誰かが心の扉をたたいている。
 
内側から。
 
やまない太鼓のような、
鼓動とは別の、もう一式のせっぱつまったリズム。
創造者のノックに、心の扉を開かずにはいられない。
 
心の中から、ほとぼり出すもの。
それは、僕らの真実だ。
真実は、美しい。
繰り返して言おう。
真実は、必ず美しい。
そして、
真実こそ、アートなのだと。