佐々木経二先生個展「日本画展 -四季折々の花に祈りをこめて-」

| コメント(1) | トラックバック(0)
阪神百貨店梅田百貨店で開催されている、佐々木経二先生の個展「日本画展?四季折々の花に祈りをこめて?」に、同僚のYYちゃんとお邪魔してきました。
屏風に描かれた『青の杜』は圧巻でした。『高砂百合』も素敵でした。
佐々木先生の運筆をはじめて拝見して、度肝を抜かれました。何も見ずに、山野草をさらさらと描かれるのです。ダイナミックでありながら繊細なその筆遣いに、息をするのも忘れて見入ってしまいました。描き終わった瞬間、自分と周りの人々が吐く息の音が聞こえました。

佐々木先生は、山野草を描いた色紙100枚を気仙沼市などの仮設住宅にお住まいの東日本大震災の被災者の方々に贈るべく、準備を進めていらっしゃるそうです。あんな素敵な色紙を贈られたら、嬉しいだろうな。

個展の案内ハガキと、絵はがき集。
20110811_231201.jpg


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takui.net/mt/mt-tb.cgi/6115

コメント(1)

ボランティア活動、ご苦労さま
阪神百貨店での個展の後
お便り、ありがとう
お礼に色紙絵を送りましたが
気に入ってもらえたのかな?
次は、来年2月
京都東急ホテルで個展をします
また観に来て頂ければ、幸いです

コメントする

Monthly アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、natsukoがAugust 11, 2011 11:33 PMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『心臓に毛が生えている理由(わけ)』 (2011 049)」です。

次のブログ記事は「『アリアドネの弾丸』 (2011 050)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。