『社会貢献でメシを食う』 (2011 003)

| コメント(0) | トラックバック(0)
著者の竹井善昭(たけいよしあき)氏は、ソーシャルプランニング代表。教育支援NGO「Room to Read」企業パートナー開発委員会協働リーダー。

以下、メモ。ぐちゃぐちゃだけど。

p. 74
社会貢献というのは実は、新しいビジネスを生み出す仕事なのだ。途上国の貧困層や、日米欧の先進国の社会的弱者などが自立できるようなビジネスを生み出す。これが、社会貢献の真の目的である。


p. 87
コーズ・マーケティングとは
正しくは、「Cause Related Marketing」、社会的な正義や大儀と関連づけたマーケティングの手法。基本的には、ある商品を買うとその売上げの一部がNPOなどに寄付され、社会問題の解決に役立てられるという仕組み。アメリカン・エキスプレスが始めた「自由の女神修復プロジェクト」が世界初といわれている。
日本での有名な事例は、ボルヴィックの「1l for 10l」プログラム。その他、アサヒビール、森永製菓、王寺ネピア、ブックオフなど数多くの企業が実施。概ね前年比110%以上の売上増を達成して成功している。
今後のマーケティング、ブランディングの有用な手法として進化すると考えられる。

ビル・ドレイトン 「アショカ財団」
原丈人氏
枋迫篤昌(とちさこあつまさ)氏
駒崎弘樹氏「フローレンス」

p. 112
駒崎の優れたところは、利益が出せるはずがないと考えられていた病児保育の世界で、利益を出せるビジネス・モデルをつくったことだ。フローレンスのビジネス・モデルは、会員制の定額課金モデルである。利用者は毎月、一定額の会費を払う。これで、フローレンスは毎月、一定額の売上げを上げることができる。利用回数が一定数を超えると追加料金が必要になるなど、この事業を成功させた細かい仕組みはいろいろあるが、基本的にはシンプルなモデルだ。

小暮真久氏「Table for Two」

p. 122
そんな中、内閣府は2010年、70億円の予算をNPOに投下する「地域社会雇用創業事業」を開始した。社会起業家育成の中間支援団体「ETIC.」は、この事業の一環として日本のソーシャル・ベンチャーのビジネスマーケットを創出する「ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケット」事業を開始した。

p. 133
つまりは、ミッションと事業コンセプトがあり、それを語れるリーダーがいれば、優秀な人材は自ずと集まってくるのである。それが、持続可能なビジネス・モデルをつくるために、社会起業家になるために必要なスキルなのである。

The Economist

プロボノNPO 「サービスグラント」

p. 185
企業会計を社会貢献に役立てようという試みは数多い。代表的な例が、「トリプルボトムライン」と呼ばれるもの。これは、一般的な会計では、売上げや経費などの数字の最終行(ボトムライン)に、その年の企業の成果が書かれる(「収益」「損益」)が、ここに「社会貢献」と「環境」のふたつのボトムラインを加えようという考え方だ。
これからの企業会計に求められるのは、社会貢献した方が企業価値が上がるということを、明確な数字で語れるような理論づくりだ。(後略)

alterna (オルタナ)
「Sympress」社会貢献に熱心な会社や社長のことが載っている。

金融
SRI (社会的責任投資)ファンド 大和証券

IT・通信
携帯・ITテクノロジ
ソフトバンク iPhoneを使った障がい者向け教育支援システム開発

コンサルティング
多くのコンサルティング会社は、CSRとしてNPOの経営戦略づくりの支援を行っている。本業として企業の経営戦略づくりを手伝っている。今後は、本業とCSRで培ったNPOネットワークを活かし、企業とNPOのコラボによる新しいソーシャル・ビジネスを生み出す母体となる可能性が高い。

メーカー
日本のメーカーはその高い開発力を使って途上国の生活改善に貢献できる。すでに、住友化学がアフリカの伝染病を防ぐ蚊帳をつくって世界的に高い評価を得ている。他にも、途上国の汚れた水を簡単にキレイな飲料水に変える技術や、安全に地雷を爆破できる機会を開発したメーカーもある。BOPビジネスや、開発支援ビジネスをやりたければメーカーがおすすめだ。

商社

流通・飲食

ダイヤモンド・オンライン「『社会貢献』を買う人たち」
世界を変える100人になろう

日本ファンドレイジング協会
日本フィランソロピー協会
JANIC
アメリカン・エクスプレスのNPOリーダー育成のためのプログラム


p. 253 参考文献

ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家
ムハマド ユヌス アラン ジョリ Muhammad Yunus
4152081899

ソーシャル・アントレプレナーシップ―想いが社会を変える
谷本 寛治 SIJ 唐木 宏一
4757121903
「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方
駒崎弘樹
486276018X

貧困の終焉―2025年までに世界を変える
ジェフリー サックス Jeffrey D. Sachs
4152087234

フェアトレードの冒険 草の根グローバリズムが世界を変える
ニコ・ローツェン/フランツ・ヴァン・デル・ホフ 永田 千奈
4822246248

フラット化する世界 [増補改訂版] (上)
トーマス フリードマン 伏見 威蕃
4532313775

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takui.net/mt/mt-tb.cgi/5992

コメントする

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、natsukoがJanuary 19, 2011 10:40 PMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『父の輝くほほえみの光で』 (2011 002)」です。

次のブログ記事は「『おばあさんの馬』 (2011 004)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。