August 2010アーカイブ

『テルマエ・ロマエ』でブレイクした(?)ヤマザキ マリさんの過去の作品が、2巻発売(2010年9月25日)にあわせて増刷されたようです。以前から気になっていた 『ルミとマヤとその周辺』 をまとめ読みしました。
古き良き(?)昭和を思い出させてくれます。絵もかわいくて、読んでいて感情移入しまくり。お勧めです。
ヤマザキ マリさん、私より少し年上かなぁ。

ルミとマヤとその周辺(1) (講談社コミックスキス)
ヤマザキ マリ
4063406865

ルミとマヤとその周辺(2) (講談社コミックスキス)
ヤマザキ マリ
4063407276

ルミとマヤとその周辺(3) <完> (講談社コミックスキス)
ヤマザキ マリ
4063407578
ニュージーランド滞在の様子、気が向いたときに少しずつ書こうと思います。忘れる前に書かなきゃ。

2010年8月23日(月) 午後3時30分 関西国際空港発のNZ98便に搭乗。8月24日(火)午前5時25分 Auckland Airport到着。
荷物をピックアップし、domestic flightsの乗り場に行くシャトルバスの乗り場へ移動。外に出ると思っていなかったので、冬物のコートはスーツケースの中。一応長袖は着ていましたが、寒くて震えました(笑)

建物を出ると、そこは自転車組み立て場。自転車は輪行袋か何かに入れて、飛行機に乗り、降りたら組み立ててすぐに乗るってこと!?
20100824_032156_0.jpg

バスを待っていると、空港職員の人が若い日本人女性を連れてきて、彼女をdomestic flight乗り場まで連れて行けと言われました。
一緒にバスに乗り、domestic flightのゲートの前で、お茶。奈良県大和郡山市から、ニュージーランドの大学院に通うお友達を訪ねて行かれるとのこと。あまり英語が出来ないのに、ガッツあるなぁ。

早朝からDUNKIN DONUTS。ジャンキーだわー。
20100824_040301.jpg

ずっと雨が降ってて寒かった。
20100824_041435.jpg

国内線は、だーい好きなプロペラ機♪ 
20100824_051245.jpg

午前8時25分 Auckland発のNZ8375便、予定通り午前9時45分 Nelson着。Nelson Airportはこじんまりした小さな小さな空港ですが、ニュージーランドで4番目に交通量の多い空港だと、迎えに来てくれたMartin & Karenが教えてくれました。
とりあえず、予約していたParadisoにチェックイン。Backpackers向けの安いモーテルですが、それなりに快適でした。

海辺のレストランでランチ。Nelsonは漁業がとても盛んで、海産物の加工工場もあるそうです。
20100824_104205.jpg

日本車いっぱい。ヨットもいっぱい。横浜で乗せて頂いたヨットが懐かしいー!!
20100824_104223.jpg

面白い塗装が施された建物。シダ植物の森が、ニュージーランドらしいです。
20100824_111551.jpg

街の中心部に立つ、Christchurch Cathedral
20100824_111643.jpg 20100824_120943.jpg

上から見下ろした景色。高校生が大勢たむろっていました。待ち合わせ場所なのかしら。
20100824_122303.jpg

クライストチャーチ大聖堂。
20100824_121221.jpg

大きなパイプオルガンがあります。ミサの時の音色は、それはそれは美しいそうです。
20100824_121518.jpgのサムネール画像

大聖堂を一通り見た後は、再び街中へ。この建物、何だか分かりますか?
20100824_111819.jpg

The world's most famous ring、つまりLord of the RingsのThe Ringをデザインした、Jens Hansenのお店でした。なんと、誕生祝いに、The Ringのレプリカを頂いてしまいました。ありがとうございますー!!!
20100824_111850.jpgのサムネール画像

仕事もしました。Riverside Swimming Poolを見学。
20100824_123253.jpg

選手コースの子ども達の練習記録。
20100824_124706.jpg

水泳大会のお知らせも、かわいい。日本でこんなのみたことない。
20100824_124941.jpgのサムネール画像

仕事の後は、地元のスーパーへ。夜10時まで開いてるなんて、素敵。酪農が盛んなニュージーランド。乳飲料コーナーだけでこんなに大きな面積を占拠してます。
20100824_130410.jpg

お土産を買った後、取引先のオフィスにお邪魔しました。ここは、オフィスというより作業場です。
20100824_135239.jpg

宿へ戻り、2時間仮眠のつもりが4時間爆睡。午後10時前で、もうレストランはどこも開いていませんでした。仕方なく、ファースト・フードのお世話になるべく、街まで歩きました。暗闇に燦然と輝くBurger King発見。午後11時の閉店間際に滑り込み、今夜の夕食(夜食?)を購入。
20100824_204520.jpg

部屋に戻ると、同僚が誕生日を祝ってくれました。スーパーに行ったときに、デコレーションを買ってくれていたそうです。嬉しいサプライズでした。
20100824_211153.jpg

(巨大な)ベジバーガーにキャンドルを立てた図。
20100824_211414.jpg

午前2時頃までしゃべり倒し、長い一日が終わりました。
明日は午前7時半集合だー。
本日(2010年8月29日(日))の朝日新聞 奈良版(?)の「けいはんなな人」というコーナーに、「アゲンスト・マラリア基金コーディネーター」として掲載して頂きました。
母の友人から「見たよー。4分の1面に載ってるじゃない!」と電話がかかってきたりしました。
新聞に載ったのは、14年ぶりくらいかなぁ!? 
前回は、毎日新聞の「デジタリアン」というコーナーでした。

アゲンスト・マラリア基金の活動を、少しでも多くの方々に知って頂ければ嬉しいです。

帰国

| コメント(2) | トラックバック(0)
午前7時25分関西国際空港着のNZ97便で、本日ニュージーランドより帰国しました。
あちらは10度前後の気温だったので、20-30度も差があることになります。とにかく、降り立った瞬間から暑いです。
20100828_084919_1.jpg

誕生プレゼントが届いていて、すごーく嬉しかったです。
ありがとうー!!

仕事もその他のやるべきことも山積しているので、スーツケースを片付けたら、頑張りまーす。

ニュージーランド滞在の様子は、ぼちぼちアップしていきたいと思います。

誕生日でした。
2時間ほど人生初のsea kayakingを楽しんだ後、シダ植物の茂る森を3時間半ほどハイキングしました。
20100825_092116.JPG


電話、メール、mixi、Facebook、Twitterなどで、誕生祝いのメッセージを送ってくださった皆様、本当にありがとうございます!!! ネット接続速度がかなりスローなので、帰国したらお返事申し上げます。


Thanks to those who have sent me a birthday message via e-mail, Facebook and Twitter. I greatly appreciate your kind message! Since my internet connection is very slow right now, I will reply to you when I come back to Japan. Thank you!

明日から、4日間ほどニュージーランドはネルソン市に行ってきます。
人生初ニュージーランド。仕事なので、観光する時間はほとんどなさそうですが、楽しみです♪
先ほどまで、汗だくになって冬物のコートなどをスーツケースに詰めていました。暑い...。

↓海外に行くときには必須。
20100822_194519.jpg

今日のおやつ。お土産、これでもよかったかな。
20100821_162706.jpg

関係ないけど、先日届いた夏の恒例の品。
20100819_230115.jpg

またまた関係ないけど、8月25日はチキンラーメンの誕生日らしいです。今まで恐らく一度も食べたことがないし、この先も食べないと思いますが。
20100819_141533.jpg

Peach 2

| コメント(2) | トラックバック(0)
今年の夏の桃、そろそろ食べ納めかなぁ。
20100804_114412.jpg20100816_174643.jpg

先日、こんな中吊り広告を見つけた。「一桃入魂」
20100812_085726.JPG

以前教えていた、某英会話学校の生徒さんたちの食事会に呼んで頂きました。明日の準備が出来ていない上に、やるべきことが山積しているので、1時間だけ参加して、中座しちゃいました。すみません。


来週に備え、 『ニュージーランド楽園物語』 を読みました。 
ネルソンは、芸術の街らしい。楽しみ! 
峯吉 智子 川名ブラザーズ
4487792762
『日本人へ リーダー篇』 を読みました。 

p. 230
手はじめにまず、「終戦」でなく「敗戦」と言おうではないか。終戦は戦争が終わったことでしかないが、敗戦となれば、この言葉を耳にする人の何人かは必ず、なぜ敗北したのかを考えるようになる。

レディースデーを活用して『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。
かわいらしい映画でした。
翔くんがいきなり「君たちは滅び行く種族なんだ」のようなことを言い出したときは、びっくりしました。ちょっと違和感あったかなぁ。
ポッドがドイツ人ぽくて、ポイント高し。
スピラーは、ジムシーっぽくて大好きでした。
先日(2010年8月11日)、大阪大学とパソナの連携協定の調印式に出席するため、日帰りで上京しました。
13時からは、別の会社で3件ミーティング。
その後、16時にパソナの本社にお邪魔しました。

ビル全体で緑化に取り組んでいて、遠目からもすぐに分かる。
20100811_154547.JPG

エントランス
20100811_154631.JPG

社屋の中で作っている野菜のサラダ。採れたてで、「みずみずしい」という一言しか出てこなかった一口目。
20100811_161645.JPG

緑溢れるオフィスって、素敵だなーとしみじみ感じました。緑を見る度、リフレッシュされそうです。

パソナ、阪大とグローバル人材育成で提携?共同授業10月開講
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1120100812agad.html

以下、上記リンク先よりコピー。

パソナ、阪大とグローバル人材育成で提携?共同授業10月開講
掲載日 2010年08月12日          

 パソナグループは11日、グローバル人材の育成で大阪大学と提携したと発表した。同大学大学院の国際公共政策研究科で共同授業「実践グローバルリーダーシップ」を10月に開講する。各企業が新興国開拓をはじめ、グローバル展開を加速する中、国籍や価値観、文化の違いを踏まえたマネジメントやリーダーシップの習得を通じ次世代リーダー育成を目指す。
 阪大の教授陣のほか、元国連事務次長の明石康氏、前ユネスコ事務局長の松浦晃一郎氏ら各界の著名人が講師を務める。講義はインターネット中継で東京と大阪の2会場で同時開催。活発な議論を通じ「主体的な人材養成を目指す」(野村美明大阪大学大学院教授)。
 受講できるのは阪大の学生、大学院生のほか、パソナが大卒未就職者向けに3月に開始したプログラム「人材創造大学校」の参加者。
野村美明先生が「わかりやすく伝えるために」というエントリーで言及されていた平田オリザ先生の 『対話のレッスン』を読みました。

以下、引用とメモ。

p. 8
 「対話」 (Dialogue)とは、他人と交わす新たな情報交換や交流のことである。「会話」 (Conversation)とは、すでに知り合った者同士の楽しいお喋りのことである。

何となく、「会話」は「対話」に含まれるのかと思っていたけど、違いました。

p 51
 私たちが創り出さなければならない二一世紀の対話のかたちは、曖昧で繊細なコミュニケーションを、省略したり記号化したり、あるいは機能的にするのではなく、そのままの豊かさをかねそなえながら、しかも他者(たとえば外国人)にも判りやすく示すものでなくてはならない。
 いったい、そんなことができるのだろうか。いや、できるかどうかではなく、やらなくてはならないのだ。その方法を、私たちは見つけださなければならないのだ。

そのままの豊かさをかねそなえながら、しかも他者にも判りやすく示すって、いったいどうやったらいいのだろう。

pp. 63-64
 だが、演劇を創っていく以上は、そういうわけにはいかない。いや、趣味で、楽しみで演劇を創るのならば、すべての人々を受け入れ、楽しくやっていくことも可能だろう。しかしプロとして、あるいは厳しい意味での芸術活動として演劇を行おうとするのなら、その創作のすべての過程で、様々な選別、選択が必要となる。私は、今回の人生では、そういった厳しい修羅の道を選ぶことに決めたのであって、この点についてはあきらめている。いくら、このことで他人に恨まれようが刺されようが、仕方のないことだと思っている。

厳しい意味での芸術活動として演劇を行うことに対して、こんな覚悟を持っておられたとは。

p. 83
 だが、電子メールは、「限りなく話し言葉に近い書き言葉」という新しい言語の領域である。

もう15年以上、電子メールを使っていますが、そんな風に捉えたことは一度もありませんでした。仕事のメールは、基本的には書き言葉で打ってるつもりでしたが、話し言葉の表現もたくさん使っています。親しい友人や家族とのメールは、ほぼ100%話し言葉です。

p. 89
ヨーロッパでは、演劇とは、その国の標準的な話し言葉の規範を示すものである。

そうなんだ!! 日本の話し言葉の規範は、NHKニュースのアナウンサーのしゃべり方ですよね?

pp. 99-100
 社会進出を果たした女性たちは、必然的に、「ネ」や「ヨ」を使わない、いうなれば新しい女性語を模索し始めた。
 女性の上司が、部下に命令を発するときに、「ネ」や「ヨ」を多発すると、なんだか命令をしているように聞こえずに、お願いしているように聞こえてしまう。あるいは母親が子供にお使いか何かを言いつけているように聞こえてしまう(なぜなら、古い日本語の歴史のなかで、女性が男性に命令するのは、母親から子供へといった状況でしか起こってこなかったのだから)。日本語は、まだまだ男女平等な言語ではない。
 だが、逆に「ネ」や「ヨ」を完全に排除してしまうと、コミュニケーションがうまくいかない。詠嘆、推量、確認、婉曲といった微妙なニュアンスが抜け落ちてしまうのだ。
 そこで出てきたのが、半疑問形である。「ネ」や「ヨ」の役割を、イントネーションで補おうというわけだ。
妹が、今年6月からブログを始めました。
身内の私が言うのもなんですが、なかなか面白いので、もし良かったら読んでやってください。

あさちーな日記
http://ameblo.jp/asacina/

20100815_Asacina.jpg


国際恋愛・結婚ブログランキングで、48位にランクインしました。50位内に入って、嬉しいー♪
20100815_Asachina_48.jpg

原書を読むべきかなと思いつつ、『ローワン―ガルシアへの手紙の届け方』を読みました。
前半のローワンの手記を翻訳した部分は、手に汗握る展開で、面白いです。
後半の解説は、読む価値がないと思いました。
いいから、原書を読めって話ですね。

ローワン―ガルシアへの手紙の届け方
アンドリュー・S. ローワン Andrew S. Rowan

4893467298

関連商品
ガルシアへの手紙
ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫
A Message to Garcia: And Other Classic Success Writings
あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
若き商人への手紙
by G-Tools
先日注文した ELECOM スマートフォン対応折りたたみBluetoothキーボード ブラック TK-FBP017BKが届きました。
お届け予定日は9月中旬だったのに、案外早かったわ。

入力がタイピングに全くついてこないので、ゆっくりしっかり打つことを要求されています。
慣れたら平気なんだろうけど、日本語キーボードもイマイチ好かん。
そして、これは電車の中で使えるのだろうか。
Evernoteと組み合わせれば、ノートPCを持ち歩かなくても、Xperiaで仕事が出来るかも!!と思って購入したので、もう少し頑張ってみようと思います。

ELECOM スマートフォン対応折りたたみBluetoothキーボード ブラック TK-FBP017BK
B003X0B6PW
NPO法人グローバルリーダーシップ・アソシエーション主催の「ロジカルシンキング --論理的な思考を身につける--」を受講しました。
20100807_130858.jpg 20100807_152131.jpg

本日の一番の収穫。
20100807_152123.jpg

参加者は、大学院生、大手信託銀行にお勤めの方、日本を代表する大手企業のCSR推進部にお勤めの方、秘書業務の会社の代表などなど。最後のディベート(日本にサマータイムを導入すべきか否か、がお題でした)では、面白い導入や根拠が聴けて、楽しかったです。自分はう少しうまく話せると思っていたのに、途中しどろもどろでした。論理的に考え、話すためには、普段からもっと意識して訓練しなければ本番で使い物になりませんね。最近、甘えてるなー。

おやつ。こういうお菓子は自分では買わないので、珍しくて面白い。
20100807_152639.jpg

  • セミナーの概要 (以下、GLEAウェブサイトよりコピー)
    価値観が多様化し、グローバル化した現代社会でよりよく生きるためには義理と人情だけでは十分ではありません。問題を適確に発見し、分析し、解決策を考える
    「ロジカルシンキング」が必要です。ロジカルシンキングは説得力や交渉力の基本であり、リーダシップの原点でもあります。

     本セミナーでは、国際的に定評のある議論の理論を紹介し、法律学で用いられている実践的な議論や政治家の議論を教材にディベートやディスカッションをすることによって、世界に通じる論理力を身につけます。一回で覚える英単語記憶術や速読術など、最小の努力で最大の効果を上げる勉強方法も伝授します。 

  • 講師からのコメント
    政治家やジャーナリスト等、議論を仕事としている人間に議論のスキルがないのは職務怠慢だという福澤一吉先生(大阪大学リーダーシップ教育研究会のスピーカー)の主張に触発されました。

  • 参考文献
    1. 福澤一吉『議論のルール』(2010)14-24頁:大学の先生より爆笑問題の方が議論のレベルが高い!
    2. 福澤一吉『議論のレッスン』(2002):福澤2の具体的レッスン。
    3. 西部直樹『はじめてのディベート』(1998):珍しく論理的なディベート入門書。
    4. 大阪大学リーダーシップ教育研究会:主体的に動ける人間をどう育てるかを研究しています。アジェンダは次で参照できます。http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/leader/oula_index.html

修了証も頂きました。
20100807_224221.jpg


帰宅後、生駒市の花火大会を、祖父母・両親と共に鑑賞しました。
土浦の花火競技大会が懐かしいなー。
20051003.jpg


朝日新聞に取材して頂きました。
20100805_165133.jpg

事務所で、2時間ほどお話しました。
月末には掲載されるそうです。

昨夜は、祖父母、伯母、従妹、従兄、従妹の娘、母、私で中華料理を頂きました。
ヴィーガンを通してみたけど、味のバリエーションが少なくて、途中で飽きてしまいました。もう1皿少なくて良かったな。
20100804_191307.jpg
2010年4月25日にオープンニングイベントを開催した、生駒市井出山屋内温水プール「きらめき」にお邪魔してきました。

駅の改札を抜けると、目の前には山と青空。
20100804_141855.jpg

受付には、オープニングイベントにお越しくださったWSMオフィシャル・サポーターの田中雅美さんのサインが飾られていました。
20100804_133846.jpg20100804_133916.jpg

今後、「きらめき」でどのようにWSMを継続的に続けていくかについて、マネージャーさんと打ち合わせ。
「ライフスイミング」などのコースと、うまく組み合わせて、少しずつでも良いので知名度を上げていきたいと思います。
打ち合わせの後、募金箱の募金と、泳いだ距離を書いて頂いた用紙を回収し、その足で銀行へ行きました。

生駒市井出山屋内温水プール「きらめき」のスイム
2010年8月1日、第4回H2O Championshipにて、World Swim Against Malariaの活動を、柴田亜衣さんとしてきました。

今年は、前日から尼崎入りして、お手伝いさせて頂きました。
20100731_212943.jpg

会場は、尼崎スポーツの森 屋内プール。競技会は25mプールで行われ、アップ用に50mプールが解放されていました。
4回目となる今年のH2O Championshipには、923名の方々が参加し、泳いだ距離は84,700m、募金は65,083円でした。

スペシャルゲストの柴田亜衣さんと中西悠子さん
20100801_091034.JPG

開会式で挨拶する柴田亜衣さん
20100801_090758.JPG

チャリティー・オークションの舞台。山田香様(日本選手権 50m自由形 4連覇)、室伏広治様 (アテネ五輪金メダリスト)、小野沢宏時様(ラグビー日本代表)、松田丈志様(北京五輪銅メダリスト)、中西悠子さん、柴田亜衣さんが、豪華賞品を出品してくださいました。私も欲しい物があったのですが、主催者なので落札出来ず。
20100801_094428.JPG

当然のことながら、どこに行っても大人気の柴田亜衣さん
20100801_095702.JPG
20100801_095612.JPG20100801_160200.JPG20100801_165847.JPG

柴田亜衣さん、中西悠子さんは、800mフリーリレーに特別参加。
20100801_134451.JPG

募金する柴田亜衣さん。多謝!
20100801_154946.JPG

第4回 H2O Championshipのスイム
http://www.WorldSwimAgainstMalaria.com/H2OChampionship4th 

柴田亜衣さんのブログエントリー「日曜日」
http://ameblo.jp/ai-shibata/entry-10608132858.html

今年のWorld Swim Against Malariaは、11月末までがっつり活動する予定です。
南部やすかさんのブログで知った、『マンゴーと丸坊主』。
山崎 美緒さん、大阪外大でスワヒリ語を学んでいたとはいえ、いきなり自転車でアフリカを旅しちゃうなんて凄いガッツだ。

マンゴーと丸坊主―アフリカ自転車5000km!
山崎 美緒
4344010736

H2O

| コメント(0) | トラックバック(0)
第4回H2O Championshipにて、World Swim Against Malariaの活動を、柴田亜衣さんとしてきました。
疲れて脚がガクガクなので、報告はまた後ほどー。

↓亜衣さんのH2O。名前入り。
20100801_141801.JPGのサムネール画像のサムネール画像



Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、August 2010に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはJuly 2010です。

次のアーカイブはSeptember 2010です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。