February 2011アーカイブ

青色申告・確定申告、終わりました。税金も納めたし、すっきりー!!
20110225_165057.jpg 20110228_151229.jpg

奈良税務署に掲示されていた可愛いポスター。
20110225_161014.jpg

去年は3/15ギリギリに提出したから、今年はそれよりはマシだったということで、及第点かな。
表表紙にあるとおり「ある大学生のカンボジアに小学校を建てるあるものがたり。」です。
下ネタが多くて、ちょっとひいてしまった。

★★☆

僕たちは世界を変えることができない。
葉田 甲太

4434117564

関連商品
クイック・ジャパン 93
ACTORS magazine (アクターズマガジン) Vol.3 (OAK MOOK 364)
アクチュール・ステージ (キネ旬ムック)
演劇ぶっく 2010年 12月号 [雑誌]
FLIX (フリックス) 2011年 02月号 [雑誌]
by G-Tools
ブログにTeaというカテゴリを作ったくらい、お茶が好きです。
中国茶ばかり飲んでいた時期もあり、そのための道具もいろいろ揃えていました。直近の引越の際にほとんど処分してしまいましたが。
お茶を淹れて、ほっと一息つきながら飲む、という行為はいつまでも好きだと思います。
引越の手伝いに来てくれた妹が、前日にもかかわらず準備がほとんど出来ていないことに驚いて呆然と立ちつくす横で、「とりあえずお茶にしよ」と言ってお茶を淹れていたと今でもからかわれます。

★★★

お茶の時間のたのしみ tea time style
鈴木 香代

4901359533

関連商品
中国茶浪漫紀行
和の中の中国茶―隠やかな共生の世界
茶馬古道の旅 中国のティーロードを訪ねて
茶人と巡る台湾の旅 (アジアの新しい旅シリーズ)
中国黒茶のすべて―微生物発酵茶
by G-Tools
頭脳流出の問題は、深刻だと思う。
松本 仁一氏の他の著書も読んでみたいと思った。

<目次>
はじめに

序章 アフリカの今―ルムンバの夢はどこへ行ったか
ワニの川を渡って/一か月働いて卵二ダース/人口の四分の一が南アへ逃げていった/十六万%を超えるインフレ率/「子どもよ、未来は美しい」は幻想だったのか

第1章 国を壊したのは誰か―ジンバブエで
突然の「価格半減令」/ハンバーガー一個が三○○○万Zドル/医師も薬剤師も国外へ出て行った.../順調だった農業育成/「雨が降ったら開けろ」―農業普及員の活躍/政府が農業に無関心になった/大統領の腐敗と失政/白人農場占拠をあおる/独立後に買った農場も/農場占拠者をお茶に呼ぶ/「四八時間以内に出て行け!」―収穫全滅へ/流民化する農場労働者/野火で動物狩り/「苦しいのはあいつらのせいだ」―不満のすりかえ/植民地支配が生み出した多部族国家/「経済崩壊はすべて英国のせい」という政府高官/野党議員を鉄棒で乱打/大統領選挙への挑戦/怒る「死神マンダ」

第2章 危機に瀕する「安全」と「安心」―南アフリカ共和国で
政権の腐敗と治安の悪化/ヨハネスブルクでパトカーに同乗する/警官殺しが月一五件/都市に流れ込む貧困層/七年後、再びパトカーで/新手の犯罪、カージャック/殺人は一日五○人/電気もない、トイレもない/解放の闘志のあまりにも早い腐敗/治安システムが崩壊する国々/なぜ指導者たちは腐敗するのか/「公の欠如」という問題/腐敗と建設がせめぎ合う国

第3章 アフリカの中国人―南アで、アンゴラで、スーダンで
「新植民地主義」システムの新しい主役/ギャングにねらわれた中国人の店/同郷人頼りに、次々と海外へ/商機を黒人客に求める/「妻の幽霊が出るんだ」/残された借金四○○○ドルの後始末/ただ一人の中国人警官/年に一万五○○○人ずつ中国人が増える?/アワビ犬登場/アワビ犬に密猟者たちの懸賞金/中国製品の卸売が二○○○店/二万五○○○ドルの商談も一分で/本国とのつながりを生かす―中国人が業界を制覇した/アンゴラでも増える中国人卸売商/石油を求めて中国政府も参入/スーダン石油開発公司の人々/経済制裁の隙間を縫って/急増する中国人人口/いらだちをつのらせるスーダンの人々/中国への反発と封じられる批判

第4章 国から逃げ出す人々―パリで、歌舞伎町で
マリの村人、パリ郊外へ/パリに住む農協役員たち/パリ大学を出て夜警に/アフリカから新宿・歌舞伎町へ/仕入れてもいない酒に二三万の請求/在日アフリカ人の四人に一人がナイジェリアから/「まず日本女性と結婚しろ」/なぜ歌舞伎町に流れ込んだのか/ナイジェリアという国―ビアフラ戦争の悲劇/崩壊した国家から来た男/高まる母国からの「押し出し圧」

第5章 「人々の自立」をめざして―農村で、都市スラムで
「やる気」をうながすシステムづくり/「ただの援助」はしない/村人が自分で考える/政府の警戒と妨害/学校をつくる人々/ソウェトにできたレストラン/取り残された貧困地区で/「希望の山」の若者たち/元子ども兵のバイクタクシー/内戦の悪夢をのりこえて/地域ぐるみで安全を回復する―ソマリランドの「ピースメーカー」たち

第6章 政府ではなく、人々に目を向ける―ケニアで、ウガンダで、セネガルで
マカダミアナッツで年五○○○万ドル/失敗と改良を重ねながら/遅刻・無断欠勤なし、そして「給料遅配なし」/働く張り合いをつくる制度/「私なしでやっていけます」/ウガンダ最大のシャツ・メーカー/「トマト」の偽ブランドも/遅刻者は追い返す/「与える援助」は終わった/セネガルの岬に生ガキ屋台を/新しい動きは「人々」から始まる

あとがき

★★★☆

アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)
松本 仁一

4004311462

関連商品
新書アフリカ史 (講談社現代新書)
ルポ資源大陸アフリカ―暴力が結ぶ貧困と繁栄
アフリカ 苦悩する大陸
カラシニコフ I (朝日文庫)
アフリカのいまを知ろう (岩波ジュニア新書)
by G-Tools
年末の「大掃除」が嫌いです。
あんな寒い中、ひたすら掃除をしたり、水仕事をしたりするのが、大嫌いです。どうせ大掃除するならむしろ夏にしたい。
大掃除をしなくて良いように(汚れをためないように)家事をするよう、心がけている時期もありました。今は食器と台所のシンク専門(笑)

というわけで、クレオ大阪西で開催された「全5回連続・オルター石けん講習会 簡単!楽しい!石けん生活」の「第3回お掃除編」に参加してきました。
講師は、上木めぐみ氏(自然派生活塾なちゅらる本舗主宰)。
すでに知っている内容もありましたが、実践出来ていないことがたくさんありました。
家(や部屋)は自分の内面の現れ。いつも、きれいにしておきたいものです。

以下、本日学んだことの一部をメモ。

(1)使った後はさっと拭く習慣を
・冷蔵庫の食品、鍋など、物を取り出したら、それがあった場所を拭く
・ガス台を使ったら温かいうちに拭く
・台所の流し、洗面台を使ったら、水適を拭き取る

*いつもすぐ使える場所に濡れタオル(洗面所にはミニタオルが便利)、雑巾を常備。「使ったら拭く」ことを習慣にする。
→汚れが軽いうちに拭き取れば、大がかりな拭き掃除掃除をする頻度が激減
→水回りに湿度がなければ、カビや雑菌は生えにくい

(2)ついで掃除の習慣を
・トイレを使ったついでに、サッとブラシでこする
・洗濯機を回したついでに、洗濯機周りを拭く
・窓を開け閉めしたついでに、サッシの溝をサッとひと拭きする
・調理器具を出し入れするついでに、トレーをひと拭きする

(3)1日10分の頑張らない掃除
月曜=安息日 (鏡を磨けという人もいる)
火曜=火を使う場所の10分掃除=ガス台、オーブン、家電、照明器具の掃除、アイロンがけなど
水曜=水を使う場所の10分掃除=風呂、シンク、トイレなど
木曜=木製品(家具)の10分掃除=タンスやサイドボードなどの家具、額縁、床、壁など
金曜=お金関係の掃除=家計簿チェック、銀行回り、財布の中の整理など(財布の内側・外側をアルカリウォッシュで拭くのも良い)
土曜=土のある場所の10分掃除=庭、ベランダ、玄関、靴箱など
日曜=日に干す日=洗濯物、布団を日に干す、クローゼットを半日開け放っておく

*ポイントは、10分以上やらないこと。
→タイマーをセットして、10分経ったら終わり。
→精が出て満足いくまで掃除したくなりがちだが、やりすぎると後が続かない。
→毎日決まった場所10分間だけ。それ以上やらない。


タイル目地の黒カビ:
(1)粉石けん1:酸素系漂白剤1(同量)を、少量のお湯で練ってペーストを作る
(2)カビ部分に塗りつけて、ラップを張りつけ1?2時間放置。
(3)歯ブラシなどでこすってカビを落とし、よくすすぐ。

クエン酸:トイレの便器、風呂場の鏡、洗面器やバスタブの白い汚れやざらつきに。コーヒーメーカー、食洗機、湯沸かしポットの洗浄にも。
アルカリ剤(セスキ):ガスレンジ周り、トイレの便器周り、推薦レバーなど、手垢がつきやすい場所に。
重曹:研磨、消臭目的で使用。工業用ではなく、食品用で添加物が混ざっていない物を選ぶ。煮物や歯磨きに。
整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣』 で、キーボードとマウスを統一することで、オフィスと自宅のパソコンを同じ使い勝手へと返信させるハックが紹介されていました。キーボードは、未だに6年前に購入したTopre Realforce 101を愛用してますが、マウスはLogicoolのワイヤレスのものが壊れた後は特に買い換えず、自宅にあったNECの古い光学式マウスを使っていました。マウスなんてほとんど使わないから、何でもいいやーと思っていましたが、もしかして年末年始に右手が腱鞘炎になったのは、この有線のマウスを使いすぎたせいかもしれない(!?)と思い当たりました。
自宅のPCはタワー型のデスクトップなので、PCラックにマウント(笑)して使っています。そのため、マウスはキーボード横の狭いスペースに置いてあり、ディスプレイ(割と大画面)上を端から端までポインター移動させるときにいちいち持ち上げなくてはならなくて、うっとうしいなと思っていたのでした。
というわけで、小山龍介氏おすすめのトラックボール式のマウスを買いました。
20110220_014329.jpg
親指でトラックボールを操作するのに、最初は慣れなくて少しとまどいました。が、慣れてくると、大変使いやすいです。ポインターをディスプレイ上を縦横無尽に(大げさ)移動させて、悦に入っています。オススメです!!!

LOGICOOL ワイヤレストラックボール Unifying対応超小型レシーバー採用 M570

LOGICOOL ワイヤレストラックボール Unifying対応超小型レシーバー採用 M570
LOGICOOL ワイヤレスイルミネートキーボード K800 LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応 K340 LOGICOOL ワイヤレスナンバーパッド テンキー Unifying対応 N305 LOGICOOL ワイヤレスデスクトップ キーボード&マウスセット ワイヤレスコンボ Unifying対応超小型レシーバー採用 MK520 マイクロソフト ワイヤレス キーボード Wireless Keyboard 6000 J9C-00004
by G-Tools

面白かった! 小山龍介氏の他のライフハック本も読んでみたいと思いました。

p. 1
整理は創造性のない、退屈な仕事のように思っている人も多いかもしれませんが、整理について考えることは、実は本来、創造的なことなのです。
まさに「退屈な仕事」だと思っていました。

p. 21
まず一つが、添付ファイルの名前のルール。ファイルの名前として、プロジェクト名+書類名+作成日(たとえば「モバイルサイト_予算20090204.xls」等)というファイル名をつけておきます。

今自分で決めているルールとちょっと違うので、移行すべきかどうか迷ってます。

p. 21
もう一つが、日付の記述を統一しておくというルール。僕の場合、「2009/3/4(水)」というようにスラッシュ(/)で区切るというルールにしています。

日付の記述の統一、最近忘れてた。復活させよう。

p. 29で紹介されているAdobe Digital Editions、使いやすくて良い!!
p. 40で紹介されている、ファイルはとりあえずSugarSyncのMagic Briefcaseに放り込む、というのも使えるハックです。
p. 50で紹介されているEye-fiという、SDカード型の画像データを自動転送するツールは、一度使ってみたいです。
p. 81で紹介されている、複数のPC間でブラウザの環境をそろえる機能を追加してくれるXmarksというアドオンも良さげ。最近、メインのPCしか使ってないけど。
p. 92で紹介されている、IMEバーは上端中央に置く、とうハックはさっそくやってみたら、大変良いことに気づきました。
p. 194で紹介されているUSB端子に接続して使うアロマディフューザー、欲しい。こういうの↓
AromaUSB Dx アロマUSBデラックス 超音波式小型アロマ・ディフューザー ELAICE [エレス]◆ピンクAromaUSB Dx アロマUSBデラックス 超音波式小型アロマ・ディフューザー ELAICE [エレス]◆ピンク

by G-Tools

p. 222で紹介されている、名刺のスキャンは、あきらめてやろうと思いました。

やることはたくさんあるけど、やはり部屋の片付けを続行しないと。

<目次>
はじめに
Chapter 1. 書類ハック! データ集約とアクセス分散
01 プリントアウトは容赦なく捨てる
02 打ち合わせ資料はメールで共有、保管する
03 ファイル名は「プロジェクト名+書類名+作成日」にする
04 ドキュメントスキャナーでデジタルデータに変換する
05 書類をスキャンすしてデジタル書棚をつくる
06 SugarSyncで「どこでもオフィス」を実現する
07 紙の書類まで持ち運ぶ究極の「どこでもオフィス」をつくる
08 リファレンスファイルを充実させ、いつでも最高のパフォーマンスを発揮する
09 ファイルはとりあえずMagic Briefcaseに放り込む
10 外出先、コンビニで必要書類をプリントアウトする
11 パソコンの電源は落とさず、常にスタンバイしておく
12 Google Documents、Picasaを使って他人とファイルを共有する
13 Eye-fiを使って写真データのアップロードを自動化する
14 重要なWeb画面はキャプチャーをとる
15 SDカードを使い分けて効率的にデータの受け渡しをする
16 紙の書類はクリアホルダーで時系列管理する
17 100円ノート1冊に情報集約する
18 データ集約とアクセス分散

Chapter 2 環境ハック! 環境の統一と洗練
19 小物を透明ポーチに入れて整理する
20 出張セットを用意して急な出張に備える
21 充電はすべてUSBケーブル経由で行う
22 ワンツール・マルチユースを実現する
23 ノートPCのACアダプターを3つ用意する
24 自宅とオフィスで同じキーボードを使う
25 Firefoxのアドオンでブラウザを自分仕様にする
26 Xmarksで環境を瞬時にコピーする
27 机の右側をクリエイティブスペースにする
28 ティッシュとペン立てを固定して秩序を保つ
29 仕切りをつけて袖机の空間を無駄なく使う
30 IMEバーは上端中央におく
31 デュアルディスプレイで作業領域を広げる
32 机の上とデスクトップはきれいにして帰る
33 環境の統一と洗練

Chapter 3 情報ハック! 時間軸と空間軸
34 本を捨てて情報吸収力を上げる
35 書評ブログを書いてデータベースをつくる
36 オリジナル注釈をつけて本を情報データベースに変える
37 雑誌の記事データベースを作成する
38 新聞は数字とキーワードだけメモする
39 Technoratli、はてブで上司の知らない最新情報を得る
40 RSSリーダーで情報収集を仕組み化する
41 図版の縮小コピーで自分辞書をつくる
42 目次をノートに貼って書籍データベースをつくる
43 デジタルメモはケータイメールはEvernoteにクリップする
44 Twitterでライフログをとる
45 位置情報を付加して情報収集・整理する
46 タグを活用して情報整理する
47 テレビ番組は1.5倍速で見る
48 議事録ドリブン会議を導入して会議を効率化する
49 メーリングリストでプロジェクト情報を冗長化する
50 報告書はピラミッド原則で書く
51 時間軸管理と空間軸管理

Chapter 4 生活ハック! ルーチンとサプライズ
52 通販を活用して生活をシンプルにする
53 悩まずに同じものを購入する
54 1回分を買いだめして心配の種をなくす
55 コンビニ受け取りで気兼ねなく買い物する
56 書籍を会社で受け取って評判を上げる
57 二次会に参加しなくてすむテクニック
58 服を時系列に整理して朝の迷いをなくす
59 食事パターンをつくって栄養管理する
60 掃除でリフレッシュし、集中力を高める
61 自宅と会社以外の第三の場所をつくる
62 ルーチンとサプライズ

Chapter 5 思考ハック! 情報分割と統合
63 「わからない」まま頭にインプットし、無意識のうちに整理する
64 寝る前にインプットして寝ている間に仕事する
65 アウトプットするときには一つのことに集中する
66 創造性を高めるためのToDoリストのつくり方
67 ToDoリストとメールを統合して管理する
68 歩いて考えをまとめる
69 アロマなどの癒しグッズで思考モードをかえる
70 ペンを替えて思考のギアチェンジをする
71 図解して思考を整理するコツ
72 スペースを使い発想を強制的に広げる
73 マインドマップを使って情報のネットワークをつくる
74 類語で発想を広げる
75 名前をつけ、レイヤーを上げて整理する
76 情報の分割と統合

Chapter 6 人脈ハック! リンクとショートカット
77 1年たったら名刺を捨てる
78 名刺にはすぐ、もらった日付を入れる
79 名刺はすぐにスキャンして閲覧できるようにする
80 名刺読み取りソフトで名刺検索システムをつくる
81 会った人へパーソナル広報誌を送る
82 ふとしたタイミングに手書きの手紙を送る
83 著名人と知り合うためにセミナーを開く
84 Spyseeで他人の人脈を把握する
85 個人のオリジナル名刺をつくる
86 やりたいことを宣言してやりたくないことを回避する
87 イベントにテーマを持たせてニュースをつくる
88 人を紹介する仲介者になる
89 リンクとショートカット
89+1 POKENでデジタル名刺交換する

★★★★

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣

小山 龍介

4492043373

関連商品
TIME HACKS!
STUDY HACKS!
IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣
STATIONERY HACKS!
PLANNING HACKS!
by G-Tools
外山 滋比古氏の文章、好きです。
1980年代(?)に「毎日夫人」に連載した中から選んで、1冊にまとめたのがこの本なのだそうです。
タイトルの「ゆっくり急ぐ」は、アウグストゥス皇帝の言葉である「フェスティナ・レンテ(ゆっくり急げ, Festina Lente)」に由来しています。

p. 204
「ゆっくり急げ」は、たとえば「急がば回れ」などとは違う。むやみに急いではいけない。だらだらしていてはもちろんいけない。平常心を失うことなく先を急ぐ、という心である。生き方の教えとも、仕事の心得とも解される。

<目次>
I 風の音
立ち居ふるまい
ゆっくり話す
風の音
虫封じ
シエスタ
目ざまし魔
道ゆき
万歩計
カゼの徳
痛み知らず
大手をふる
手紙
言葉のおくりもの
泣くがいけない
幻想の美

II 目の時代
「かわいい」
接触飢餓
笑う世間
顔写真
あまのじゃく
親が喜ぶ親不孝
見えている安心
つけ
"標準"の思惑
わしづかみ
目の時代

III ご飯茶碗
新朝食
春の味
大好物
うまい魚
桑の実
味噌汁
新茶の味わい
ひとりあわれ
快食清談
料理好き
ご飯茶碗
植木市
朝の愉しみ
夏日の帽子
散歩のおとも
靴がほしい
あったかい手袋
万年筆
年寄りの碁習い

IV 昼下がりの出来事
すず風
忘れ物
小骨いっぽん
写真不安
意識するほど
昼さがりの出来事
理髪店のおやじさん
そのうち
凸凹道
旅に出よ
簡にして重の寺
行く先は夢の国か

あとがき

★★★☆

ゆっくり急ぐ
外山 滋比古

4620320293

関連商品
朝採りの思考 ?シンプルな目を育てる
空気の教育 (ちくま文庫)
文章力―かくチカラ
ものの見方
これからの思考の教科書 ?論理、直感、統合ー現場に必要な3つの考え方?
by G-Tools


年始に届いた、イタリアの親戚からのギフト(の一部)。
ピスターチオがぎっしり入ったヌガーです。ちびちび食べてます。
20110128_2118.jpg

本日のwinter song。哀しいよぅ。

読み終わって、殺伐とした気分になった。
「爆笑小説」らしいけれど、別に笑えなかった。
奥田英朗氏は、この作品で何を伝えたかったのだろう。


ララピポ
奥田 英朗

4344010515

関連商品
真夜中のマーチ (集英社文庫)
ガール (講談社文庫)
最悪 (講談社文庫)
マドンナ (講談社文庫)
家日和 (集英社文庫)
by G-Tools



伊藤ゆかり氏の本だったので、読んでみました。
日本は、働く妊婦にも出産した後の母親にも相も変わらず働きにくい社会だなと思いました。
でも、いろいろやりようはあるよ!!という救いかな、本書は。
皆様、バレンタイン、おめでとうございます。
↑これって、正しい挨拶なのでしょうか。
昨日のNara Toastmasters Club 10th Demonstration Meetingでは、"Happy Valentine's Day to the ladies!"と挨拶してくださったTMがいらっしゃいましたが。

奈良は、今朝からずっと雪が降っています。
気温もだいぶ下がってきて、ぼたん雪から粉雪に変わり、積もり始めました。
どきどきしながら雪の中出かけ、宅急便を送り、郵便局へ行き、買い物を済ませて帰ってきたら、二輪で夕刊を配達していた男の子が事故っていました。気の毒だ(T T)
20110214_162918.jpg 20110214_171555.jpg

バレンタインのチョコレートは、数日前に手配してあったので、本日手元に届いていることを祈るのみ。
今年も、Love is Free Campaignに協力しているvanilla sugarさんの「星空のショーコラ」や、フェアトレードのオーガニックチョコレートを贈りました。
20110214_173756.jpg

ユリウス・カエサル ルビコン以前三部作の最終巻、面白かったー!!

pp. 166-167
 それにしても、マンガ『アステリックス』を見ていると、ガリア戦役後のガリア人にとって、ローマ化とはどういうことか、またガリアの特質を保持するとはどういうことであったかが想像されて面白い。祭司の調合したリキュールを飲みアステリックスに率いられ、無敵のカエサル軍団を散々にやっつける彼らガリア人は、ローマの武力に屈しないゆえにローマの文明にも屈しないのである。彼らは、あらゆるローマ的なるものを拒否し、ガリア的なるものを保持しつづける。
 例えば、頭髪は短くひげもそるローマ風に対し、ローマ人が「長髪のガリア」と呼んだごとく、髪は三つ編みにするほど長くのばし、ひげもそらない。また、短衣(トウニカ)にマントのローマ式に対し、これまたローマ人が「ズボンのガリア」と呼んだままに、ズボン姿で居つづける。そして、ローマ人の主食である小麦粉を主体にしたポタージュ(でなければおかゆ)を、あんなものよく食えるねと軽蔑し、ガリアの伝統であるイノシシの丸焼きにかぶりつく。森を切り開き、沼を埋め立て、都市計画も見事に開発されていく周辺を横目で見ながら、自分たちは以前と変わらない防柵の中の木と土でできた家に住み、舗装されていない道路の土ぼこりを浴びつづける。水道工事なども行われ、広場や家に水がとどくようになり、便利になったと喜ぶ他のガリア人を軽蔑し、あいかわらず川と泉でしか水を汲まない。下水工事ですら、すぐそばに森のある村の生活には必要でないという。
 しかし、この愉快なアステリックスとその仲間たちのお話を、被支配者であるガリア(ケルト)人の支配者ローマに対する抵抗の精神を表したもの、と読みとっては、作者二人がまず驚くであろうし、このマンガ連作を愉しむフランス人からも失笑を買うだろう。これは、卑屈な精神からは生まれないパロディなのだ。史実がどうであったかを小学生の頃からくり返し学ばされてきた彼らにしてはじめて、存分に楽しめるパロディなのである。日本でも二作ほど翻訳されアニメ化されたものも輸入されたそうだが、日本への『アステリックス』の上陸は不成功であったらしい。ローマ史が一般教養になっていない日本では、いたしかたない結果であったと思う。

ベルギー人が描きフランスで出版されたという『アステリックス』というマンガ、読んでみたいな。映画も面白そう。


pp. 169-170
 それにしても、カエサルによって歴史上に"紹介"された今日の大国は、フランスとイギリスである。フランスは、二千年後ではあってもパロディを生んだのに対し、イギリスは生んでいないのはなぜだろう。私の思うには、イギリスを最初に文明世界に紹介したのはカエサルだが、ブリタニアの本格的なローマ化は、帝政時代に入ってから成される。それも、『ガリア戦記』に匹敵する作品を書き遺す才能には恵まれなかった人物によって成されたことが原因ではないかと思う。反対にフランスは、自分たちの「ローマ化」が、誰もが読める見事な文学作品として後代にまで遺ってしまった。それゆえ彼らが、ガリア側としてもここは一言あるべきでは、と思ったとしても無理はない。だが、その結果が、征服者カエサルに対する被征服者ガリアの抵抗の文学にはならず、パロディであったのが象徴的である。ウィンストン・チャーチルのように、「大英帝国の歴史は、カエサルがドーヴァー海峡を渡ったときにはじまった」と、平然と受け止められないのがガリア、つまりフランスなのだろう。まったく、カエサルによる『ガリア戦記』とガリアの戦後処理は、ガリア人にすれば"罪つくり"なことであった。

チャーチルがそんな台詞を言ったこと自体を初めて知りました。うひー。

★★★★

ローマ人の物語〈10〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(下) (新潮文庫)
塩野 七生

4101181608

関連商品
ローマ人の物語〈9〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(中) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈12〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(中) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下) (新潮文庫)
by G-Tools

6年前にニューヨークで買ったシャンデリアピアスが、しょっちゅう耳たぶから勝手に落ちると訴えてみたら、父があっという間に直してくれました。
20110213_222554.jpg

『西の善き魔女』シリーズが面白かったので、読んでみました。
普段すっかり忘れていることですが、高校生のときの失恋は、確かに痛かったなぁ。
一人めの王子の生き方が大変カッコイイです。

これは王国のかぎ (ファンタジーの冒険)
荻原 規子 中川 千尋

4652073011

関連商品
樹上のゆりかご (C・NOVELSファンタジア)
西の善き魔女〈1〉セラフィールドの少女 (中公文庫)
西の善き魔女〈5〉銀の鳥プラチナの鳥 (中公文庫)
西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)
西の善き魔女VI- 闇の左手 (中公文庫)
by G-Tools

奈良は本日も断続的に雪が降っています。
さらに積もるのかなー。

雪です

| コメント(2) | トラックバック(0)
関西は大雪に見舞われています。10年ぶりだとか。
奈良では、午前中に20cmくらい積もりました。
20110211_120958.jpg 20110211_121012.jpg 20110211_121111.jpg 20110211_143011.jpg 20110211_150742.jpg 20110211_183641.jpg

昼からは気温も上がり、子どもたちが雪合戦をしていました。
スキーウェアと思われるつなぎを着ている3才くらいの子どもがバスから降りてきて、かわいかった。

好きなwinter songは他にもたくさんあるけれど、今日はこの↓気分でした。北海道行きたいな。


0:28辺りから始まる雪景色がきれいです。
「今さら!?」な感じがしますが、読み始めました。
青豆って相当ユニークな名前だ。

★★★

1Q84 BOOK 1
村上 春樹

4103534222

関連商品
1Q84 BOOK 2
1Q84 BOOK 3
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
by G-Tools

体調、まだいまいち。今日は大学行かなくて済んで、助かった。
部屋の掃除もあまり進まず。
でも、しばらくは読まないであろう本たちを、Amazonマーケットプレイスに出品してみた。
話題の本はまったく含まれていないので、すぐには売れないかな。
でも誰かが買って読んでくれたら嬉しい本たちです。
2007年に読んでいた『ローマ人の物語』を、また読み始めました。

若き日のユリウス・カエサル、何となくのんびりしていて微笑ましい。
女性にモテまくり、しかも恨まれていないというのが凄いなぁ。


何だかまた風邪っぽい。体力なさすぎだ。
おかげで、仕事も掃除も進まず。
明日は復活したい。
トチーの強さ、そしてことりさんの運命に涙がこぼれました。


ずっと散らかったままだった部屋の片付けに着手。
やっぱり、散らかった部屋は良くない。どう考えても良くない。
他にもやることてんこ盛りだけど、明日も片付けよう。

東京は雪らしいですね。奈良、大阪は雨です。
ルーンの出生の秘密、ちょっと安直過ぎる気がしました。
1巻が圧倒的に面白かっただけに、終わり方は何となく納得がいかない気がします。

女王家や世界の果ての壁の謎が明かされます。
この設定、もしやグイン・サーガの影響を受けているのでは!?

ファンタジー、やっぱり好きです。
続きが気になって仕方ありません。

★★★★

西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻
荻原 規子 佐竹 美保

4120032051

関連商品
西の善き魔女〈3〉世界の扉の巻
西の善き魔女〈4〉星の詩の巻
空色勾玉 (徳間文庫)
薄紅天女
白鳥異伝
by G-Tools
戦争を肯定的に捉えている台詞が多くて、途中で少し嫌気が差した。
主人公ジョニーの母国語がタガログ語だと、最後の方の会話にちらりと出てきてびっくりした。てっきりアングロサクソンだと思いこんでいた。
「ガンダム誕生に寄与したSF小説」らしい。モビルスーツは、パワードスーツからアイディアをそのまま拝借した感じがした。ガンダムを良く知らないので、細かい設定などはいろいろ違うのかもしれないけど。

★★★☆

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、February 2011に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはJanuary 2011です。

次のアーカイブはMarch 2011です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。