May 2010アーカイブ

iPadの元素周期表アプリ。楽しすぎー!!

Apple iPad Guided Tour: The Elements

Xperiaに元素の周期表のアプリを入れてますが、このアプリには全然かなわないなーと思いました。

iPad、欲しいー。

水泳が好きなあなた! ボランティア精神にあふれるあなた! アフリカのマラリア問題に関心のあるあなた!
(もしくはnatsukoに会いに辰巳まで行ってやってもいいよというあなた?)

6月4日(金)?6月6日(日)東京辰巳国際水泳場で開催される水泳競技大会、ジャパン・オープン2010でマラリア予防のための募金活動を手伝ってくださるボランティアの方々を募集しております! (最寄駅:地下鉄有楽町線辰巳駅)

この活動は、イギリスに本部を置く、「アゲンスト・マラリア基金」によるもので、世界中のスポーツイベントを通じて、募金を募り、蚊帳を購入・配布し、マラリア感染地域に配布するというものです。マイケル・フェルプス選手や岩崎 恭子さんなどの多数のオリンピック・メダリストの方たちが支援してくださっている活動でもあります。

ワールド・スイム・アゲンスト・マラリアについて
http://www.worldswimagainstmalaria.com/
ジャパン・オープン2010について
http://www.swim.or.jp/sub2_games/10/swim_04.html 

ジャパン・オープンは北島 康介選手が世界記録を更新した大会でもあり、日本のトップ・スイマーの泳ぎを今回、入場料(1500円)なしで見ることもできます! メダリストの中村 真衣さん、柴田 亜衣さんたちも当日、会場での募金活動を手伝ってくださる予定です。3日間のうち、1日でも終日以上、お手伝いしてくださる方には、アゲンスト・マラリア基金特製Tシャツを差し上げます。(写真で、中村 真衣さんや岩崎 恭子さんが着ているもの。色違いもありますので、ご容赦のほどを。)

活動時間は、現地に午前8:30?午後8:30(6月4日)、午前8:30?午後8:00(6月5日)、午前8:30?午後6:15(6月6日)という予定になっています。作業としては、募金箱を持って会場をまわったり、グッズの販売をしたりなどです。部分参加も大歓迎です。

少しでもご興味のある方はメールやコメント欄にて、是非お知らせください。よろしくお願いします。

5月も末。もうすぐ6月。ということで、突然ですが告知です。

東京と名古屋で開催される、ティンガティンガ絵画展示会と、カンガ・ファッションショーのお知らせです。


タンザニアの明るい色彩と大胆なモチーフが魅力的なティンガティンガ絵画の展示会を、東京と名古屋のJICAカフェにて行います(ともに6月一杯、東京は7月4日まで)。

テーマは「元気なタンザニア万歳!!」 ”Positive Tanzania, Oye!!"。
東京では、会期中の6月19日午後3時:30から、タンザニアのミュージシャン、フレッシュ・ジュンベの、トリオ・アコースティックのライブ・ミニコンサートを行います。
コンサートでは、カンガのファッションショーも予定しています。

タンザニアへの”サファリ”(旅)をゆったりとお楽しみください。

東京 広尾のミニコンサート
日時: 2010年6月19日(土) 午後3:00 開場 午後3:30 開演
場所: JICA地球ひろば カフェフロンティア (広尾駅A3出口1分)
電話: 03-3400-5533
入場料: 前売2,500円(1ドリンク付) 当日2,800円(1ドリンク付)


名古屋では、去年に引き続き、カフェ・クロスロードの展示会において、カンガのファッションショーを行います。モデルも募集しているので、ご希望の方は、ギャラリー・タンザニアフィリア (052-782-0906)までご連絡ください。

日時: 6月26日(土) 13:30?(予定)

連絡先:
カフェ・フロンティア: 03-3400-5533
ギャラリー・タンザニアフィリア: 052-782-0906
info@tanzaniaphilia.co.jp ("@"を半角の"@"に変えてください)
http://www.tanzaniaphilia.co.jp/

明日から、また毎日講義です。まだ時差ボケが残っている上に、少し風邪気味。ちゃんと朝起きられるかなぁ。

ランチには、久しぶりにチーズを頂きました。

バナナケーキも美味しかった♪

明日の2限のassignmentをやっていないことに、気付きました。
今から読みます。

タンザニアより帰国しました。

ドーハ国際空港のHot Spotは、かなりイマイチでした。つながったかと思いきや、次の瞬間落ちてる。


6時間もあったんだから、

最初からOryx Loungeに行って、ゆったりくつろぎつつ高速ネット接続を楽しめばよかった。失敗。

関空からの帰り道、日本の道路はしっかり舗装されていて、穴もなく平らで綺麗だなぁとしみじみ。

日本もいいけど、

すでに、ダルエスサラームの空と海が恋しいです。

向こうでのネット事情が相当悪かったため、日記をアップ出来ませんでした。帰国してみたら、やらねばならないことがてんこ盛り。時間を見つけて、そのうちタンザニア滞在の様子をアップしたいと思います。

Ngorongoro (ンゴロンゴロ)でgame drive (いわゆる「サファリ」)をしてきました。
Big 5と呼ばれる野生動物のうち、leopardを除く、ライオン、象、バッファロー、(黒)サイを見ることが出来ました。
ライオンは、見れば見るほど猫や犬に似ている気がしました。


クレーターに向かう途中、キリンにも遭遇♪
帰り道は、助手席でガイドさんにタンザニアのことを質問しまくり、マラリアから、宗教、選挙登録まで、タンザニア人の考えを聞かせてもらいました。

M事業部長に、心から感謝★

岡田外務大臣と一緒に、蚊帳工場を見学しました♪
と言っても、後ろからついて行っただけですw


以下、NHKオンラインより引用。

外相 日本技術の蚊帳工場視察

5月2日 23時53分

日本のアフリカ支援について話し合う国際会議のためタンザニアを訪れている岡田外務大臣は、日本企業の技術を使って、伝染病のマラリアを予防する蚊帳を製造している現地の工場を視察しました。

岡田外務大臣は、日本のアフリカ支援について話し合うTICAD=アフリカ開発会議の閣僚会合に出席するためタンザニアを訪れており、2日、会合の合間を縫って北部の町アルーシャにある蚊帳の製造工場を視察しました。この工場では7年前から日本企業の技術提供を受け、マラリアを媒介する蚊を寄せつけない防虫剤を塗った蚊帳を製造しており、日本のアフリカ支援の取り組みとして現地で高く評価されています。岡田大臣は工場で働く人たちに声を掛けながら、ミシンで蚊帳を縫う作業の様子を見学しました。国連の統計によりますと、世界では毎年90万人がマラリアが原因で亡くなっており、その大部分の80万人以上がアフリカに集中しています。こうした状況を踏まえ、岡田大臣は2日のTICADの会合での演説で、日本としてマラリア対策のため資金援助を続けることを表明しました。

上記サイトから、動画も見られます。
回線が細いので、こちらからは見られないのですが…。

岡田外務大臣は、Kisongoにはトータル30分(工場視察は正味十数分!?)しかいらっしゃいませんでした。せっかく来たのだから、もっとゆっくり見ていけばいいのに、と思いました。そんな短い時間で見て回れるような規模の工場ではないのです。もったいなーい。

ご無沙汰してます。
GWを満喫していらっしゃいますか。
4月30日から、タンザニアに滞在しています。
人生初アフリカは、驚きの連続ですが、毎日楽しく過ごしています。

Arusha Airportの駐車場(?)

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、May 2010に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはApril 2010です。

次のアーカイブはJune 2010です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。