『百まいのドレス』 (2010 010)

| コメント(0) | トラックバック(0)

幼い頃に読んだ記憶のある『百枚のきもの』の改訂版。
石井桃子さんが自ら改訳したものです。

昔『百枚のきもの』を読んだときには、コンクールで一等をとった百枚のドレスの絵の華やかさ、美しさばかりが心に残っていましたが、今日読んでみたら、WondaとMaddieに感情移入してしまい涙腺が…。こんなストレートな分かりやすいメッセージを覚えていないなんて、自分はいったいこの本を読んで何を考えていたのか!? 小さすぎて、いじめのこととか理解出来なかったのかな?。
Wondaと同じ状況だったわけではないけれど、自分がいじめられていたときのことを、ありありと思い出しました。

百まいのドレス
エレナ エスティス ルイス スロボドキン

4001155796

関連商品
みしのたくかにと
The Hundred Dresses
三月ひなのつき (福音館創作童話シリーズ)
ウエズレーの国
魔法使いのチョコレート・ケーキ―マーガレット・マーヒーお話集 (世界傑作童話シリーズ)
by G-Tools

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takui.net/mt/mt-tb.cgi/5854

コメントする

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、natsukoがJune 19, 2010 12:24 AMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日のおやつ」です。

次のブログ記事は「宇治煎茶」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。