『花埋み』 (2011 001)

| コメント(0) | トラックバック(0)
MNさんが勧めてくださった『花埋み』を読みました。
最初に読んだのが『失楽園』だったため、渡辺淳一氏の作品はそれ以降読まずにいたのですが、この作品はずっと抱いていたネガティブな印象を払拭するものでした。
日本で最初の女医となった荻野吟子の生涯を描いた小説です。

★★★☆

花埋み
渡辺 淳一
20110117_234133.jpg

関連商品
遠き落日(下) (集英社文庫)
光と影 (文春文庫)
秘すれば花 (講談社文庫)
化身(上) (講談社文庫)
夜に忍びこむもの (文春文庫)
by G-Tools

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takui.net/mt/mt-tb.cgi/6007

コメントする

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、natsukoがJanuary 17, 2011 11:52 PMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初詣」です。

次のブログ記事は「『父の輝くほほえみの光で』 (2011 002)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。