September 2010アーカイブ

青年海外協力隊でパナマに行っているゼミの同期が一時帰国しているというので、大学で用事を済ませた後、梅田でデートしてきました。
20101001_175120.jpg 20101001_175138.jpg

お茶だけの予定でしたが、結局一緒にインド料理をいただきました。
思いの外、たくさん話せて嬉しかったです。1人で海外で生活するのって、それだけで既にストレスだよね。

Sちゃん、また1年後に会うのを楽しみにしてるからねー!!!

初めて読んだ日垣 隆氏の本。

以下、引用とメモ。

p. 17
知的ストレッチの基本3原則
1. インプットは必ずアウトプットを前提にする。
2. うまくいった諸先輩の方法をどんどん採り入れる
3. おのれを知る

2は、佐々木常夫氏の「プアなイノベーションより優れたイミテーション」に通じると思った。


全集を読む効用について
p. 28
もっと言えば、本を読むという行為は、書いている人の脳の中にいったん入るということにほかなりません。全集に一度ずぶずぶと入ってしまうというのは、その意味で非常に良いトレーニングになります。相手の言っていることを性格に、その回路にしたがって読みとるという訓練を、徹底的にしたほうが断然いいのです。


付箋の貼り方について
pp. 46-47
1. 著者の主張に沿って「おもしろい」と思った箇所・・・本の角を小さく折る
2. こちらの関心に沿って「使える」と思った箇所・・・上部に付箋
3. そこに紹介されている文献を手に入れようと思った箇所・・・横に付箋

図書館の本が多いので、1はNGですが、2と3は取り入れようと思いました。


pp. 47-48
黄金の5分間
いったん本を読み終えてから、5分程度かけて、付箋を貼ったり角を折ったり書き込みをした箇所だけ、まとめて再読します。この「まとめて再読」があるのとないのとでは、その後の読書力は30倍くらい違ってくるでしょう。
 黄金の5分間です。
 折ったり貼ったりする箇所をそれぞれ10カ所程度にとどめる、というのも、読書力を高めるために大きな効果を発揮します。

読み終わってから、だーっと再読すると、書いてあることの定着率が良い気がしてました。

pp. 64-68
引き出しのインデックス
企画メモ
外出時
領収証
引継
よく考えてみよう
捨てがたし
保証書/取説書
電子辞書
文房具類
注文予定
名詞
地図/お店
あとで読む
ネタ

あくまで、例として。


pp. 95-96
的確なメモのための3原則
第1原則 自分の記憶力に対する正確な評価のみが、メモの必要性の度合いを決定する
第2原則 重要な情報やアイディアを得たとき、それを忘れるかもしれないと過去の体験から推察される場合は即座にメモをする
第3原則 使うことがほぼ確実なものしかメモをしない


p. 102
自分の土俵を作るという意味では、ジャーナリズムよりアカデミズムのほうを、大いに利用させてもらったほうが賢明でしょう。


p. 132
知識や経験値をどうやって定着させていくか。ただ漠然と蓄積するのでも、体験としてどれだけのものに関わったkでもなく、どれだけのものをフィニッシュさせたか、これがとにかく一番重要です。プロジェクトにしても、報告書や企画書にしても、フィニッシュした経験、それだけが蓄積されていくのです。

p. 133-134
どんなにつまらなくても、最後に「完」と書けるものをどれだけやったか。それだけが、蓄積される体験、仕事の正体なのではないでしょうか。
 向上することの実質とは、形にする回数が増えることにほかならないからです。

ちゃんとフィニッシュしなかったから、あの体験がイマイチ身についた気がしないのか...、と長らく気になっていたことの答えを見つけた気がした。いつも報告書をきっちりまとめて、成果物を残していくMNさんがめきめき実力をつけていく感じがしたのは、こういう訳だったのね。

以下、本文中で勧められていたものたち。

B001CQYS0Y


シャチハタで一番小さい「済」印。文献を入手したら、そのポストイットに押す。その他、使い方は自由に。
シヤチハタ Xスタンパー簿記スタンパー 済 赤
B001GR2BYE
藍色もある♪
シヤチハタ Xスタンパー簿記スタンパー 済 藍
B001GR69LU
吉川国工業所製「Like-it MEDIX A4ファイルユニット」
ブルーベリー以外に、ホワイトとブラウンもあるらしい。
MEDIX (メディックス) A4ファイルユニット ブルーベリー
B000817YA0


日垣 隆
4480062823

日垣 隆
4480059652


山根式 袋ファイル整理法

高橋書店「リシェル 3」 商品番号213
2011年版 No.213 リシェル 3(手帳)
4471702130

能率手帳「キャレルA6バーチカル」商品ナンバー2021/2022


知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
日垣 隆

4479391495

関連商品
ラクをしないと成果は出ない (だいわ文庫)
ダダ漏れ民主主義 メディア強者になる!
使えるレファ本 150選 (ちくま新書)
新書がベスト (ベスト新書)
手作り弁当を食べてる場合ですよ 格差社会を生き抜く処方箋 (角川oneテーマ21)
by G-Tools
見た目は他のねずみと同じですが、ねずみ女房は、ちょっと変わったねずみでした。
自分のまだ知らないものを見たい、という欲求を持っていたから。
そんな小さなねずみ女房が、ある日、つかまえられたハトと出会います。
ハトは鳥かごに閉じこめられているのですが、ねずみ女房に心を開き、外の世界での自分の経験を話して聞かせます。
ねずみ女房の夫ねずみは、彼女が出かけていくのが気に食わず、ある日帰宅した彼女の耳にかみつきます。DVだ!!! 「チーズのことを考えてはおれんのかね?」とか「でなかったら、おれと遊べ」とか言った挙げ句、クリスマスケーキの食べ過ぎでお腹をこわして寝込み、食べ物すら集めに行かない夫ねずみ。その上にDVとは。でも、ねずみ女房は、根に持つこともなく「困ったひとだわ」くらいの感じで、受け流してるんです。被害者意識ゼロなところがすごい。
赤ちゃんねずみも生まれ、ハトのところへ行けなくなるねずみ女房。
それでも、何とか出かけていってみると、ハトは、もうねずみ女房がどこかへ行ってしまったのかと思って、食事も食べず、絶望して弱ってしまっています。ねずみ女房と再会して、泣いちゃうハト。この辺り、かわいそうでかわいそうで、もらい泣きしました。

結末は、私としてはとても納得のいくハッピーエンドでした。
この本が最初に翻訳されて日本で出版されたときに、これは童話ではなく、不倫小説だ! というようなことを言った人がいたそうですが、お門違いも甚だしい(笑)
子ども向けの童話の本ですが、大人にもお勧めです。
挿絵が本当に素晴らしい。ねずみ女房のかわいらしさ、強さを表しているだけでなく、彼女の寂しさ、ハトの悲しみ、絶望、とまどい、喜びなどが、ひしひしと伝わってきて、物語ととてもマッチしている絵なのです。この挿絵がなかったら、あんなに感情移入しなかったかも。

ねずみ女房 (世界傑作童話シリーズ)
ルーマー・ゴッデン ウィリアム・ペン・デュボア

ねずみ女房 (世界傑作童話シリーズ)
人形の家 (岩波少年文庫) そして、ねずみ女房は星を見た〈大人が読みたい子どもの本〉 まぼろしの小さい犬 時の旅人 (岩波少年文庫) Charlotte's Web (Trophy Newbery)
by G-Tools

今日は久しぶりに豊中キャンパスに行ってきました。
YIさんに、宙にてランチを食べつつ相談に乗って頂き、その後はグローバルリーダーシップ・プログラム運営委員会の打ち合わせ。阪大の図書館のグループ学習室、快適で良かったです。
2010年11月5日(金)-7日(日)のまちかね祭(大阪大学大学祭)にて、マラリア予防キャンペーンをやります♪
近畿地方にお住まいの皆さま、ぜひ11月7日は阪大豊中キャンパスにお越しくださいませ。

お月見

| コメント(2) | トラックバック(0)
去年一昨年に引き続き、今年も自宅のベランダでお月見。
20100923_203524.jpg

昼間は、お墓参りにも行きました。
20100923_162128.jpg

早朝、物凄い雷と風雨で起きたんですが、その名残か、周りのお墓の卒塔婆がばんばん倒れてた。


ゼミの先輩であるオリバー・ベラルガさんの写真が、UNDP・オリンパスのMDG写真コンテストで入賞し、UNDPのウェブサイトに掲載されました。とてもtouchingな写真なので、このブログを読んでくださっている皆さんにぜひ見ていただきたいです。

Goal 4: Reduce child mortalityのAmateur Category - Winner Goal 4の写真です。
http://www.undp.org/picturethis2010/mdg4.shtml

Mr. Oliver Belarga's (Oliver is a good friend from the seminar I belong to) photo has won an award for UNDP-Olympus-AFP Foundation photo Contest. It's such a touching picture, and I'd like to share it with you.

Goal 4: Reduce child mortality, Amateur Category - Winner Goal 4
なぜこの本を読もうと思ったのか、すでに思い出せません。何かで勧められていたような記憶がかすかに残っているのみ。うーん。

そういえば、中学2年生の頃は、こんな感じだったなぁ...と遠い昔を思い出させてくれます。
あんなふうに人の目ばかり気にするような精神状態には、二度と戻りたくないです。
第3章の「あなたはどこにはいりたい?」が、読んでいて不快でした。
今年も、眉のアートメイクのリタッチに行ってきました。
去年は、9月16日に施術しているので、ちょうど1年ぶり。
1年経つと、眉尻がかなり薄くなって、ほとんど消えかかっているのは、毎年同じ。
20100920_141645.jpg

いつも変わらない三笠焼。ちょっと甘すぎるんだよね。
20100920_160140.jpg

しばらくはくっきり濃すぎる感じなんですが、数日で落ち着いてきます。
20100920_164716.jpg
月曜日(9月13日)から金曜日(9月17日)まで、毎日集中講義に出てました。
午前中はAcademic writing、午後は(Academic) presentation skillsの2部構成。
最終日だけは、1日中presentation skillsでした。

academic writingの講師は、スコットランド人の女性で、ところどころ出てくるScottish accentになぜかとても好感を持ちました。
タイポを指摘したら、スコットランドのお土産だった可愛いノートをくださった♪
20100917_232912.jpg 20100917_232926.jpg

presentation skillsの講師は、アメリカ人男性。アメリカ西海岸のaccentがあって、私がもっとも理解しやすい英語(の1つ)で話してくれました。あのアクセントで話す人、久しぶりに会ったな。

<以下、メモ。>
------------------------------------------------------------------------------------------
Murray's 10 prompts (to write an abstract): 
1. This work needed to be done because ... (25 words)
2. Those who will benefit from this work include ... (25 words)
3. What I did was ... (25 words)
4. How I did that was by ... (25 words)
5. When I did that what happened was ... (50 words)
6. I worked out what that meant by ... (50 words) (interpretation of the result)
7. This study shows ... (25 words)
8. The implications for research are ... (25 words)
9. The implications for practice are ... (25 words)
10. What still needs to be done is ... (25 words)

Tips for a PowerPoint presentation: 
1. short text (bullet points)
2. wipe down (animation)
3. dark blue background, white text, yellow numbers, dark pink to highlight
4. large yellow for title, 32 pt
5. Arial, 28 pt (never smaller than)
6. shadow feature for text
7. maximum 7 lines
8. leave the bottom 20% of the slide empty
9. tables -- keep them simple
10. photographs -- use the whole screen
------------------------------------------------------------------------------------------

さーて、提出物に取りかかりますか...。
梅田で開催された、医療通訳士協議会 倫理規定作成第1回実行委員会に参加してきました。
20100918_124908.jpg

平日の疲れが溜まっていたようで、帰り道はひどい頭痛に悩まされました。
電車の中では、子ども3人が大声で叫んでいてびっくりしたのですが、それを注意する母親と祖母の声がさらに耳障りで、どんどん頭痛が増幅されてきて、つらかった。
公共の場でのマナーを守れない乳幼児が騒いでいるのは気にならないし、親も気の毒だなと思います。しかし、ある程度の年齢の子どもへの躾もきちんと出来ない上に、さらに大きないらついた声を出すような親の感覚は理解できない。「あんたらの声の方がうるさいっちゅーの(怒)」と周りは全員思ってたよ、きっと。
まっ、「公共の場でのマナー」とか言っても、そんなもの存在しない国もたくさんあるし。ちっちゃいことでイラついてたら、自分の人生がもったいないよー、と思って流そうー。あー、頭痛い。
奈良トーストマスターズクラブで、最初のスピーチをしました。
まだ正式の発足していないクラブでのdemonstration meetingでのスピーチでしたが、きちんとevaluateして頂いて、嬉しかったです。
評価は高かったけれど、後で録音を聞いてみたら、いろいろ恥ずかしい点がありました。

父が、ロシア出張から帰国しました。
ボルガ河を移動する船の上での学会だったそうです。
干しシイタケかと思いきや、素朴な甘さのお菓子でした。
20100910_214211.jpg

明日から、集中講義だー。
公開シンポジウム「スタンフォード・京都・アジア諸国とのダイアローグ --東アジア共同体の時代は訪れつつあるのか? -- 」を聴いてきました。
6名のパネリストは、すごい経歴の方々ばかり。でも、introductionでしゃべりすぎだと思いました。ディスカッションがほとんどなかった。

アンドリュー・マッキンタイアー氏(オーストラリア国立大学アジア太平洋研究科長・教授)が、日本の若者に対して、もっとspeak upしよう、というようなメッセージを発していて、それは聴いていて気持ち良いストレートな激励でした。
20100910_183259.jpg

Q&Aで質問するつもりだったのに、隣の学生さんに一瞬先を越され、結局時間切れで質問出来ず。何となく不完全燃焼なまま終わってしまいました。頑張って京都市国際交流会館まで行ったのになー。こんなことなら、もう少し早く行って、南禅寺(藤堂高虎像がある)を拝観してくれば良かった。
スイムEKIDEN 1000 in 京都アクアリーナ」の会場にて、World Swim Against Malariaの募金活動をしてきました。

5時起きだったのでかなり辛かったのですが、源純夏さんの笑顔を見た瞬間、パワーをもらった気がして一気に回復。
2ヶ月ぶりにお会いした源さんは、先日のOWS(オープン・ウォーター・スイム)の大会でキレイに健康的に焼けていらっしゃいました。羨ましい。
20100905_090429.jpg

まずは、開会式の挨拶の際、WSMへの協力を呼びかけてくださました。お昼休みのスイムクリニックの直後には、司会者の方と私、源さんでマラリアの現状とWSMの活動の紹介し、募金を呼びかけました。
20100905_120150.jpg

順番待ちの列がずっと途切れなかったサイン会では、すべての人とにこやかに話したり、握手したり、写真を撮ってくださった源さん。素敵すぎでした。ニュージーランドのハチミツをプレゼントしたら、とっても喜んでくださいました♪ 嬉しいー。
20100905_150806.jpg

1000mチャレンジリレーに3人で出場されていたH2O Swim Teamのメンバーが、WSMのブースに来てくださり、大感激。試合出場の時間以外は、ずっとブースで一緒に募金を呼びかけてくださいました。ありがとうございました!!!
20100905_162312.jpg

今日は、会場でWSMオリジナルTシャツを販売しました。このTシャツは、ゼビオ株式会社さんが無償で作ってくださったもの。おかげさまで、売上は全額、募金となります。
20100905_155524.jpg

本日、WSMの活動に参加してくださった方々は、85人、募金額(Tシャツ売上含む)は、44,006円となりました。これは蚊帳113張に相当し、226人の子どもたちが5年間安心して眠れる計算になります。

活動に参加・募金してくださった皆様、いつも活動を力強くサポートしてくださる源純夏さん、ボランティアで一緒に活動してくださったH2O Swim Teamの皆様、そして活動の機会を与えてくださった株式会社アールビーズの皆様、株式会社ビバの皆様に、厚く御礼申し上げます。

閉会式で挨拶される源純夏さん
20100905_170834.jpg

「スイムEKIDEN 1000 in 京都アクアリーナ」のスイム
http://www.WorldSwimAgainstMalaria.com/SwimEkiden1000inKyoto2010

源純夏さんオフィシャルブログ「純夏の棲家」エントリー
「西京極」
http://ameblo.jp/sumikaminamoto/entry-10639710681.html
デジタルメモ「ポメラ」DM20を買いました。
画面は大きくて見やすいし、キーボードも打ちやすくて、いい感じ。何より起動が速くてストレスフリーです。
PCよりはだいぶ軽いので、これなら携帯も楽そうです。

純正のケースは高いので、代わりに何かいいのがないかなーと探していたら、ありました。
無印良品のポリエステル電子辞書ケース。笑っちゃうくらいぴったりフィット。
店頭に残っていた最後の1個で、しかも半額♪ 525円でした。
20100903_003708.jpg

薄いですがポケットもついていて、USB接続ケーブルも収納できます。ファスナーが若干開けにくいので、以前友人にもらった携帯ストラップのパーツを付けてみました。別に回し者じゃないよ。
20100902_231341.jpg


9月ですね。今年も残すところ3分の1となりました。時間が経つのは速い。速すぎる。

知人が関わっているシンポジウムのご案内です。
面白そうだし京都だし無料だし、私も行きたい。

========================================================
第2回公開シンポジウム
「スタンフォード・京都・アジア諸国とのダイアローグ
?東アジア共同体の時代は訪れつつあるのか??」
========================================================
【日時】 2010年9月10日(金) 17:00-18:30 (開場16:30)

【会場】 京都市国際交流会館 イベントホール
 http://www.kcif.or.jp/jp/access/

【定員】 先着200名(無料。日英同時通訳有)

【内容】2008年の世界的金融危機、日本における政権交代、中国の
経済力の勃興などは東アジア共同体という概念を今までになく、
切実な今日的テーマとしつつあります。そして、太平洋のもう一方の
側では、オバマ政権が新しい地域主義への関心を深め、それに対応
しようとしています。今年の11月には汎太平洋的なAPEC会議が日本
で開かれます。

この東アジアにおける地域主義の将来を形作る重要な時期にあたって、
スタンフォード大学のショーレンスタイン・アジア太平洋研究センター
(APARC)は、各国の専門家による「第2回スタンフォード・京都・
アジア諸国とのダイアローグ」を開催いたします。そして、これを
機会に、ダイアローグ参加者の中から数名が代表として出席する
「公開シンポジウム」を開催いたします。

日中韓による東アジア経済共同体という提案は、実現可能なアジェンダ
なのでしょうか?それは、APEC やASEANプラスなど、他の経済統合の
アイディアとどう比べられうるでしょうか?経済統合とともに地域的な
軍事的安全と政治的安定は、どう保証されうるでしょうか?アメリカは
アジアの地域主義とどうかかわり、アジアのそれに対する対応はどのよう
なものとなるでしょうか?

「公開シンポジウム」では、こうした問題について、以下の各国を代表
する識者が 積極的に議論を戦わせる予定です。

≪モデレーター≫
●青木昌彦氏
?スタンフォード大学名誉教授、スタンフォード日本センター共同理事長

≪パネリスト≫
●マイケル・アマコスト氏 (アメリカ)
?スタンフォード大学特別上席フェロー、元・米国駐日大使
●時殷弘(シ・インホン)氏 (中華人民共和国)
?中国人民大学国際関係学院教授、同校米国研究センター主任
●尹永寛(ユン・ヨングァン)氏 (大韓民国)
?ソウル大学教授、元・韓国外交通商部長官
●トン・ヌー・ティ・ニン氏 (ベトナム)
?トリ・ベト大学設立プロジェクト代表、元・ベトナム駐欧大使
●アンドリュー・マッキンタイアー氏 (オーストラリア)
?オーストラリア国立大学アジア太平洋研究科長・教授

【詳細およびお申し込み】 下記サイトよりお申込み下さい。
http://officepolaris.co.jp/stanford/

【主催】スタンフォード大学アジア太平洋研究センター、
スタンフォード日本センター、京都市

【後援】京都府、社団法人京都工業会、京都商工会議所(予定)

【お問合せ先】
スタンフォード・京都ダイアローグ日本事務局
(株式会社ポラリス・セクレタリーズ・オフィス内)
和住麻矢・松田俊二・市原直子
skd@officepolaris.co.jp
========================================================

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、September 2010に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはAugust 2010です。

次のアーカイブはOctober 2010です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。