描いた物語です。ギフトの真の意味とは何なのか。そして、私たちは何者なのか。少年と少女の成長の物語を通じて、聞かれている気がしました。
この”The Chronicles of The Western Shore”のシリーズも面白そう。3部作らしいので、続きを読むのが楽しみ。

内容(「MARC」データベースより)

カスプロ家の跡継ぎである少年オレックは、強すぎる「ギフト」を持つ恐るべき者として、父親に目を封印されてしまう-。「西のはて」を舞台に、少年の葛藤と成長を描く、ル=グウィンの「ゲド戦記」に次ぐ新たな代表作。

ギフト (西のはての年代記 (1))
谷垣 暁美
4309204643 

夜、阪奈道路を走りました。本線を走っている間は楽しかったけど、降りるときが怖かったです。
・・・年賀状、書いても書いても終わらない気がしてきました。

黒柳徹子(女優)、田原総一朗(ジャーナリスト)、ジョン・カビラ(ラジオ・パーソナリティ)、糸井重里(コピーライター)、小松成美(ノンフィクション・ライター)、吉田豪(プロ・インタビュアー)、河合隼雄(心理療法家)、石山修式(建築家)、松永真理(『iモード事件』著者、番台社外取締役)、刑事、の10人に、「聞く技術」とは何かをインタビューしています。小松成美氏と河合隼雄氏の著作を読んでみたくなりました。容疑者と刑事の間に信頼関係を築くことが出来なければ、しゃべらせるのは難しい、というのが意外なようであり、納得できるようでもあり・・・。

聞き上手になりたいな、と安易な気持ちで読み始めましたが、道のりは遙か遠く険しいようです。


出版社/著者からの内容紹介
「話し方」の次は、話の「聞き方」だ! 黒柳徹子、田原総一朗、ジョン・カビラなど「話を聞く達人」10人が教える「聞く技術」。これであなたも聞き上手!


話を聞く技術!
永江 朗
4103001712

昨日は、Naniwa Toastmasters Clubのmeetingにゲストとして参加してみました。人数が多くてびっくり。
今日は朝から教習所に行きましたが、学科を1時間受講しただけで、運転はしませんでした。

『風のゆくえ―グイン・サーガ(23) WINDS' WHEREABOUTS』を読みました。
24巻から、借りに行かなきゃ。

風のゆくえ―グイン・サーガ(23)
栗本 薫
4150302111

下訳に関わらせていただいた本が出版されました。 わー、ぱちぱち?。
ミケランジェロの暗号―システィーナ礼拝堂に隠された禁断のメッセージ』というタイトルです。訳者の飯泉恵美子先生には、はまぞおさんがご紹介してくださいました。ありがとうございました!
20081218_161432_000
秋のヨーロッパ旅行に行く前、必死で取り組んでいた仕事です。それが形になり、物凄く嬉しいです。とてもきれいな装丁の本です。挿入されている写真が、原書よりだいぶ見やすくて美しかったので、手にとってびっくりしました。

まずは自分の担当箇所を読んでから、はじめからゆっくり楽しんで読みたいと思います。下訳の一部をさせていただいただけなのに、訳者あとがきに名前を入れていただきました。ありがたいことです。ちょっとお高め(3,150円)ですが、もし良かったら読んでください。

ミケランジェロの暗号―システィーナ礼拝堂に隠された禁断のメッセージ
飯泉 恵美子
4152089903


こちらが原書。
The Sistine Secrets: Michelangelo's Forbidden Messages in the Heart of the Vatican
Benjamin Blech
0061469041

朝一番の授業で、初めて路上を運転しました。
担当してくれた指導員さんはとてもおちゃめな方で、途中からはだいぶリラックスして運転できました。100分教習にしてみたのですが、遠くまで行けて楽しかったです。
自転車のマナーの悪さにびっくりしました。自転車も歩行者も怖かったです。坂の上の狭い踏切も(笑)
明日からぼちぼち慣れていけるといいな。

↓これは教習所のコースの様子です。かなり広いです。他に、二輪のコースなどもあります。
20081215_152935_000 

今日は教習所から早めに帰宅し、夕方からは去年から関わっているNGOの電話会議に参加しました。早くNPOにしたいです。

大清快

| コメント(3) | トラックバック(0)

先日、電車に乗っていたら、こんな↓中吊りが目に飛び込んできました。
20081210_152817_000

東芝のエアコン、大清快の広告です。

これ以外にも、同じモデルを起用したクリエイティブが2・3種類あり、乗った車両はそれらの大清快の広告でジャックされていました。
自分にはちょっとtoo muchだな、と感じたのですが、関西人(大阪人?)の心にはささるのでしょうか・・・?

このウェブサイト、すごく可愛い?

安心おやつ はらドーナッツ

二子玉川店横浜青葉台店がニューオープンだそうです。
ご近所にお住まいの方、豆乳とおからのドーナッツのお味のほどを教えてください。

修了検定にギリギリで合格し、仮免許を取りました。
無線教習のときには「若い男性よりもうまいですね。『良好です』と書いておきました」とほめてもらったのに、
20081213_115520_000
本番では大失態。発着点に戻るとき、左の方向指示器を点灯しなければならないのに、ルームミラー、サイドミラーを確認したあと右ウィンカーを出しつつ左後方を目視確認してました。それを指摘されてあがってしまったのか、最後はきちんと左側に寄せて駐車できませんでした。はぁ・・・。なんでやねん。

学科試験は満点だったけど、これでは先が思いやられます。こんなんで路上に出ても大丈夫なのでしょうか。むしろ落としてもらった方が良かったような気もします!?
20081217_214148_000

友人が12月18日(木)の試合に急遽行けなくなってしまったので、チケット買いませんか??の宣伝です。
下記2試合が見られるチケットが2枚あります。1枚14,000円也。
 
FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008
clubwc08logo
<M6(5位決定戦)>
◆ 12月18日(木) 16:30 キックオフ 横浜国際総合競技場
アルアハリアデレード・ユナイテッド

<M5(準決勝)>
◆ 12月18日(木) 19:30 キックオフ 横浜国際総合競技場
ガンバ大阪 vs マンチェスター・ユナイテッ

ご興味のある方は、メール、mixiのメッセージ、またはこのブログへのコメントにてお知らせください。
もうあまり日にちがありませんが、ご連絡お待ちしています?!

『運命の一日―グイン・サーガ(22) A DAY OF DESTINY』を読みました。
マリウスくん、遂にアル・ディーンだと告白しちゃったね。

運命の一日―グイン・サーガ(22)
栗本 薫
4150302073

『黒曜宮の陰謀―グイン・サーガ(21) ODIUM OBSIDIANUM』を読みました。
ヴァレリウス、久々の登場でした。リーナスは脳天気でいいね。

黒曜宮の陰謀―グイン・サーガ(21)
栗本 薫
4150302014


仮免許学科試験前効果測定、今朝まで90%の正答率に遠く及ばなかったのでドキドキでしたが、直前の追い込みが効いたせいか、何とか受かりました。次は修了試験だ。

『サリアの娘―グイン・サーガ(20) STEELMAIDEN OF SALIAH』を読みました。
オクタヴィア、早く呪縛から解き放たれると良いね。

サリアの娘―グイン・サーガ(20)
栗本 薫
4150301999

『ノスフェラスの嵐―グイン・サーガ(19) NEFARIOUS NOSPHERUS』を読みました。
ノスフェラスの秘密の一部が分かりました。かわいそうなスカール。

ノスフェラスの嵐―グイン・サーガ(19)
栗本 薫
415030193X

やっと『サイロンの悪霊―グイン・サーガ(18) CURSED CYLON』 を読みました。
グラチウス登場。怖いって。


サイロンの悪霊―グイン・サーガ(18)
栗本 薫
4150301875

濃霧

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝は、放射冷却のせいで物凄い霧でした。
20081210_084113_000

電車や飛行機が遅れたようです。

早朝の濃霧、街すっぽり 近畿地方で交通乱れる

内容(「BOOK」データベースより)
ザリガニのテロ攻撃、豚の耳学問、宇宙開発とお子様ランチの深いつながり―アメリカ生まれの日本語詩人が奇妙な現実を吹っ飛ばし、すぐそこに眠る自由を揺り起こす。朝日新聞好評連載エッセイ、待望の単行本化。

4022502169 日々の非常口
Arthur Binard
朝日新聞社 2006-08

by G-Tools

先日の講演会でファンになったアーサー・ビナード氏のエッセイ集。2005年に講談社エッセイ賞を受賞した本です。

出版社 / 著者からの内容紹介
著者は、アメリカ出身の日本語詩人にして新聞コラムなどの軽妙な文章でも注目を集めるエッセイスト。日本語にあって英語にない便利な言葉とは?日本人が起こしがちな誤解のあれこれ、テレビのウソの見抜き方などなど、言葉についての話題から文化・社会問題まで、ユニークな感性とユーモアたっぷりの文章でつづるエッセイ集です。言われてみればなぜ今まで気づかなかったんだろう、この本はそんな発見を私たちに次々と与えてくれるはず。と、同時に、ふだん当たり前だと思っている物事を、今一度立ち止まって見直してみることの大切さに気づかされることでしょう。田中靖夫さんの、ちょっとシュールで楽しいイラストも満載です。

4093875545 日本語ぽこりぽこり
アーサー・ビナード
小学館 2005-02-28

by G-Tools

書道のはな*みち 高宮暉峰書道教室 主宰 高宮 華子さんが、明朝、NHK 生活ほっとモーニングという番組に生出演されるそうです。
明日12月8日(月) 午前8:35-9:25(予定) です。
テーマは、クセ字よ、さようなら!1時間でも字が上達するレッスン、だそうです。

以前2回ほど受けた高宮華子さんのレッスンは、とても丁寧で分かりやすかったです。
しばらくは行けそうにないのが残念です。

日本橋サロンでのレッスンの他に、六本木ヒルズなどでもレッスンを開催されていますので、東京近辺にお住まいの方はぜひ★

書道のはな*みち

もう2ヶ月ほど前(2008年10月12日(土))になりますが、「第27回 生駒市母親大会 アーサー・ビナード講演会&3 ARROWS演奏会」を聴きに行きました。
20081014220949 
前座の3 ARROWSは、アルトサックス、篠笛、尺八、ピアノをミックスした演奏。これが思いの外マッチしていて、新鮮でした。曲目は、花(喜名昌吉)、涙そうそう、さくら、芭蕉布、千の風になって、翠(オリジナル曲、(株)イオテックの商品のテーマソングらしい)など。

肝心のアーサー・ビナード氏の講演ですが、予想以上に面白かったです。目から鱗がぼろぼろ落ちるような、インスピレーションに満ちた話をたくさん聞かせてもらった気がします。職業=詩人、ってちょっとうさんくさいというか、夢見がちな人のイメージを抱いていた(失礼ですね・・・)のですが、全然違いました。物事の本質を見極めようとする視点、知識、ユーモアのセンスに裏打ちされつつも鋭い切り口で語られる日本の政治、アメリカの政治。田んぼの泥から、イラク、アフガンに居座るアメリカ軍へと、どんどん話題が飛んでいくように聞こえるのに、最後は全部筋が通ってつながっているのでした。 そして、言葉の選び方が的確なのです。詩人だから当然なのかもしれませんが、言葉に対する真摯な態度に心を打たれました。

ミシガン生まれのアメリカ人なのに、2001年に詩集『釣り上げては』で中原中也賞、2005年『日本語ぽこりぽこり』で講談社エッセイ賞、2007年『ここが家だ――ベン・シャーンの第五福竜丸』で絵本日本賞を受賞、だなんて、私の常識を越えています。(しかもオトコマエ?)

20081014134412

講演会の後の懇親会では、ずうずしくもお隣の席に座らせてもらってあれこれ質問した挙げ句、一緒に写真も撮って頂きました?

アーサーの日本語つれづれ草

2008年12月2日、立命館大学で開催された「エイズ・アウェアネス・コンサート2008?愛する人の事を考えました」に行ってきました。
081117_jazz_aidsawareness_ritsumeikan
これは、12月1日の世界エイズデーにあたり、エイズの現状と課題、エイズをはじめ感染症対策と保健システム強化の課題などへの関心を高めるため、レッド・シューズ・ファンデーション、国際連合大学、世界銀行が共催したコンサートです。エイズ医療専門家である澤田滋正教授(日本大学医学部教授、日本大学練馬光が丘病院内科部長)、
エフテル・プリュン氏(世界の医療団日本支部事務局長)の講演と、中村照夫&ライジング・サンの音楽を通じて、エイズのことを考える機会を与えて頂きました。

中村照夫氏と大森功一氏(世界銀行東京事務所広報担当官)
20081202_191135_000

楽しそうに演奏するGreg Bandy氏とBill Ware氏
20081202_200340_000

中村照夫氏、Joe Berger氏、Greg Bandy氏、Bill Ware氏。ピアノの青木弘武の写真だけ、ブレてました。
20081202_204253_000

jazzのコンサートを聴いたのは生まれてから2回目でしたが、感動的でした。中村氏の「(こんなことを言ったら物議を醸すかもしれないけれど)jazzは、the most intellectual, highest form of artだと思っている」という言葉を聞いて、アートで自分を表現できる人を羨ましく感じました。アーティストでない私は、自分を表現する別の手段を見つけなければ。

jazzを聴くのは今からでも遅すぎはしないと思いますが、偉大なプレイヤーがたくさんいすぎて、どこから手を着ければいいのか分かりません。Ice 9さんにご教授願おうかしら・・・。

コンサートの前に等持院を訪問したかったけど、着いたらもう閉門してた。悔しいので、紅葉の写真だけ。
20081202_163858_000
 
立命館大学の敷地内から見た金星、木星と三日月。
20081202_172055_000

教習の後、母と「国宝 三井寺展--天台密教の秘仏、そろってお出まし。」を観に行きました。
20081204_153846_000
普段は非公開の天台密教の秘仏たち。
一番好きだったのは、如意輪観音坐像(重要文化財、平安時代((10世紀))です。ちょっと首をかしげた感じが可愛くて、女性っぽい顔立ちなのに、口ひげがさりげなくあったりして、何だか気になる仏様でした。
如意輪観音菩薩座像(三井寺) 

千手観音菩薩立像。1本の木から彫り出されています。すごい。
千手観音菩薩立像(三井寺)

十一面観音菩薩立像。右足を少し曲げて、楽な(?)格好をしているところがラブリー。
十一面観音菩薩立像(三井寺)

それから、円珍さん(慣れ慣れしい?)の遺言によって死後まもなく造られた智証大師坐像(国宝、(御骨大師[おこつだいし]、平安時代(9世紀))。円珍さんの御骨が納められていたそうです。円珍さんの像としては、智証大師坐像(中尊大師[ちゅうそんだいし])も展示されていましたが、御骨大師の方が表情が柔らかく、何となく好感が持てました。

狩野光信の障壁画なども展示されていました。薄明かりで見ると優雅で雅な感じが強調され、「こんな襖や屏風が身近にあったら・・・」とあらぬ妄想を抱いてしまいました。(ただいま我が家では、襖を交換中なのですw)

国宝 三井寺展 見どころと作品紹介

三井寺(正式には園城寺)と比叡山延暦寺は、互いに焼き討ちをかけまくりあっていた時期があったらしい。そんなこんなで、三井寺は平均25年に1度は焼失してきたそうです。四半世紀に一度はすべてが灰燼と化してきたのに、今でも普通に(?)残っているなんて凄い。不死鳥と呼ばれるわけだ。

この展覧会、2009年2月7日(土)-3月15日(日)には東京、2009年4月1日(水)-5月10日(日)には福岡市へ巡回するそうです。

大阪市立美術館のイチョウ。本日の大阪は、11月中旬なみの暖かさでした。
20081204_143006_000

地方在住の場合、自動車免許がないと非常に不便であることに気づき、本日大枚をはたいて地元の自動車学校に入学しました。

見た感じ、日の丸自動車学校より敷地はかなり(?)広め。
20081203_162435_000 

入り口付近。のどかです。外車とか停まってません。
20081203_161434_000

助手席を卒業できるよう、頑張りたいと思います。

昨日(2008年12月1日)の夕方18時頃、洗濯物を取り込む際、西の空に明るく輝く木星、金星と三日月に視線が釘付けになりました。大あわてで洗濯物をしまい、デジカメを引っ張り出してきました。
IMG_3705 

星の写真はデジカメで撮ったことがなく、絞りや露出をどうすればいいのか分からず、適当に撮ってみました。
高度が低く、左下に見えるのが金星、右上に見えるのが木星です。
IMG_3706
岩城好高さんのブログ分かりやすく説明されていたのを、今頃読みました・・・。

星の喫茶室

これからますます寒くなっていきますが、冬は星を観るには絶好の季節ですね。
小学生のときから使っていた望遠鏡、まだ使えるかな・・・。

ヨーロッパ旅行からの帰り、ヒースロー空港で買い、帰国後2日めに読み終わりました。帰国直後は時差ぼけと風邪でひどい状態でしたが、面白かったので一気に読んでしまいました。

映画は、原作にわりと忠実に良く出来ていることが分かりました。と言っても、1作目しか観ていないのですが…。残りの2作も観ないと。

Amazon.com
The story of Don Vito Corleone, the head of a New York Mafia family, inspired some of the most successful movies ever. It is in Mario Puzo's The Godfather that Corleone first appears. As Corleone's desperate struggle to control the Mafia underworld unfolds, so does the story of his family. The novel is full of exquisitely detailed characters who, despite leading unconventional lifestyles within a notorious crime family, experience the triumphs and failures of the human condition. Filled with the requisite valor, love, and rancor of a great epic, The Godfather is the definitive gangster novel.

Book Description
A modern masterpiece, The Godfather has sold millions of copies, inspired three of the finest films in recent times, and spawned a new genre in fiction. Now this landmark work has been abridged for the first time, under special arrangement with Mario Puzo.
The Godfather is the epic story of organized crime in the 1940's, but it is also the intimate story of the Corleone family, drawn together and ripped apart by its position at the core of the Mafia in America. Still shocking more than a quarter-century after it was first published, The Godfather is a modern classic, presented here in an all-new listener's edition. Read by Joe Mantegna

0451167716The Godfather (Signet)
Mario Puzo
Signet 1995-12

by G-Tools

出勤前のKNちゃんと少しおしゃべり。話したいことは山ほどあるのに、時間がない。
KNちゃん出勤後、少し仕事をしてから再び青山へ。

MOちゃんと落ち合ってから、恵比寿でお茶。
20081124_170918_000 
その後RUさんとロウホウトイでごはん。4ヶ月間のブランクを埋めるべく、マシンガントーク炸裂。おかげで料理の味をあんまり覚えていません。4ヶ月も会ってなかったのは、知り合って以来初めてでした。

みんな、それぞれの道を勇気を持って歩んでいることを知りました。私も頑張ろ。

大雨の中、KNちゃん家に帰宅。
翌日のワークショップに備えて、本を読みつつ寝ました。

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、December 2008に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはNovember 2008です。

次のアーカイブはJanuary 2009です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。